2018年6月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、学校ではキモオタ扱いの男子学生です。
そんな彼は、ある日、学校でいじめられているクラスメート「芽依」(めい)の姿を目撃。
別に芽依を助けようと思った訳ではなく、いじめている光景が不快だった主人公は、結果的に芽依を助ける事に。

自分を助けてくれた主人公に、芽依は大感激で礼をしたいと懐いてくる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 水瀬 芽依」(みなせ めい)
がいます。

芽依は、いじめを受けている少女です。
引っ込み思案な性格に人見知りもあって、いつもオドオドとした態度を見せます。
それゆえに、居場所がなく求められる事がなかった所があります。
根暗いじめられっこを助けたら懐かれた!

ストーリー展開


展開的には、主人公が芽依を結果的に助けた事で、芽依から懐かれる流れですね。
…あれ、このメーカー作品にしては良い話?(汗)

何故、芽依から懐かれる事となったのか。
それは、本当にたまたま主人公の気まぐれな行動によるものでした。

芽依は、いつもオドオドとした暗い雰囲気を持っている少女であり、そんな雰囲気ゆえか周りから疎まれてしまっていた存在なんですね。
別に何か悪い事をした訳でもないんですが、何か攻撃を受けやすい存在っていますよね(汗)
彼女も、いかにもな素行の悪い女子たちのターゲットになっており、カツアゲをされていたのです。

主人公は、たまたまそんな現場に出くわしてしまったんですね。
まぁ、正確には先にそこの場所で昼寝してたら、そこに連中が現れた形だった訳ですが。
何にせよ、元々主人公もその女子たちには、キモオタだのと小馬鹿にされてはいて、快く思わない連中なのでスマホで現場を撮影。

あえて向こうに気づかれる様に撮影して、半ば脅しの様な形で女子たちから芽依を助ける事に。
勿論、別に正義感で救った訳でもないですし、本当に気まぐれな気持ちから彼女を結果的に助けた形になっただけなんですけどね。
しかし、そんな気まぐれな行動は、芽衣にとっては衝撃だった訳ですね。
以降、主人公の周りに離れてついてくる様に(汗)

これには、主人公も若干困惑するものの、意外と頑なに主人公に感謝の意を伝えて来る芽依に何となく情を抱いていきます。
彼女としばらく一緒にいると見えてきたものが、主人公の情をいちいち刺激する事に…。
どうも、彼女は学校だけではなく、家でも扱いが悪い様なんですねぇ。
なので、主人公が普通の対応をしても、一々感謝感激する始末で、主人公もさすがに彼女の置かれている状況に同情の色を隠せませんね(汗)

そんな中、これまで長い髪で顔が良く見えなかった芽依の顔を見た主人公は驚愕。
そこらの美少女が裸足で逃げ出す様な美少女の顔がそこにあったのです。
これまでは、芽依のスタイルの良さは分かってても、何となく手を出す事にためらいがあった主人公ですが、こんな美少女では話は別(汗)

主人公に感謝している芽依も、主人公に求められて嫌がる所が大感激(汗)
こうして、ちょっとおかしな関係が始まる流れですね。

まぁ、意外と主人公も大半下半身だけで考えるドスケベ思考ですが、一応芽依の親と会って、彼女を自分の家に同居させる事を承諾させたりと、まだ筋は通っている方かなとは思いますね。

Hシーン


Hシーンは、芽衣との行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、アナルセックス、手コキなどがあります。
その他の要素では、ローターなどの小道具を使用する展開が一部ありましたね。

やはり今作は何と言っても、芽依との関係性が肝でしょうか。
上記にある様に、これまた芽依は友人もいず、家族にも愛されず、居場所がなかった存在な訳ですね。
そこを何の間違いか、主人公のきまぐれによって助けられた事で、彼女は主人公に心酔と言っても間違いじゃない程の入れ込みように(汗)

その熱意には、主人公も若干引き気味になる程の強さが見られるくらいですからね。
普段は、引っ込み思案でオドオドしている芽依ですが、意外と芯は強い娘な所がありますね。
だからこそ、そんなに強く主人公に対して好意をぶつけられれば、悪い気はしませんよね♪

そんな彼女ですから、当然主人公に対しては従順過ぎる程、従順。
デリカシーがないくらいな主人公の求めにも、嫌がるそぶりなく受け入れる姿は凄いですねぇ。
まぁ、最初の頃は嫌がるではないですが、困惑はしていましたけどね。

でも、それは嫌なのではなく、自分の貧相な身体なんて…という自己否定からくる戸惑いの感情なので、また別物ですね。
…まぁ、確かにこのボディでそれを仮に女子相手に言ってたら、嫌味な奴ってやられるのも分からなくはないですが(汗)
それくらい、これまでの人生の扱いで、自己の評価が著しく低いからこその反応な訳ですけどね。
根暗いじめられっこを助けたら懐かれた!

だからこそ、主人公のドスケベでドストレートな言動は彼女にとっては大きいんですよね。
これだけはっきり求められているくらいが、彼女には丁度良いのかもしれませんねぇ。

最初は自分に自信の持てない彼女でしたが、主人公の求めに次第に前向きに。
主人公を喜ばせる事ができるという事実が、彼女には大きな意味がある訳ですね。
なので、もう全力で主人公が求めるHな娘になるために、Hな行為にも全力で頑張る事になりますね。
根暗いじめられっこを助けたら懐かれた!

ここら辺からは、ノリとしては他の同メーカー作品のヒロインに近い感じに戻るかな(汗)
主人公をご主人様と呼び、Hな事を嬉々として受け入れる様は、大体同じなので。
でも、他の作品よりも主人公にヒロインが肩入れする理由、動機がある分、だいぶ印象は違っている様に感じますね。

実際、他の作品の主人公よりかは、幾分まともな思考をしている気がします。
芽依が初めてのデートに感動しているのを見て、デート中は茶々入れるのも野暮と興奮してもHを自制したりとかね。
まぁ、これまでの主人公がクズ過ぎたってのもあるけれども(汗)

こういった恋人らしい甘さが垣間見えるのが、ここの作品としては新鮮でしたし、良いアクセントになっていましたね。
それでもH寄りな展開なのは、確かですが(汗)

終盤につれて、余計に芽依の愛は高まる一方。
なので、主人公に喜んでもらおうとHな行動を自主的に取ってくれる訳ですね。
結果、変態チックになっていく事に…、このメーカーらしいですが(汗)
根暗いじめられっこを助けたら懐かれた!

終盤では、妊娠している芽依との行為も描かれているのも、ポイントですね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「石井彰」さんが手がけています。
お馴染みですねぇ、何作手掛けているのだろうか…(汗)

最初は、髪の毛で目が隠れてしまっている芽依の姿は、若干ホラー感も(汗)
まぁ、顔が見えたら美少女って事なだけに見えなくする必要があるのでしょうが…。

様々な衣装での行為も特徴の一つですね。
水着とは言えない様な紐?水着だったり、バニーガール姿やウェディングドレス姿など様々なコスチューム姿も見所ですね。
芽依は服着ていても、一目で分かる程の胸の大きさが凄いだけに、良く似合っていますね♪
根暗いじめられっこを助けたら懐かれた!

挿絵数:31枚

総評


全体的には、思ったよりも、このメーカーの作品の主人公としては、割とまともでしたね(汗)
まぁ、他が外道過ぎるという気もしますが、こっちは割とヒロインに対する情が見えたのは大きいかなと。
それに芽依を虐げる周りの人間たちが、ろくでもなかったってのも対比で主人公が割とまともに見える要因になっているかな。

主人公の影響でHにはなったけれども、孤独で愛されなかった芽依にしたら、十分幸せなんでしょうしねぇ。
一応、彼女のためにバイトを始めたりと、主人公なりにやっているのもポイントかな。
なので、甘さは他のシリーズよりもあるので、従来のヒロインの扱いが毎回アレなのが嫌だった人にはまだマシな内容かと思いますね(汗)

ちなみに原作版のヒロインの名前は「芽衣」表記なんですよね。
何故か、このノベル版では「芽依」になっているのは、何でなんだろう(汗)

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
根暗いじめられっこを助けたら懐かれた! 〜隠れ爆乳美少女といいなり孕ませ同棲生活〜

Amazon版 電子書籍
根暗いじめられっこを助けたら懐かれた! ~隠れ爆乳美少女といいなり孕ませ同棲生活~ (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
根暗いじめられっこを助けたら懐かれた! 〜隠れ爆乳美少女といいなり孕ませ同棲生活〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ