この作品は、2015年10月発売の二次元ドリームノベルズの作品です。
2018年に続編となる2が発売されたんですが、私は前作を読んでいなかったので、先にこちらから読んでいきます(汗)



何で当時買わなかったのかと思ったら、小説投稿サイトのノベライズ作品だった様で…。
値段も高いしねぇ、普通のやつよりも、そりゃ買わないな(汗)

この世界は、ある日突如現れた異世界からの侵略者「ダーククライム」なる存在に襲撃される事に…。
警察などでも対処できない敵に対し、現れた存在が。
お嬢様である「紗姫」(さき)は、変身ヒロイン「シャインミラージュ」へと変身し、ダーククライムと戦っていたのですが、敵の手に落ちてしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 東堂院 紗姫」(とうどういん さき)
  • がいます。

    紗姫は、東堂院財閥の令嬢です。
    怪人に襲われた際に、シャインミラージュへと変身できる様に。
    学校では、生徒会長でもあります。
    お嬢様らしいプライドの高い性格の持ち主です。

    ストーリー展開


    展開的には、シャインミラージュに変身した紗姫が、敵に捕まり、あれこれされる流れですね。
    …まぁ、大体変身物ってそんな感じですよね(汗)

    突如現れた、ダーククライムの敵たちと敵対する紗姫のシャインミラージュ。
    シャインミラージュに変身できるようになってから、何体もの敵を倒してきたものの、ダーククライムの全容は掴めずにいました。

    そんな中、彼女は敵を追いつめ、これを何とか撃破するものの、新たに現れた強化された敵兵たちによって、なす術なく捕らわれる事に…。
    これまで敵を倒せていた攻撃が、雑魚に効かなくなったんだから、もうお手上げですね(汗)

    お約束で敵たちに何度も精液を飲まされまくる事態になったものの、何故かそのまま解放される事になり、毎回別の敵が現れては負けてしまって、Hな事をされてしまう流れですね(汗)
    もう完全に舐められてますよねぇ、いつでも倒せる存在になっているから(汗)

    Hシーン


    Hシーンは、シャインミラージュの行為が描かれています。

    行為的には、フェラやアナルセックス、パイズリ、自慰(アナル)などがあります。
    一部では、肉体改造要素や鼻フックやバイブなどの小道具を使用する展開も一部ありましたね。

    元々、お嬢様なので、口調が「~ですわね」みたいな感じなんですよね。
    更にプライドの高い性格なので、こういった台詞がハマるんですが、捕らわれたヒロインがこんな口調では煽っている様なものですね(汗)
    まぁ、二次元ドリームノベルズのヒロインは、これくらい勝気じゃないと務まりませんからね♪

    とは言え、性に関しては全く知識に乏しい彼女。
    そのため、初めて味わう男の肉棒の圧力に戦慄する事になり、弱い面も垣間見えますね。
    まぁ、敵からしたらそんな様子がまたたまらなくて、余計に行為に熱が入ってしまうのだから、皮肉なものです(汗)

    アナルセックスだったりも何もかもが彼女の価値観を大きく揺るがす一撃ですよね(汗)

    序盤から敵に好き勝手されるシャインミラージュですが、まさかの本番行為はありません(汗)
    序盤は、フェラ(イラマチオ)での大量精飲に始まり、アナル弄りやアナルセックスの味を本番よりも先に覚えてしまう事に…。
    度重なるアナルセックスを経て、すっかりアナルでの快感に抗えなくなってしまう姿は、見所ですね。
    また彼女にとって変態的な行為である事が余計に感度を高めてしまい、嫌悪が快感に上書きされていく事となりますね。

    そんな反応のシャインミラージュをあざ笑うかの様に、憎い敵から辱めの言葉を浴びせられるのは、相当な屈辱感でしょうねぇ。
    本来、プライド高く勝気な彼女ですが、その一方でMっ気もまた敵の行為によって、確実に開花しつつあるのが随所に垣間見えますね。
    序盤の頃もお尻を何度も引っ叩かれていく中で、次第に痛みとは別の熱さを感じだしたりしていましたしねぇ。
    度々、お尻叩かれている様な気もします(汗)

    肉体改造に関しては、母乳が出るようにされたり、ふたなり化とかですね。
    母乳を出す際に、射精と同じ様に発射で感じる様に改造されてしまい、立派な巨乳をこねくり回されてビュービュー、ミルクを噴射して快感に悶える事に。
    更にふたなり化されてしまい、こちらでも大量の精液を噴射する事になり、本物の射精の快感を味わう事に…。
    肉棒を同性の敵「ミスティ」から足で踏まれたり、手コキで追い立てられて強制射精させられてしまう事になりますね。

    しかし、何よりもミスティの手で射精させられるのではなく、彼女の指示とは言え、自分の手で肉棒を扱く展開は紗姫を追い詰めていきますね。
    強制とは言え、自分の意思で扱き、その快感に悶えて大量発射ってのは、心理的にダメージが大きいですよねぇ。

    終盤は、割とあっさりした感じかなぁ、まさかの雑魚たちに良い様にされるので(汗)
    話が最後まで描かれていないで、バッサリ終わるというか、第1巻終了みたいな感じでフワッと終わるんで、最後っぽさは皆無ですね。
    続編前提な終わり方なので、名前アリの敵どころか、名も無き雑魚どもに良い様にされる訳ですねぇ(汗)

    挿絵


    挿絵は「高浜太郎」さんが手がけています。
    二次元ドリームノベルズ系では、お馴染みな方ですよねぇ。

    繊細な描線で描かれたヒロインは、可愛らしさに加え、淫靡さも発揮されており、艶めかしい魅力を見せてくれますね。
    シャインミラージュの恰好が、ぴちぴちなレオタード風なコスチューム姿ってのが、また印象的ですね。

    鼻フック姿も描かれているんですが、上手く鼻の位置というのか、表情によって、鼻フックがあまり露骨に目立たない様に描かれていますね。
    なので、パッと見では鼻フックされているか分かりにくく描かれているので、普通に可愛くてエグイ事にはなっていません。
    まぁ、ガッツリお笑い芸人ばりに鼻フックされている彼女を見たかった人には、物足りないんでしょうけれども(汗)

    この鼻フックシーンでは、同時にコスチュームを肉棒が貫通して、着衣パイズリみたいになっているのも特徴ですね。
    個人的には、こういう衣装のままでパイズリしているのは好みなので、中々嬉しいシーンでした。
    この鼻フック姿なら、気になりませんしね♪

    目隠しされる際には、男の使用済みのパンツをかぶされるなど、中々酷い扱いをされても、何故か可愛く見えるなぁ…(汗)

    挿絵数:19枚

    総評


    全体的には、思ったよりもここまでアナル寄りな作品だったのは予想外でした(汗)
    まさかの本番行為はなしってのも、意外でしたね。
    話も最後まで完結していないまま、終わったし、色々突っ込み所の多い内容かなぁ…。

    タイトルも別に、アナルに特化したタイトルじゃないですか。
    尻穴なんちゃらヒロイン~みたいなタイトルとかなら、一発で分かるんですが…(汗)

    本番行為なんかいらない、アナルだけでOKって人にはよろしいのではないでしょうか。
    でも、これだけアナルの快感に目覚めてしまった彼女は、仮に今後本番行為があってもこんなに反応するのだろうか…?(汗)

    ちなみに、この作品は2015年発売で、続編の2は、2018年発売…。
    続編が出てから慌てて今作を読んでいる私はまだしも、当時買った人はまさかこんなに時間を経過して続編が出るとは予想外でしょうね(汗)
    ちゃんと完結してから、発売すれば、一番良かったんでしょうけどねぇ、売り方のせいで評価が下がるのは勿体ない所ですな。

    この後、続編も読んでレビューしたいと思います。

    PCゲームもあるんですが、原画の人が違うんで、結構別人感がありますねぇ。
    ゲームの方がより可愛らしい印象かな?
    変幻装姫シャインミラージュ

    DMM 電子書籍
    変幻装姫シャインミラージュ 砕かれるプライド、穢される存在

    原作PC版


    DMM 原作PC版ダウンロード
    変幻装姫シャインミラージュ 敗北へのカウントダウン

    ブログランキング参加中です。
    よろしければ応援お願いします♪
    関連記事