ギャルドル莉々奈のドSプロデュース 担当Pは愚直でドM (二次元ドリーム文庫)
2018年7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、若いながらも最近、アイドルグループのプロデューサーを任されている青年です。
そんな彼の家に、ある理由で担当するアイドルのひとり、「莉々奈」(りりな)が住む事になり、同居する事に。

何とか上手くいっていた同居生活でしたが、ある事件をきっかけに莉々奈から躾けられる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 姫宮 莉々奈」(ひめみや りりな)
  • 姫宮 愛莉」(ひめみや あいり)
がいます。

莉々奈は、主人公の担当するアイドルグループのひとりです。
明るく活発な性格の持ち主です。
少しギャルっぽい見た目をしていますが、仕事などに強い責任感を持っています。

愛莉は、莉々奈の妹で、同じアイドルグループのひとりです。
明るく無邪気な性格の持ち主ですが、それゆえにトラブルを引き起こす事もしばしば…。
小悪魔的な所があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公がアイドルの莉々奈から躾けられる流れですね。
…どうしてこうなった(汗)

そうなるきっかけに至るまでに、実は色々あったんですね。
まず、最初のきっかけは、莉々奈、愛莉の姉妹が住んでいたマンションが火事になった事がありました。
幸い、姉妹も無事でしたが、当然、そのまま住める様な状況ではないと。

そこで上司から命じられたのが、莉々奈を主人公の所にとりあえず住まわせる様にという内容だったのです(汗)
ちなみに、妹の愛莉は一部屋だけ確保できた寮に住む事に。

こうして、半ば強制的に莉々奈と同居する事になる訳ですねぇ。

当初は、莉々奈も主人公をプロデューサーとして慕っており、何だかんだ良い雰囲気。
主人公も元々、莉々奈にはアイドルとして惹かれていた所もあるので、この状況は満更ではない様子♪
しかし、この和やかな雰囲気が一変する事態が起こる事に…。

それは、お約束的な風呂場で鉢合わせから始まります(汗)
まぁ、この時はそこまで莉々奈もわざとじゃないからと思った以上に寛容な反応をもらったのですが、問題はこの後でした。
莉々奈との同居生活を始めて以来、主人公は自慰をする事ができず、悶々としていたんですね(汗)

そして、この莉々奈との出来事から久しぶりの自慰をしてしまう事になるんですが、これを目撃されてしまったのです(汗)

さすがに立て続けての事態に、莉々奈の不信感、嫌悪感が爆発。
そして、主人公に対して、変態などとなじりまくる事に…(汗)

莉々奈の豹変はそれだけにとどまらず、主人公の股間を足で踏みにじる、まさかの行動に!?
しかし、こんな行為を受けたにも関わらず、主人公の股間はますますギンギンに張り詰める事になってしまい、更に莉々奈の怒りを増す事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、足コキや手コキ、フェラ、パイズリなどがあります。

やはり見所としては、莉々奈のSっ気と主人公のMっ気でしょうか(汗)

上記にもある様に、信頼していた主人公が勃起して、自慰してた事に怒り爆発の莉々奈。
そんな彼女から、主人公は足コキを始めとして、様々な弄りをされる事になる訳ですね(汗)

また莉々奈が結構それまでの態度とは一変した、結構なS気味の言動で責め立ててくるんですよね。
そこには信頼を裏切られた感情などもあって、最初から嫌いって訳ではない所からの憎さってのもあるから余計に強い感情になっているんでしょうね。
そんな自分よりも年下な莉々奈に責められて、主人公は情けないけれども、股間を大きくさせてしまう事に…(汗)

主人公自身は、自分がMだと認識はなかったみたいですが、莉々奈の責めに痛み、辛さの中に興奮、快感を認識する結果に。
まぁ、やられているシチュエーションこそアレですが、仮にも美少女な本物のアイドルにHな言動で責められているのだから、興奮してしまうのも分からなくはないですが(汗)
そんな主人公の満更でもない反応を見て、莉々奈は更に変態だのとなじってくる訳ですね(汗)

こういう流れですから、基本的に莉々奈が主導権を握る事になりますね。
まぁ、こうなったいきさつを考えれば、立場の弱い主人公に抗う術はないですからねぇ…。

なので、莉々奈は結構序盤からグイグイ積極的に弄って来る事になりますね。
一方的に主人公の肉棒を踏んだり、手コキなどで刺激して、悶絶する様を小馬鹿にして、射精させるなど、Sっ気たっぷりに責めてきます。
かと思えば、同じグループのアイドルを主人公が見てたら、ご機嫌斜めになって、他の娘に手を出そうとする前にとかって言い分で射精させてきたりと、主人公を意識している姿を垣間見せる事も。
まぁ、そういう感情があるからこその責めもあるでしょうねぇ。


一方で、莉々奈の妹である愛莉ですが、これもまた種類の違う厄介な存在で(汗)
まだ精神的に子供で、怖いものなしでグイグイ来るので、また違う恐ろしさが…。
ちなみに、彼女との行為ではフェラなどはありますが、本番行為はありません。

あくまでも、引っ掻き回すサブヒロインという立ち位置ですね、その役目は十二分にこなしてくれていますが(汗)

莉々奈との本番行為もかなり後になってからですね。
まぁ、莉々奈との行為が主人公へのお仕置き、躾けの様な意味合いを含むので、彼女から一方的に責められて射精する流れが多いんですよね、全体的に。
なので、終盤になって彼女との関係性に進展がみられるまでは、主人公も読み手もお預けです(汗)

この頃には、行為に甘さも含まれてまた違った雰囲気を味わえますね♪

挿絵


挿絵は「ぽみみ子」さんが手がけています。

可愛らしさと色気を含んだデザインが特徴ですね。
今作はアイドル物なので、こういう可愛らしさと色気を含んだデザインとの相性もピッタリですね♪

Sっ気の目立つ莉々奈ですが、挿絵では表情はそんなに嫌悪丸出しの厳しいものではなくて、小悪魔的な表情という印象ですね。
可愛らしさの目立つ表情なので、エグさは全くないので、ご安心を。

愛莉は、より可愛らしいですが、時に見せる女の顔よ…(汗)

そういや莉々奈ってタイトルにある様にギャルドルって扱いなんですが、私にはギャル要素が分からなかった(汗)

挿絵数:12枚

総評


全体的には、主人公のMさを堪能する作品だったかな?(汗)
まぁ、莉々奈もそんなにドSで痛々しい事をして来る訳ではないので(時に潰そうとしますが…)、こういう展開があまり好みでなくても読みやすい塩梅には仕上がっていると思います。

本番が終盤までお預けだったりが気にならなければ、莉々奈の責めを十分に堪能できます。
ほぼ主人公が、莉々奈(たまに愛莉)に弄られてしまう展開なだけに、そういう展開が好みな人にはより楽しめますね。
根底に甘さ(好意)がある分、入りやすいと思います。

…妹の愛莉が好き嫌い分かれるかもなぁ、とは感じましたが(汗)

Amazon版 電子書籍
ギャルドル莉々奈のドSプロデュース 担当Pは愚直でドM (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍

楽天
ギャルドル莉々奈のドSプロデュース 担当Pは愚直でドM (二次元ドリーム文庫) [ ウナル ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事