義妹達との生活は気持ちいいけど少し疲れる (二次元ドリーム文庫)
Amati
キルタイムコミュニケーション (2018-02-23)

2018年2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は、小説投稿サイトのノクターンノベルズの作品を書籍化したものだそうです。
今月、二次元ドリーム文庫、こればっかりですねぇ(汗)

主人公は、今時?の男子学生です。
そんな彼は、母親の再婚により、いきなりふたりの姉妹が家族になる事に。

主人公は、そんな姉妹から迫られてしまい、関係を持つ事になる流れですね。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 一条 恵」(いちじょう めぐみ)
  • 一条 夏海」(いちじょう なつみ)
  • 石川 茜」(いしかわ あかね)
がいます。

恵は、主人公の家族となった姉妹の姉です。
主人公のクラスメートでもあります。
基本的には、しっかり者の美少女なのですが…。

夏海も、主人公の家族となった姉妹の妹です。
恵(主人公)とはひとつ年下なのですが、小柄な体格ゆえ、それ以上に若く見られてしまう事も。
元気でテンション高めな小悪魔的な性格の持ち主です。

茜は、主人公の通う学園の生徒会長です。
主人公に好意を抱いています。

ストーリー展開


展開的には、主人公に家族が増える事になり、家族となった姉妹から迫られてしまう流れですね。
…これだけ見たら、イチャラブ姉妹物な感じなんですけれどもねぇ(汗)

きっかけは、主人公の母親がいきなり再婚を発表した事からでした。
主人公は、それ以前から母親と数年交際している相手の男性とは顔馴染みとなっていたのですが、ある日、主人公が家に戻ると男性と見知らぬ女性…、少女がふたり。

あの美少女たちは、一体どこの誰と色めき立つ主人公でしたが、そこで発表されたのが母親のいきなりの再婚のお知らせ(汗)
そう、見知らぬふたりの美少女は、再婚相手の男性の娘だったのです。

こうして、いきなりふたりの美少女が主人公の身内、家族となったのです。
この年頃の少女たちだといきなり知らない男が家族になるって事に、少なからず戸惑いや、時には嫌悪感すら抱くかもしれないのですが、彼女たちは別でした。
最初から、主人公に対して好意的に接してきて、むしろ主人公の方が距離感に戸惑うくらいだったんですね。

更に、姉の恵は兄が欲しかったという事で主人公をにいさんと呼びたいと言い出す程。
主人公は彼女とは同い年ですが、実際には少しだけ恵の方が早い誕生日なので、正確には姉と弟の関係になるんですけどね(汗)

こんな感じで、ふたりの妹(自称妹も含む)が出来た主人公。
何だか落ち着かない中、少しは兄らしく接しようとする主人公でしたが、次第に妹たちの本性を知る事に…。


妹たちは、主人公の事を実は以前から知っており、異性として好きなんですね。
その想いは今も消えておらず、ある日、迫って来る事に…。
しかし、主人公は実は生徒会長の茜と交際?関係にあり、姉妹も絡んでおかしな関係性に発展していく流れですね。

ってか、茜の存在は意外でした。
表紙絵を見ても、義妹のふたりだけだったので、姉妹物かと思ってたんですよね。
正直、読んだ感じ、茜には悪いけれども、いなくて姉妹だけでも成立しそうな話だと思ったんですけどねぇ(汗)


後は、開始早々に、主人公のキャラが好かなかったのが痛かったです(汗)
まだ高校生なのに、普通に家の中だけとは言え、飲酒をしている言動などはどうなのかな、と。
別に必ずしも主人公が良い子ちゃんな優等生である必要性は全くないですが、こんな不要なキャラ付けいらないと思いますけどねぇ。

凄い不良って訳でもないんですが、その他の言動を見るに、ナチュラルにクズの素質を持っているんじゃないかな(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、自慰、フェラ、パイズリなどがありますね。
その他では、バイブ、ローター、電マなどの小道具を使用する展開もありますね。

今作の見所は、登場人物全員、主人公含めて難アリなキャラクターだったという事かな(汗)

主人公と生徒会長の茜が付き合っているのは上記でも書いた通りなのですが、この関係性も何とも…。
当時、茜から告白された主人公は、面倒だと告白を断る際に、ド変態としか付き合えないって断ったんですね(汗)
そのせいで、恋人になるために自ら茜はド変態になる事を望んできたゆえに、変態チックなプレイをする関係が始まってしまったというから、罪作りな男ですねぇ。

まぁ、実際、行為では普通に変態的というか、ドS全開な行為を淡々と茜にさせている辺り、あながち本当の話だったかもしれませんが(汗)

そして、例の姉妹もまた、主人公を好きなのは本当なのですが、よくよく話を聞くと話す内容がネジの外れたぶっ飛んだ話ばかり(汗)
頭のおかしい主人公に惚れた姉妹もまた、頭がおかしかったのです(汗)
まぁ、好きって感情が強すぎるんでしょうけれども、普通にしていれば皆、美少女なのにねぇ(汗)

そのため、普段のやり取りと同様に行為中の描写、やり取りも、同じ様なノリが続きますね。
主人公は、相変わらずに変に冷めているというか…、テンションの起伏があんまりないんですよね(汗)
なので、どこか淡々と行為に応じている感じがあるのが、個人的には好みではなかったですね。

でも、他の投稿サイトの書籍化作品でも似た様な感じの作品もありましたし、こういうナチュラルクズ主人公って流行りなのかな。

ローター+電マで数十分絶頂させまくる展開とかあるんですが、ヒロインがもう人の言葉を発していないですね。
そりゃ、ずっと強烈な刺激を与えられ続けているので、普通ではいられないってのは分かるんですが、全くそそらない(汗)
主人公も淡々とそんな真似できちゃう辺りがね(汗)

まぁ、主人公だけおかしい訳ではなく、ヒロインたちも負けじとどこかおかしいキャラではありますけどね(汗)
主人公も若干引いている時あるし(汗)
でも、何だかんだそれに対応してドSな行動に出れる辺りは、やはり素質十分なのかも…。

個人的には、ヒロインがおかしいってのは、別に良いんですよ。
この程度の残念ヒロインなんて珍しくもないですしねぇ。
でも、こういう主人公は好みじゃないんですよね、感情移入して見れなくなるんで(汗)

所々では、ヒロインたちの視点での心情描写なども一部描かれていましたね。
やはり、彼女たちの視点で描かれていると、主人公側からでは一見意味不明な考えも、一応彼女たちなりの理由、考えがあっての事と分かりますね。
…思いの根底は、純粋なはずなんだけど、何でこうなったんだろう(汗)

終盤では、姉妹一緒になっての行為なども描かれていますね。
姉妹で肉棒を咥え込んだり、玉を含んだりと一緒になって、主人公の股間にむしゃぶりついている姿は姉妹の息ピッタリですね♪
残念?なのは、ここで茜が参戦しなかった事ですね。


本編以外では、お約束の番外編があり、そこでは各ヒロインとのHばかりが描かれています。
まぁ、そこまでボリュームはないんで、詳細は避けますが、挿絵の効果も相まって恵が随分キテます(汗)
そのせいか、印象度は本編以上な気がしました(汗)

意外と本編では、それなりに行為をしているはずなのに、個人的にはあまり印象がなかったんですよねぇ。
ヒロイン3人分なので、行為が分散したりとか、バイブとか小道具を使っている場面も多々あったせいかな?

挿絵


挿絵は「日茶のむ」さんが手がけています。

可愛らしく透明感のある絵柄が印象的ですね。
…だからこそ、作中のヒロインたちの残念感も際立ちますが(汗)

可愛らしく綺麗で繊細な絵柄なので、ある意味では作中の文章を浄化しているかの様な効果も(汗)
行為描写も可愛らしい絵柄で、変に濃くなく生々しさもないため、安心して見られるクオリティーですね♪

印象的だったのは、夏海ですね。
作中でも触れられていますが、姉の恵との身長差が凄い事になっていますね(汗)
とても1歳違いとは思えない身長差なので、妹感はかなり感じますねぇ。

番外編にも挿絵がありましたね。
同時発売の作品の方では、挿絵がありませんでしたが、今作にはありましたね。
上記でも書きましたが、恵の様子が…(汗)

挿絵数:13枚+番外編+1枚

総評


全体的には、調教色もあり、レーベルのカラーとしては二次元ドリーム文庫ではなく、えすかれ美少女文庫寄りな内容に感じましたね。

何も前情報が無いと純粋な妹物に思うかもしれませんので、そこは注意ですかね。
まぁ、基本は姉妹がメインなので、恋人の茜の存在はちょっと薄かったかな?
最初から恋人ポジションの娘って、基本他のヒロインにお株を奪われてしまって、不遇な扱いされるものですからねぇ(汗)

本編とは別で、最後に番外編で全員との絡みがありましたが、あくまでもオマケ程度のボリュームですね。
まぁ、番外編って事でストーリー展開を考えずにHに持ち込める分、ある意味では本編よりも行為の印象は強かった気も(汗)

ちょっとクセのある作品だと思いますが、これがハマれば中々楽しめるのではないでしょうか。
個人的には、ちょっと合わなかったですが(汗)

Amazon版 電子書籍
義妹達との生活は気持ちいいけど少し疲れる (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
義妹達との生活は気持ちいいけど少し疲れる

楽天
義妹達との生活は気持ちいいけど少し疲れる (二次元ドリーム文庫) [ Amati ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事