装刃戦姫サクラヒメ フタナリ淫獄に堕ちる黒髪乙女 (二次元ドリームノベルズ)
2018年7月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
価格が通常よりも高いので分かる様に、これも小説投稿サイト「ノクターンノベルズ」の書籍化作品です。

主人公兼ヒロインの「流華」(りゅうか)は、学生ながら闇に紛れて、人に仇なす存在、妖魔と戦っている存在です。
彼女は、変身ヒロイン「装刃戦姫サクラヒメ」として、妖魔と戦っているのですが、妖魔の幹部の罠にハマってしまい、命令に従わなければならない状況に追いやられる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 建宮 流華」(たてみや りゅうか)
  • クリスティーナ・エイミス
がいます。

流華は、学園で生徒会長兼剣道部部長です。
しかし、その他に人に危害を加える妖魔と戦う存在、装刃戦姫という変身ヒロインでもあります。
凛々しい古風な性格の持ち主でもあり、最近、恋人ができたばかりです。

クリスティーナは、流華の親友の外国人です。
彼女もまた流華同様に、装刃戦姫のひとりでもあります。

ストーリー展開


展開的には、変身ヒロイン「装刃戦姫」として戦う流華が、敵の罠にハマり、Hな命令に従わされる流れですね。
…まぁ、大体変身ヒロインは、こうなる運命ですよね、うん(汗)

この世界には、闇に紛れて人を襲う妖魔、オニグミなる存在がいるんですね。
そして、この妖魔から人々を救う存在が流華が変身する、装刃戦姫という存在です。

装刃戦姫というのは、流華だけではなく、他にも多く存在するみたいですが、彼女はその中でも別格の最強の装刃戦姫なんですね。
流華は、装刃戦姫サクラヒメとして、人々を妖魔から救う一方で、親の仇として追っている妖魔がいました。

しかし、その行方は掴めなかったのですが、ある日、向こうから流華の前に現れたのです。
またとない好機だったのですが、逆に流華の付き合い始めたばかりの恋人を人質に取られてしまい、手が出せなくなってしまう事に…。
そして、流華は敵の指示に従わざるを得なくなってしまいます。

その際に、何と流華の股間に並の男性以上に立派な肉棒を生やされてしまう事になる流れですね(汗)
…どんな流れだ(汗)

若干、ここら辺の流れは読んでいて急だなぁって思いましたね、原作からこうなのか、端折ってこうなのか知りませんが(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりの行為が描かれています。

行為的には、パイズリやフェラ、自慰、足コキなどがありましたね。
その他の要素では、小道具やふたなり要素もありますね。

やはり今作の見所は、ふたなり要素でしょうか。
タイトルにも入っている通り、ふたなりの要素がかなり含まれています。
なので、ふたなり要素が苦手な人はお気を付けください、タイトルにあるので大丈夫でしょうが(汗)

敵から生やされてしまった肉棒。
このふたなりを執拗に責められ、流華は未知の快感に身悶える事になる訳ですね。

そもそも、まだ恋人とはキスもしていない程の清い交際。
それがいきなりふたなり生えるとか、経験値以前の問題ですからね(汗)
流華は、凛々しい真面目な古風なキャラクターなので、当然性に関してはかなり疎い訳ですね。
言葉使いで「うむ」とか普通に使う学生ですし(汗)

そんな彼女がふたなりから生じる未知なる快感に、文字通り腰砕けになるのは当然ですね(汗)
敵も完全にそんな彼女を辱める様に、勝ち目のないゲーム、賭けを持ちかけてくるのもお約束ですね。
いきなりオナホールで射精我慢とか、酷すぎる(汗)
まぁ、当然勝負には負けてしまい、普段の凛々しさなど微塵も感じさせない淫らで下品な顔、言動で、濃厚な精液を大量に発射してしまう訳ですが(汗)

その後も続く、彼女への執拗な責め。
その度に、毎度毎度覚えさせられた隠語連発して、濃厚な精液をドバドバ発射してしまう事になり、少しづつ確実に流華の精神、身体は追い詰められていく事に。

ふたなりメインな話なので、殆どが肉棒中心の行為展開なんですよね。
なので、肉棒を刺激されて(させて)の射精という男性的な快感の描写が多いのも特徴ですね。
挿入される様な展開は、かなり終盤の終盤近くまでないので、そっち方面の描写を期待するとがっかりかもしれません。

後は、結構他の人の目に触れる展開が多いのも特徴かな。
割と序盤から人だらけの電車内でいきなりふたなりを扱いての自慰を乗客に見せつけるという展開があったりと、見られる展開が多いですね。
当然、周りはドン引きですよ、いきなり現れた変態少女に(汗)

時には射精を禁止されて放置され、射精したい欲求で頭一杯になったりと、すっかり射精の虜に…。
射精させてもらえるならば、尻の穴も舐める事も辞さないくらいに(汗)


中盤になって、もうひとりのヒロインであるクリスティーナが登場します。
ここで、多少クリスティーナがメインの展開が描かれる事になりますね。
んで、色々あって、流華同様に彼女もふたなりにされます(汗)

ちなみに、クリスティーナにも宿敵みたいな存在がおり、そいつからふたなりにされてしまう事になり、肉棒を弄られて射精させられてしまいます。
なので、流華と似た様な対となる展開になっていますね。
…しかし、流華同様の理由で手出しできなくなるのは、さすがに都合よすぎる感が(汗)


後は、ヒロインがふたりだからこその展開である、お互いの肉棒を刺激し合う展開も見所ですね。
お互いが先に射精させようと、互いの肉棒を足コキやパイズリフェラなどで責め立てて、射精させる光景は、装刃戦姫とはかけ離れた光景ですね(汗)
でも、この時点ではまだオナホールへの挿入はあっても、実際に女体に挿入させた事はないんですね。

そんな童貞少女たちが、巻き込まれた女生徒たちを助ける名目で、次々肉棒を挿入する事態も見所(汗)
もはや女性陣を助けるのは建前に近い様な状態で、初々しい女性陣の初めてを肉棒で貪るのに夢中になっているのだから、見てられませんね(汗)
ここまでに色々、数々の醜態をやらかしていた彼女たちではありましたが、ここが人を守るのが本分であったはずの装刃戦姫として完全に道を踏み外した感はありましたねぇ。
…んー、結構前からアウトだったかな?(汗)

更に終盤では、恋人であるはずの少年のアナルに肉棒を突き立てる、とんでも展開も(汗)
もはや恋人の事よりも、肉棒を突っ込んで精液を出したいって意識に支配されていますねぇ。

挿絵


挿絵は「緑木邑」さんが手がけています。
二次元ドリームノベルズではお馴染みな方ですが、結構久しぶりかも?

可愛らしく綺麗な絵柄ながらも、しっかり濃い仕上がりが特徴ですね。
特に何と言っても、肉棒、ふたなりの描写ですよね(汗)
下手な男子顔負けな立派な肉棒をこれでもかと見せつけてくれております。
しっかり玉まであって、無駄に玉に毛が生えているのが、何とも生々しいです(汗)

そんな立派な肉棒からドバドバ精液を噴き上げる事になる訳ですが、その際の表情のアヘ顔具合も印象的です。
…そういえば、この人の絵柄は普段可愛らしいのだけれども、時に結構なアヘ顔するんだった(汗)
まぁ、そんな眼球グリンってなる程に男の快感が凄いって事を、見せつけてくれている訳ですね。

挿絵数も豊富で迫力のある肉棒姿を見れるのは、嬉しいですね♪

挿絵数:29枚

総評


全体的には、ふたなり三昧な展開でお腹いっぱいですね(汗)
女性陣が挿入される展開は、殆どないので、そこら辺が気になる人は注意ですが、ふたなり物って分かっているはずなので、多分大丈夫かとは思います(汗)

とにかく、敵による変態的なシチュエーションの中で、流華、クリスティーナ共に肉棒の快楽に翻弄され、堕ちていく彼女たちの姿は見応え十分ですね。
一方で、ただ行為を目一杯詰め込んだ感もあって、もう少し絞っても内容をもっと掘り下げても良かったかもしれませんね。

全体的に濃いはずなんだけれども、少しどこかアッサリしているというか、もっと掘り下げて、この場面が見たいと思うんだけれどもそこまで至らず終わってしまうかなって。
何か表面的というか、どこかダイジェスト感あるかなぁ、やる事はやっているはずなのにね(汗)

あくまでも、これは私がただ思った事なんで、十分楽しめる作品に仕上がっているとは思いますけどね。
個人的に値段を考えれば、通常版の価格で十分な出来だとは正直思います。
ちょっと期待値が高すぎたゆえの感覚なのかなぁ…、悪くはないんだけどもそこまで良くもって感じです(汗)

Amazon版 電子書籍
装刃戦姫サクラヒメ フタナリ淫獄に堕ちる黒髪乙女 (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍
装刃戦姫サクラヒメ フタナリ淫獄に堕ちる黒髪乙女

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事