2018年7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、普通の男子学生?です。
そんな彼は、憧れの先輩だった「マナ」が家族の再婚によって家族、姉となる事態に。
そんな中、主人公はマナの入浴中に脱衣所で使用済みのパンストを発見してしまい、自慰をしている所を本人にバレる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 相川 マナ」(あいかわ)
  • 水無瀬 かなで」(みなせ)
  • 高槻 みお」(たかつき)
  • 長岡 ここね」(ながおか)
がいます。

マナは、主人公の義理の姉です。
最近、両親の再婚により、家族となった経緯があります。
優しく母性的な雰囲気を持つ一方、ある秘密を持っています。
俺の彼女がガチ変態すぎる

かなでは、お嬢様育ちで、上品な物腰で学校でも人気の美少女です。
しかし、その一方、ある秘密を持っています。
俺の彼女がガチ変態すぎる

みおは、主人公のクラスメートです。
沈着冷静な雰囲気で、表情を基本変えない所があります。
彼女もある秘密を持っています。
俺の彼女がガチ変態すぎる

ここねは、主人公の義姉の親友です。
個性向上部という謎の部の部長も務めています。
実は売れっ子漫画家としての顔も持っています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が義理の姉となったマナに自慰を目撃される流れですね。
…終わった(汗)

それも、彼女の使用済みのパンストで自慰してたのだからねぇ(汗)

まぁ、これにはある理由がありました。
この主人公、ごく普通の男子学生な訳ですが、その性癖は少しマニアックだったのです。
ザックリ言うと、パンストに関する要素がないと興奮というか、勃起しないという難儀な性癖を持っていたのです(汗)

ただ未使用パンストではダメで、使用済みか着用中の姿などじゃないとダメとか、色々細かい(汗)

それゆえに、中々射精する機会がなかったのです。
パンスト女子とか見るだけでは勃起しますが、その場で自慰は出来ませんからねぇ…。
自慰が出来る状況下では、パンスト女子や使用済みパンストはないために、自慰をする事ができないというモヤモヤを抱えてきたんですね。

しかし、この日、脱衣所で義姉であるマナの使用済みパンストを見つけてしまったのです。
ここは、自宅な訳ですから、自慰をする環境は整っている…!
まぁ、脱衣所でそのまま自慰したから、パンストの持ち主であるマナにはバレた訳ですが(汗)

完全にアウトな現場を見られてしまった主人公。
しかし、マナの反応は主人公の思っていたものとは少し様子が異なったのです。

そして、彼女から語られた内容は、主人公に衝撃を与えるものでした。
何と、彼女はHな玩具、オモチャを使っての自慰が大好きだという、優しく母性的な彼女の印象とはかけ離れたものだったのです(汗)
そんな彼女なので、主人公が自慰をしてた事など、怒る訳もなく、むしろ積極的にしろと言わんばかりの反応。

そのまま、お互いに自慰の見せ合う事態に…(汗)

その後、主人公は彼女から、彼女も所属している、とある部活動に招かれる事に。
部室に行くと、そこは学校でも有名な美少女たちばかり。
この部活は、どうやら「個性向上部」という何だか良く分からない部…。

何と、ここにいる娘らは、マナ同様に何らかの性癖を抱え込んでいる女子たちの集まりだというのです。
今までは女子ばかりだった部に主人公が、なし崩し的に仮入部扱いで所属する事になった事で、女子たちとのおかしな関係が始まる事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、マナ、かなで、みおとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやアナルセックス、自慰、足コキなどがあります。
その他の要素では、バイブなどの小道具を使用する展開などがありましたね。

やはり、今作の見所は、どのヒロインたちも色々性癖を持っているって所でしょうか。

義姉のマナは、三度の飯よりも自慰(アナルはバイブなど)が大好きに始まり…(汗)

かなでは、お嬢様なのにドSで、男を支配したい。
みおは、自撮りでの露出趣味。
ここねは、妄想癖が強く、ドスケベな事を日々考えている、などなどです。

…うーん、確かにそれなりに性癖こじらせている感はあるものの、何か肩透かしな気もする(汗)
あんまりどぎつい性癖だと、ハマれない可能性もあるし、このくらいが丁度良いかもしれませんね。
主人公は、そんな性癖の女性陣に応える様な形で関係を持っていく事に。

まぁ、自分からは中々いけませんよねぇ、唯一の男子だし、立場は弱いよね(汗)
後、関係を持つと書きましたが、これは、本番行為って意味ではありません。

性癖をこじらせている彼女たちですが、だからと言って、誰とでもHする訳ではないですよね。
なので、序盤は、お互いに自慰しあったり、手コキ、足コキだったりで射精させられるという形が主になっているんですね。
アナルセックスはアナルなので、純粋に本番行為ではないという事で(汗)

まぁ、中盤過ぎになって、ようやく本番行為が解禁になりますけどね。


正直言って、例の主人公の性癖、パンストじゃないと興奮できないって奴ですが、あんまり期待しない方がよろしいかと(汗)
予想通りというか、言う程パンスト要素は割と薄くて、本物のパンスト好きには物足りないんじゃないかなぁ。
単に女性陣が、毎回Hシーンでパンスト着けてくれているって程度の要素と思って良いかと思います。
俺の彼女がガチ変態すぎる 俺の彼女がガチ変態すぎる

タイトル的にもパンストメインな作品ではなく、あくまでも女性陣の性癖の方が主な内容ですからね。

中盤を過ぎた辺りから、物語は大きく動き出す事に。
ここから、物語はメインヒロイン寄りの話の展開になっていく事になりますね。
ちなみに、今作のメインヒロインは、義姉のマナです。

マナを異性と意識していく中で、主人公の中でパンストがなくてもマナにだけは勃起する様になる事に。
…パンスト好き設定が消えてしまった(汗)
まぁ、パンストがなくても勃起できるヒロインが現れたっていう事を強調付けたいための要素って感じですかねぇ。
他のヒロイン相手の行為には、パンストが必須なので、マナが特別な存在という分かりやすい証ですね。

マナは、自慰が好きでこれまでは処女だったので、バイブはアナルに使ってた訳ですが、本番解禁した事でバイブも解禁(汗)
バイブとかを扱う事もあってか、SM色のある行為展開も一部描かれていましたね。
マナの性癖的にどうしても、小道具系が登場しやすいのは分かるんですが、個人的には小道具系に興奮しないので、ちょっと微妙だったかな(汗)


中盤以降は、マナメインになるゆえに他のヒロインはHはおろか、出番自体が(汗)
みおは、結構個人的に好みだったのですが、かなでがちょっと…。
多分、彼女ももっと彼女寄りな展開だったら、色々内面とかも描かれていったんでしょうが、これだけだとただのSキャラだったなぁ(汗)
可愛さが発揮される前に出番が終わった感が勿体ないな、と。

一応、このふたりも初回の本番行為までは描かれているので、最低限の扱いはされていますね。


あ、それと部長である、ここねに関しては一切Hないです(汗)
彼女は、他の部員というか、主人公とヒロインたちの行為を見て、作品に活かす事にだけ集中するので、全く行為ないです。
原作版のサイトでもHシーンのサンプル画像もなかったんですが、どうやら彼女はルート自体も存在しない、サブキャラみたいですね(汗)
確かにあとがきにも、マナ、みお、かなでの3ルートが楽しめますってありましたね、そういえば。

原作版のサイトには、更にもう一人のヒロインもいるみたいですが、3ルートって考えると、この娘もHはなさそう?
…ぱっと見、一番好みなデザインだったので、ちょっと残念(汗)

挿絵


挿絵は原作版の画像を使用しています。
原画担当は、「水上凛香」さんが手がけています。

可愛らしく綺麗な絵柄で、生々しさは感じない仕上がりが印象的ですね。
変態たちである女性陣も、この絵柄だから普通に可愛らしく見えますね♪
俺の彼女がガチ変態すぎる 俺の彼女がガチ変態すぎる

主人公のパンスト好き設定があるため、大半の行為シーンには女性陣がパンストを着用しているのも特徴でしょうか。
まぁ、そこまでフェチ感を感じさせる様なものは特にないと思いますが、アクセントにはなっているかなと思いますね。
俺の彼女がガチ変態すぎる

挿絵数:26枚

総評


全体的には、言う程、変態感は感じなかったかな(汗)
もっとぶっ飛んだ作品も多いだけに、それ程強烈なインパクトはなかったのは事実かな。
まぁ、現実でもそうですが「~すぎる」ってのは、実際、~過ぎた試しがないですな(汗)

実質ヒロイン3人で、中盤からひとりに絞る流れなので、他のふたりがどうしても薄い印象止まりで終わったのは仕方ないんですが、ちょっと勿体ないですね(汗)
まぁ、そちらは原作版で個別のルートをやってもらうしかないのかな(汗)

後、意外とミスがありましたね。
「とりあえず2週間」ってのが、「とりあず2週間」だったり。

一瞬意味が分からなかったのが「そのほど度なら構わない」で、多分「その程度」って言いたかったのかな(汗)
でも、「ほどど」で変換しないよね…、何でこんな事に(汗)

この「ほど度」、その後も何度か登場しており、気になってしょうがない(汗)

原作PC版
俺の彼女がガチ変態すぎる
スタジオ桃華 (2018-03-23)


DMM 原作PC版ダウンロード
俺の彼女がガチ変態すぎる

Amazon版 電子書籍
俺の彼女がガチ変態すぎる (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
俺の彼女がガチ変態すぎる

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ