人妻とNTR温泉旅行 (リアルドリーム文庫)
天草白
キルタイムコミュニケーション (2018-05-31)
売り上げランキング: 1,634

人妻とNTR温泉旅行 (リアルドリーム文庫)
2018年5月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作は、同人誌が原作のノベライズ作品みたいですね。
こういうパターンの売り方増えてきましたねぇ。
何かレーベルのネタ切れ感あって寂しい感じがするけれども…。

タイトルでも分かる様に、今作は寝取られ物なので、苦手な人はご注意ください。

最近、この地域に引っ越してきた新婚の「由美子」(ゆみこ)。
彼女は、町内会長の妻とふたりで、今度町内での温泉旅行の下見に参加するはずだったのですが…。
会長の妻が体調不良で、町内会長とふたりで下見の旅館に向かう事に。

そこで、由美子は町内会長に襲われてしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 仁科 由美子」(にしな ゆみこ)
がいます。

由美子は、最近この地域に引っ越してきた結婚3年目の新妻です。
明るく朗らかな性格の持ち主ですが、予想外の事態に陥るとパニクってしまい、周りに流されてしまう傾向があります。

ストーリー展開


展開的には、由美子が下見と称した旅行先で、町内会長に襲われてしまう流れですね。
…こんな町内会嫌だわぁ(汗)

最近、この地域に越してきた由美子と夫。
今時珍しく?近所づきあいを大切に考えているふたりは、積極的に地域の行事などに参加をしていたのでした。

そんな中、由美子は今度、町内旅行が計画されているのですが、事前に下見をしておく事に。
その下見旅行に参加するひとりが、由美子でした。
もうひとりは、町内会長の妻であり、ふたりでの下見旅行だったはずなのですが…。

待ち合わせ場所に向かってみると、そこで待っていたのは町内会長の妻ではなく、町内会長本人が。
言われるがまま、運転する車に乗り込んだ由美子は、車内で妻が風邪をひいてしまったと告げる事に。
せっかくの下見旅行はキャンセルかと落ち込む由美子に、会長は下見旅行をキャンセルするのももったいないと、自分とふたりで下見の続行をしないかと言いだしたのです。

さすがに男性とふたりっきりで旅行という事に戸惑いを隠せない由美子でしたが、既に車は目的地に向かっており、ダメと言いだしにくい状況に…。

こうして、旅行先に向かった由美子。
旅館で温泉に入り、美味しい料理に警戒心も徐々に薄らいでいく事に…。
そして、会長から勧められたお酒を飲み、酔っぱらい、眠り込んでしまう事になった由美子に会長に無防備な所を襲われてしまう事になる流れですね。


いやはや、由美子の流されっぷりは、中々深刻なレベルですね(汗)
仮にも自分を無理やり関係を持った相手に、終始「さん」付けで呼ぶってのは中々出来る事ではない気がしますねぇ。
まぁ、相手は町内会長なので、人の目がある表ではさん付けも仕方ないかもしれませんが、心情描写でも同じなので、由美子がどれだけお人好しか分かりますね(汗)

…今の夫にも好きでもないのに拝み倒されて断れずに結婚したとかじゃなかろうかと邪推するレベルですよ、もはや(汗)

Hシーン


Hシーンは、由美子の行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、手コキやアナルセックスなどがありますね。

私、最初に見た時思ったのは、大分ちょろいヒロインと言うか…(汗)
寝取られ作品は、私もそこそここれまでレビューしてきましたが、断トツじゃないですかね、こんなに早いのは。
由美子本人も自覚していますが、それにしても流され過ぎでしょう(汗)

こんな感じなので、由美子はこんな真似をした会長に対して、強い憎しみみたいなのが全然見えないんですよね。
他の寝取られ物って、立場上中々強く出れない事が多いですが、内心は結構な怒りが見えるものですが、彼女はそれがかなり薄いんですよねぇ。
なので、何か悲壮感というか、寝取られ特有のやるせなさは、かなり控えめになっている印象がありますね。

またお約束で、夫よりも会長の方が肉棒もテクニックも上という、悲しい現実が(汗)
これまで夫しか知らず、それでも満足していた彼女が、比較対象を知ってしまった事で夫との行為に物足りなさを感じてしまうのが、所々で垣間見えますね。
フェラなども彼女は夫にもした事がないくらいですからねぇ、夫婦の性生活に関してはお察しですな。

夫視点での由美子との行為もあるんですが、これが見事に夫だけ満足っていう(汗)
勝手に盛り上がり、すぐさま射精に至る夫の姿は、滑稽ですね。
それを身をもって感じる由美子の内心は…ねぇ?

早い段階で自分から会長の肉棒を求めるなど、快楽に対し、あっと言う間に自分を流されてしまう姿が描かれていますね。

彼女も内心では、これで終わりと思っている一方で、あの強烈な行為、関係が続くのを願う気持ちが確かに…。
相手もそんな心の葛藤を見透かしているので、強引に、でも形ばかりの逃げ道を用意するなどして、由美子を誘導していく手腕はさすがですね。
こんな事ばっかりしている奴みたいですしねぇ(汗)

終盤では、アナルセックスも。
当然、これまで経験した事のない行為。
それを夫ではない男相手にするという事に、既に夫に対する罪悪感よりもこれから感じるであろう、新たな快感への期待の方が強いってのが、いかに彼女の身体が抑えられなくなっているか、垣間見えますねぇ。

挿絵


挿絵は「あらくれ」さんが手がけています。
原作となる同人誌も手掛けられているご本人だそうなので、クオリティは保証されていますね。

可愛らしく柔らかい表情、絵柄が印象的ですねぇ。
この手の寝取られ物って、どちらかと言えば重めの雰囲気があるため、かっちりとした濃いめの絵柄がイメージされますが、今作の場合は、だいぶ雰囲気が柔らかく仕上がっていますね。
流され上手な由美子も、この絵柄だからこそピッタリなんでしょうね(汗)

会長の顔も描かれているんですが、ぱっと見、害のなさそうな顔しているんですよねぇ(汗)
いわゆる悪人面って訳でない辺りが、厄介ですねぇ。
リアルドリーム文庫のこういう奴って、まぁ、それはそれはえげつない顔しているだけに、この愛嬌のある顔は珍しいなぁ。

この絵柄も相まって、やはりガツンとしたインパクトは控えめですが、嫌悪感が薄く寝取られを見れるので、個人的にはアリかなと思いますね。

欲を言えば、せっかくの挿絵なので、もう少し枚数多く見たかったですねぇ(汗)
でも、いつもとは違って5枚縛りじゃないのはビックリ、これでも他のレーベルに比べると少な目だけれども(汗)

挿絵数:8枚

総評


全体的には、上記でも書いた様に流されやすい由美子が寝取られちゃう内容でしたね(汗)
いやぁ、本当にここまでちょろいヒロインも珍しいと思う程にアッサリだったので、ビックリでしたね。
それゆえに、あんまり寝取られても悔しくないというか、辛くない感がある意味で新鮮(汗)

そのため、どこか緩いというか変に重苦しさは感じにくい雰囲気になっているので、寝取られ物としてはかなりライトで読みやすい仕上がりだと思いますね。
まぁ、苦手な人はこれでも嫌かもしれませんが、個人的にはここまで落ち込まない寝取られ物も珍しいなと思いました(汗)

Amazon版 電子書籍
人妻とNTR温泉旅行 (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍
人妻とNTR温泉旅行

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事