モブ村人の俺が女ゆうしゃに攻略されるイチャラブクエスト! (ぷちぱら文庫creative 192)
2018年7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、村に住む、平凡な村人です。
近々、そんなこの村に魔王を倒した女ゆうしゃである「レフル」が来る事に。
実は、過去に知り合いだった主人公は、帰って来たレフルに告白され、恋人関係に至るものの、ゆうしゃと村人であるふたりの恋路は前途多難という展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • レフル
  • ポッカル
  • 魔王
がいます。

レフルは、魔王を倒した女ゆうしゃです。
主人公とは、昔からの知り合いでもあります。

ポッカルは、レフルの仲間の魔法使い(ゆうしゃ)です。
レフルのお目付け役的な存在でもあります。
レフルに対して、仲間以上の感情も…?

魔王は、レフルに倒された魔王です。
倒された後に復活したので、体型などが少女と変わらない姿になっています。
子供っぽく、喜怒哀楽の激しい性格の持ち主でもあります。

ストーリー展開


展開的には、村人の主人公がゆうしゃであるレフルと付き合うものの、色々身分違いの恋は障害だらけという流れですね。
…変に現実的だ!(汗)

そもそも、主人公とレフルは昔の知り合いなんですね。
幼い頃に知り合っており、主人公はその頃から彼女に好意を抱いていたんですね。
まぁ、当時、告白して玉砕していましたが(汗)

そして、月日は流れ、村を出た彼女は、女ゆうしゃとして、魔王を倒し、英雄になっていたのです。
対する主人公は、村の中でも下の存在で、いわゆる「モブ」的な存在であり、レフルとの格差は広がるばかり(汗)

そんな中、村にレフルが凱旋する事が決まり、村は大盛り上がり。
しかし、この時も主人公は雑用を任されてしまい、レフルを出迎える事も許されない扱いを受ける羽目に。

結局会う機会のなかった主人公でしたが、何と主人公の家で待っていたのはレフル本人。
彼女は、かつての主人公の告白を覚えており、会いに来てくれたのでした。
そして、彼女から告白される、まさかの事態に。

当時の告白の際のレフルの反応は、決して拒絶とか、そういう感じではなかったんですよね、実際。
でも、この世界では、ゆうしゃは一般人との結婚とかは許されていないみたいなルールがある様で、気持ちは嬉しいけれども…みたいな断り方だったんですね。
しかし、そんなルールを無視して、主人公への想いを告白してきたレフルから誘導されるままに、関係を持つ事に。

幸せな一方で、本来は結ばれない一般人とゆうしゃの関係ゆえに、様々な障害が待ち受ける事となる流れですね。
どこの世界でも、身分違いの恋というのは大変だなぁ(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、足コキ、パイズリ、腋コキなどがあります。

序盤は、普通にレフルとの行為が描かれていますね。
どちらかと言えば、彼女の方から積極的に迫って来る事が多いのも特徴ですね。
でも、一方で中盤辺りまでは、Hしている以外には、これといった展開がないんですよね(汗)

中盤辺りで、ポッカル、魔王が登場し、色々な事が明らかになっていく事となり、展開も進みますね。
それと同時に、彼女たちとも結果的に関係を持つ事にも(汗)
まぁ、あくまでも主人公の意中の相手は、レフルなので、扱いはH要員に近いものでしたねぇ。

ポッカルも魔王も、結局当初はレフルありきな理由からの関係なんですよね、そこに主人公への好意は別で。
まぁ、最終的には何だかんだ主人公とのHにハマったみたいですけども(汗)

あまり詳細は書けませんが、実はレフル自身も主人公との関係に至ったには、ある理由があるんですよね。
ですが、結果として主人公と恋仲になって、タイトル通りにイチャラブH三昧になるので、そこら辺は気にならないかなとは思います。

そこまで頻繁じゃないんですが、主人公は結構腋とか好きみたいで、度々腋を舐めたりします(汗)
レフルもそんな主人公の肉棒を腋コキして射精させるなど、マニアックな行為に出る事も。
結構、彼女側も性癖って程ではないかもしれませんが、割と色んな行為で興奮を高めたりと中々Hな面も垣間見せますね。
ザックリ言うと、ちょっとMっ気があるかな?

終盤では、全ヒロインを交えたハーレム展開が描かれていますね。
まぁ、あくまでも本命はレフルだけなので、相変わらずにぎやかしというかH要員というか…(汗)

挿絵


挿絵は「たかとうすずのすけ」さんが手がけています。

顔立ちは可愛らしいんですが、身体付きは艶めかしい肉付きでギャップがある絵柄が印象的ですね。
少し気になったのは、挿絵によって若干ヒロインらの表情に差がある所でしょうか(汗)

魔王の姿も、作中の印象だともっと子供っぽいのかと思ったら、思ったよりかは大人びた少女だったかな。
…表情が一番好みだったのは内緒(汗)

行為中の主人公の姿も描かれていましたが、もっとモブっていうから華奢と思ったら結構がっちりしているんですね(汗)
何かイメージと全然違いましたねぇ、髪型だけはモブっぽいけれども(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、タイトルの様な違う様なと言う感じの内容だったかな(汗)
まぁ、攻略された様な始まりでしたが、結果としては主人公が攻略した感もありましたしね。

それゆえに、上記にも書きましたが、そんなに主人公がモブっぽくなかったかな、と。
そこまで主人公してた印象もないんですが、モブって程に無個性でもない、微妙な印象だったかな(汗)

何と言うか…、これってのが乏しい内容だったかな(汗)
主人公含め、ヒロインもストーリーも何かが足りない印象があって、何か惜しい作品だったなってのが正直な感想ですね。
ある意味、本当にモブみたいな作品でした、印象に残らない(汗)

Amazon版 電子書籍
モブ村人の俺が女ゆうしゃに攻略されるイチャラブクエスト! (ぷちぱら文庫Creative)

DMM 電子書籍
モブ村人の俺が女ゆうしゃに攻略されるイチャラブクエスト!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事