2018年9月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、このメーカー特有のパッとしないダメな男子学生です(汗)
そんな彼の通う学園は、それに反して、優秀な生徒たち、エリートばかりが集まる様な学園でした。
当然、そんな環境では劣等生として、邪魔者扱いを受ける主人公…。

しかし、そんな中、持ち前の性欲の強さを国に評価され、強制的に子作りできる権利を得る事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 北小路 和奏」(きたこうじ わかな)
  • 住井 氷華」(すみい ひょうか)
  • 伊庭 茜」(いば あかね)
がいます。

和奏は、学生会三会長の一人です。
前理事長の孫でもあり、生徒でありながら、現学園の理事長でもあります。
規律正しい大和撫子です。
無様に!下品に!都合よく!巨根崇拝!孕ませオナホ学園

氷華も、三会長のひとりです。
大金持ちのお嬢様であり、クールで高飛車な性格をしています。
特に無能男子(主に主人公)に対しては、何も価値のない存在と嫌悪しています。
無様に!下品に!都合よく!巨根崇拝!孕ませオナホ学園

茜も、三会長のひとりです。
主人公の義妹でもあり、主人公のだらしなさをいつも指摘してきます。
真面目で武闘派なストイックな性格の持ち主で、和奏を尊敬しています。
無様に!下品に!都合よく!巨根崇拝!孕ませオナホ学園

ストーリー展開


展開的には、主人公が好きに子作りできる権利を得て、好き放題する流れですね。
ここの作品は、合法だろうが違法だろうがやる事、やるんで…(汗)
何だ、いつもの内容ですね、うん(汗)

これまでの作品通り、主人公はいつも通り、環境下では底辺に位置する存在で始まります(汗)
優秀な学生ばかりな学園で、主人公は劣等生として扱いが悪い状況なんですね。
…何で、そんな奴がここに入学できたのかは謎ですが(汗)

まぁ、主人公に限らずどうやら世間的にも男性の方が女性よりも扱いが悪い状況にある様ですが。
これも、いつも通り、主人公が生まれる以前の時代から男性機能が減退した様で、その結果、自信を失った男性に代わり、女性が台頭してきた歴史があるみたいですね。

それゆえに、中には氷華みたいに男性全てを嫌悪するかの様な価値観の人間もいる訳ですな。
中でも、彼女は主人公を無能だと嫌悪しているんですね(汗)

そんな中、この主人公の立場が一変となる出来事が…。
それは、政府からもたらされた「人口減少対策強制協力票」なる代物。
通称、子作りチケットとも呼ばれるそれは、精力などが優秀な男性に与えられる代物であり、これを提示されたら女性は必ずHの相手をしなければならないという、とんでもない物なんですね(汗)

ってか「強制で協力」ってのが何とも(汗)

まぁ、そんな物を交付しないといけない程に、この世は困っているんでしょうねぇ。

そんな効力を持つチケットを手に入れた事で、主人公の立場は一変。
これがあれば、誰にも文句言わさずにHな行為ができるのだから、当然主人公は自分を虐げていた女性陣をターゲットにしますよねぇ(汗)
こうして、主人公は女性陣にチケットを使い、好き勝手する流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
一部では、名も無き扱いの女生徒、女教師との行為も描かれてはいますが、基本は上記の3人ですね。

行為的には、フェラやアナルセックス、パイズリなどがありますね。

いつも通り、行為までは主人公を程度の差はあれども、嫌悪していた女性陣ですが、行為が始まれば次第に変化が…。
初めて味わう巨根の味に、いつしかメロメロデロデロに(汗)
そして、その後は忠実なる僕となり、主人公からの行為を渇望するだけの存在になり果てます(汗)

中盤までに、すぐに3人の女性陣を堕とした主人公は、その後、学園全体にまでその手を広げ、女性陣の中で君臨する事になる訳ですね。

主人公の言動もいつも通りですね。
虐げられていた所からの反動もあってか、立場が逆転した途端にゲスさ全開(汗)
いつも通りに女性陣を辱めて、オナホ扱いにする、いつものアレですね。
その扱いに、当の女性陣が感謝感激するのもいつも通りですな(汗)
無様に!下品に!都合よく!巨根崇拝!孕ませオナホ学園

…なので、あんまりこれといった内容が無かったかな。
過去作で見たような内容のプレイ、シチュエーションが目立つだけに、シリーズを知っていると新鮮味はないと思いますね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「石井彰」さんが手がけています。

安定の石井彰さんですな(汗)
普通の顔(アヘ顔以外)は結構好みな絵柄なだけに、もっとちゃんとした(失礼)作品でも見たいんですけどねぇ(汗)

メインの3人以外の女性陣も何人か登場していましたね。
タイプは違いますが、それぞれ普通にヒロインでいてもおかしくない見た目なだけに、名前もない扱いは可哀想な気も(汗)
まぁ、名前があろうがなかろうが、する事は同じですが(汗)
無様に!下品に!都合よく!巨根崇拝!孕ませオナホ学園

挿絵数:34枚

総評


全体的には、いつも通りの巨根シリーズといった印象でしょうかね。
過去作品との違いが正直あまり感じないだけに、新鮮味は薄いかなというのが正直な所。
同じ人間かと思う程、毎回主人公のキャラがあんなだからねぇ、別作品な感じがしない(汗)

シリーズ好きならば安定した出来だと思うので、問題はないかと思いますけどねぇ。

…前も書いたけれども、このシリーズも変わり映えしないから、今後スルーかな(汗)
もう少し、キャラとか反応とか変化があると良いんですけどねぇ。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
無様に!下品に!都合よく!巨根崇拝!孕ませオナホ学園♪

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ