催眠恋。 純愛幼なじみ、生意気義妹、高慢教師を独り占め! (美少女文庫)
2018年5月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、これといったものがない平凡な男子学生です。
残念な事に周りの男女共には好かれておらず、家でも学校でも居場所がありませんでした。

そんな彼は、ある時偶然にも怪しげな催眠アプリを手に入れて、その力で欲望を叶えようとする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 結城 愛」(ゆうき あい)
  • 佐藤 由乃」(さとう よしの)
  • 椎名 歌織」(しいな かおり)
がいます。

愛は、主人公の幼なじみです。
スポーツ少女で、真面目で優しく穏やかな性格の持ち主で男女共に人気があります。
今でも主人公に対して、偏見なく接する稀有な存在でもあります。

由乃は、主人公の義理の妹です。
勝気な性格をしており、両親の前では主人公にも比較的まともに接するものの、それ以外では嫌悪感丸出し(汗)

歌織は、主人公の学校の教師です。
クールで厳しい性格の持ち主であり、主人公にも厳しい言動を見せます。
実は、家が隣であり、主人公が幼い頃からの知り合いでもあります。

ストーリー展開


展開的には、平凡な主人公が催眠アプリを手に入れて好き勝手する流れですね。
…数日前にレビューした作品とかなり酷似しているのは気のせいかな?(汗)

主人公は、これといって何か秀でている様な人間ではないんですね。
顔に関しては、挿絵がないので分かりませんが、多分イケメンの類ではないんでしょう、うん(汗)
性格もオドオドとしており、女子から少なくても好感を持たれる様なタイプではないと。
しかも、学校にH漫画など持ち込んだりと、むっつりな性格なのだから、余計に年頃の女子には疎まれる存在ですよねぇ。

そんな主人公は、皮肉な事に意外と女性の知り合いが周りにいるんですね。

義理の妹の由乃。
幼なじみの愛。
隣家で教師の歌織。

しかし、困った事に彼女たちからも主人公は嫌われている訳ですねぇ(汗)
まぁ、唯一例外として幼なじみの愛は、主人公を今でも普通に接してくれる稀有な存在ではありますが、他のふたりはかなり手厳しレベルで嫌っています(汗)

それだけに主人公的には、幼なじみの愛の存在がとても大きいのは当然な話なんですよね。
また主人公が気持ち悪いだの言われる要因になっていそうな所でもあるんですが、子供の頃に彼女が自分のお嫁さんになるという口約束を結構未だに信じているんですよね(汗)
…これは、かなり痛い奴だなぁ。

何の根拠もないけれども、愛は自分の物だと言う変な自信があるんですね。

しかし、そんな自信が揺らぐ事態が…。

偶然、主人公は愛が人気のいない場所で、男子といちゃついていた場面を目撃してしまったのです。
その相手は、主人公をよく馬鹿にしている軟派なモテ男子だった事から、二重の衝撃。

まぁ、努力家で日々頑張っている愛が、何も努力していない主人公を恋愛対象外にするのは分かりますがねぇ(汗)
とは言え、男の趣味はあまり良くない様な気もしますがね、主人公とはまた別のベクトルで好感の持てない男なだけに。

すっかり意気消沈した主人公は、失意のどん底にいた訳ですが、ふて寝して気づいたらスマホが怪しげなサイトに繋がっていたのでした。
そのサイトに書かれていた内容は、何とも胡散臭い好きな人の心を操るといった、怪しい内容。
ここから、対象者を操れる催眠のアプリなるものが入手できると知った主人公は、結果アプリを入手。

ダメ元で、愛に対してアプリを使用してみると、まさか本当に使用した内容が実現したのです。

このアプリの効果を実感した主人公は、そのままアプリで愛を操作し、彼女と関係を持つ事に成功。
その後も、愛だけではなく、由乃、歌織に対しても、催眠アプリを使用する流れですね。


本当に、この間レビューしたオトナ文庫の作品と似ているなぁ(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキ、自慰、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
その他の要素では、バイブやローターなどの小道具を使う展開も一部ありましたね。

やはり、催眠を使ってヒロインたちを思い通りにしていく流れは、見所ですね。

実は、このヒロインたちにはそれぞれ彼氏がいるんですよね。
なので、彼氏から女性陣を奪う、寝取り的な要素も少し含まれていますね。
まぁ、基本男性陣は割りと良い奴でもない設定されているんで、寝取る事に対する罪悪感はないと思いますよ。

幸い?学生である愛、由乃のふたりは、交際中ではありますが、まだ肉体関係は持っていません、キス程度かな。
このふたりの彼氏共は、早く関係を持ちたくて仕方ない様ですがね、むしろそれ目当ての交際だし。

唯一、教師である歌織は大人なので、さすがに彼氏とは関係を持っていますけどね。
まぁ、自分よがりな行為で、歌織は行為に対しては物足りなさを感じている状況ではありますね。
そこがお約束で、彼女攻略の糸口になっていく訳ですねぇ。

基本的に操られている最中の記憶ってのは、彼女たちにはありません。
でも、例えば初体験後だと、当然意識が戻った際には自分の身体に異変を感じる事になる訳ですね。
とは言え、まさか、この違和感が初体験によるものだとは誰も考え付かないでしょう(汗)

記憶はなくても、身体はその行為で受けた快感が確実に刻み込まれていく事に…。


途中から、主人公は催眠をかけつつも、女性陣の意識を覚醒させる展開になりますね。
意識はあって、主人公とまさかの行為をしているのを自覚しても、それを止める事が出来ず、嬉々として行為に耽る自分の身体。
勿論、その間にも行為によって生じる強烈な快感に翻弄されて、戸惑いを見せる女性陣の姿が印象的ですね。

特に愛、由乃のふたりは自分的には、まだ未経験だと思い込んでいる訳ですからね。
それが、いきなり恋人ではなく主人公が相手で、しかもその行為で強烈な快感を感じる事に半ばパニック状態ですよね。
事態を呑み込むよりも先に身体が快感を受け入れ、その未知の感覚に異常事態である事を頭から消えていく事に。

まぁ、元々主人公を嫌悪している由乃、歌織は、まだ頭の中では主人公への敵意、嫌悪感を持ち続けており、内心では悪態ばかり(汗)
行為中の彼女たちは意識を無視したかの様に、主人公への愛情を口にするのだから、心情との差は凄い事になっており、彼女たちを蝕んでいく事になります。
そして、少しづつ彼女たちの反応にも変化が…。

催眠下になくても、少しづつ確実に主人公に強く出れなくなっていくんですよね。
上記のふたりも、言葉こそまだ主人公に辛辣ですが、そのニュアンスは確実に弱々しく、主人公も余裕。
由乃とか、ただのツンデレ娘みたいな発言になっちゃってますからねぇ(汗)

一方、これまで主人公を君呼びだった愛は、名前を呼び捨てする様になり、彼女の中で距離がかなり近くなった事を窺わせますね。


意外と催眠物としては、そこまで特殊なシチュエーション下での行為がなかったかな?
まぁ、催眠しちゃっている時点で、十分特殊か(汗)

終盤では、全ヒロインを交えてのハーレム展開ですね。
もうこの時点だと、もはや催眠を必要としていない程に女性陣の変化が大きくなっており、序盤とは別人の様なくらいですねぇ。
ここら辺まで来ると、催眠らしさはある意味、薄れていますが、そんな気にはならないでしょう。

挿絵


挿絵は「愛上陸」さんが手がけています。
前回の時も催眠物でしたよね。

ムチッとした肉感的なボディにヒロインたちの表情が、何と言っても魅力的ですね。
序盤の主人公をゴミみたいに見る由乃、歌織のあの眼差し、表情が次第に蕩けていく様は見所のひとつですね♪
勿論、序盤から嫌悪感を見せない天使な愛も、可愛らしくて魅力的ですけどね。

まぁ、こういうノリな作品だとふたりみたいな、最初は見下している女性陣の方が後々のギャップが感じられて目立つってのはありますけどね(汗)

ラストで、女性陣が妊娠してお腹が大きくなっている展開があるんですが、残念ながら行為までは描かれていなかったのは残念かな。
でも、3人揃ってお腹が大きくなって、可愛らしい格好で主人公を迎える姿は良かったですね♪

挿絵数:10枚

総評


全体的には、催眠物としては、思ったよりかはマイルドな印象でしょうか。
そこは、別に主人公がヒロインたちに復讐するとかって話ではないですからね、そもそもが。
どのヒロインにも主人公は情があるため、そんなに痛めつけるみたいな感じではないためでしょうか。

なので、あんまりどぎつい仕打ちをする様な内容が苦手な人でも、だいぶ読みやすい仕上がりになっていると思うので、催眠物が苦手な人でも楽しめるのではないでしょうか。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事