あとみっく文庫 無敵の姫騎士がドMに目覚めたようです

無敵の姫騎士がドMに目覚めたようです  (あとみっく文庫 7)
酒井仁
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1167

類い稀な剣の才能を持つ、美しき姫騎士ローゼリア。あまりの強さゆえ相手になる敵もおらず、退屈な日々を過ごす彼女だったが、あるとき覚醒する。“あえて自らに試練を与え、それを乗り越えることで、さらに己を高めることができる─!”かくして、わざと責めを受けて、そのたびになんだか興奮しちゃう、変態冒険譚が始まった。

11月発売の新刊です。
これは結構な作品ですねぇ・・・(汗)
でも、そんなに嫌いではないです。
かなりコミカルなノリの作品です。
キャラクターが立っているので、面白く読めますがこのノリが受けつけられない人もいるとは思います。

このタイトルがかなりのインパクトを残すんですが、ドMというか常識が足りない娘だと思います(汗)
やはりそこはお姫様って事なんでしょうが、別に素直ないい娘さんなので、私はイラっとする事はなかったです。

同じあとみっく文庫のあとみっく文庫 プリンセスリバーシ!! 交錯する美姫と魔姫に比べれば、良く出来たお姫様です。

内容は強すぎて退屈な生活を過ごしていた主人公が、とある書物を読んで感銘を受けます。
わざと自分をピンチな状態にする事で、自らに試練を科すというMっ気のあるやり方を編み出してしまいます。
なので、危ないから近寄ってはいけないと聞けば、わざわざ出向いたりとわざわざ余計な事に踏み込むという暴挙に(汗)
・・・何かを極めた人はやはり考え方が違うなぁ。
そんな考え方を持っているので、ゴロツキたちに身体を弄ばれても、試練と考えたりと変な事になります。

また出てくる敵側の存在も、迫力が皆無です(汗)
力は異様にあっても、争いごとが嫌いであったり・・・。
そんな両者が戦うとなれば、勘違いに次ぐ、勘違いの掛け合いは読んでて面白かったです。

気になったのは、敵側の魔族たちが語っている内容に聞き覚えのあるワードがチラホラ・・・。
「水の精霊騎士」?(汗)

あれっと思い、調べるとこの作者の人・・・、「二次元ドリームノベルズ 精霊騎士アクエアル 隷属の花嫁」も書いているんですね(汗)
まさか、こんなコミカルな作品も書けるとは・・・。
全くイメージができませんでした(汗)

ファンタジーもの定番のモンスターとのHシーンもあったりと、H度もやや高めかな?
軽いノリで読みやすい作品が好みならば、アリだと思います。
・・・教育って大事だなぁ(汗)

楽天はこちらからどうぞ
無敵の姫騎士がドMに目覚めたようです

あとみっく文庫 無敵の姫騎士がドMに目覚めたようです あとみっく文庫 無敵の姫騎士がドMに目覚めたようです

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
あとみっく文庫 無敵の姫騎士がドMに目覚めたようです

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 カテゴリ
 タグ