12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、義姉と一緒に学校の応援団に所属している男子学生です。
しかし、そんな応援団とは真逆にチアリーディング部は大人気で強豪部でした。

そんな中、チア部のエースの「ちえり」が主人公と一緒の時にアクシデントで負傷してしまう事に…。
その結果、主人公はマネージャーとしてチア部に入る事を強制されてしまう事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 雫石 ちえり」(しずくいし)
  • 蔵 真琴」(くら まこと)
  • 桜 美散」(さくら みちる)
  • 早瀬 蒔帆」(はやせ まきほ)
  • 松嶋 夕菜」(まつしま ゆうな)
  • 鷹山 皐月」(たかやま さつき)
  • 高柳 侑子」(たかやなぎ ゆうこ)
がいます。

ちえりは、チアリーディング部のエース的存在です。
元気な性格の持ち主で、誰かを応援し、元気づけられたらと考えています。
しかし、男性への免疫がなく、男性陣の前だと恥ずかしくなり、萎縮してしまう悩みを持っています。
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

真琴は、ちえりの親友でチアリーディング部のマネージャーです。
しかし、部の事情で彼女もチアとして試合に出る事に。
少しマイペースな所がある一方で、度胸が意外とあったりも…。

美散も、チアリーディング部の部員です。
ダンサーを夢見ており、その一環として部に所属しています。
気が強く、用心深い性格ゆえに主人公の存在を警戒しています。
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

蒔帆は、チア部の先輩で、副キャプテンです。
のんびりな性格のキャプテンに代わり、チームをまとめる存在でもあります。
自他共に厳しい性格であり、負けず嫌いな面があります。
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

夕菜は、チアリーディング部の先輩で、キャプテンです。
おっとりとして面倒見の良い性格な反面、周りに流されやすいのでリーダーシップは…(汗)
真面目で大人しい反面、怒ると怖いです。

皐月は、チアリーディング部のコーチです。
いつも飲酒をしており、その指導、特訓はぶっ飛んだものが多いです。
今回も主人公をマネージャーとして引き抜き、とんでもない特訓を提案する事に。
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

侑子は、主人公の義姉で応援団に所属しています。
チアリーディング部のコーチである皐月とは犬猿の仲です。
所属している応援団が廃部寸前なため、主人公を使い、応援団を立て直そうと画策する事に。
手段を選ばないタイプですが、詰めが甘いです(汗)
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

ストーリー展開


展開的には、主人公がライバル的存在のチア部のマネージャーになる流れですね。

まぁ、ライバルと思っているのは、主人公ではなくて義姉の侑子なんですけどもね(汗)
元々、侑子は応援団に所属していて、主人公を無理やり入部させた張本人でもあります。
そんな応援団は、所属しているのはそのふたりだけという、お寒い状況(汗)

それとは真逆で、部員も多いのがチアリーディング部だったのです。
硬派で男臭いイメージの応援団と、華やかな女子たちのチアリーディング部。
そして、両方とも同じ応援をメインとした活動ですから、学校側がどっちに力を入れるのかは、ねぇ…?(汗)

そんな事情もあって、侑子は逆恨みに近い感情を抱いている訳ですねぇ。

そんな中、事態は思わぬ所から動き出す事に…。
たまたま出くわしたチア部のエース的存在のちえりとの会話中に、ちえりが足を踏み外してしまい、結果負傷してしまったのです。
もうすぐ大会が近い中でのエースの負傷…。

彼女の代役は、マネージャーである真琴がやる事になったのですが、これではマネージャーがいなくなる事に。
そのため、コーチである皐月は、主人公にマネージャーをしろと言ってきたんですね(汗)
いきなり、女子たちの世話役であるマネージャーになる事に対して、主人公だけではなく、当然女性陣の反発があったものの。

まぁ、これまでにもぶっ飛んだ指導などでも有名な皐月の前では逆らえる訳もなく…、強引に決定の流れに(汗)
そこには、マネージャー以外にも皐月の思惑がありました。

皐月曰く、このままでは全国大会で勝ち上がるのは難しいらしいのです。
その原因にあるのは、多くの男性の前で委縮してしまうメンタル面の弱さにありました。
皐月は、その克服を主人公相手にする事も含めて、マネージャーに抜擢したのですが、その克服方法がパイズリだと言い放ったのです(汗)
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

度胸と色気を得るために、女子部員たちは主人公へのパイズリを命じられる事となる流れになっています。

…凄い話だなぁ(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、素股などがあります。

やはり何といってもパイズリが今作の肝ですよね♪
何せ、チア部員たちはそれを命じられている訳ですから、やらない訳にはいかないと(汗)

しかし、やれと言われてそう簡単にできないですよね…。
その後押しではないんですが、ここで主人公の義姉の侑子の指令も関係してくる事に。

実は、チア部のマネージャーになった際に、応援団の復権を狙う彼女からチア部の女性陣に怪しい薬品を使って、スキャンダルを作り出して、それをネタにチア部を失墜させようとしてたんですね(汗)
そのため、彼女から託されたのが、飲むと胸が張って発情し、母乳が出る様になるという搾乳薬なる怪しいものでした(汗)

これを使って、女性陣を発情させ、パイズリ展開&母乳噴射な事態にしていく流れとなっています。
これがある事で、序盤からスムーズにパイズリをしてもらえる様になり、それで快感を覚えた女性陣との関係も深まっていく事になりますね。
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

そのため、中盤辺りまではパイズリがメインの展開が続きますね。
その間、本番行為は一切ありませんが、話が進むにつれて次第に女性陣との関係も深まっていき、何だかんだと次々と女子部員たちと関係を持っていく事になりますね。
以後はパイズリ&本番行為(中出し)になっていきますね。

当然ではありますが、この人数ですので、どうしても個々のボリュームは控えめでしょうか。
個人的には、ちえりが本命ヒロインなのかなって思ってたんですが、終盤の展開を考えると特定のヒロインはいなかったかな?(汗)
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

また中盤辺りで全員本番行為をしていく中で、ヒロインたちは主人公に好意を示してくれるんですが…。
一体、どこで好意を覚えたのか、特に描写らしい描写がないので、幾分急に感じましたねぇ(汗)
まぁ、これだけの人数だから一々描く余裕がないのも分かるんですけどね(汗)

搾乳要素に関しては、個人的には別にあってもなくても別に(汗)
でも、絵的にも母乳を噴射している様は映えますし、女性陣の快感表現にも使えるのでアリだとは思いますけどね。


終盤では、全員を交えた文字通りハーレム展開になっていますね。
ヒロイン数が7人もいますから、そりゃ凄い光景ですよねぇ♪
更に女性陣は、全員妊娠しており、お腹が大きくなっている状態なので、また凄い絵に(汗)
…7人同時パイズリとか、逆に気持ち良くない気がする(汗)
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団! ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「金城航」さんが手がけています。

このブログだと「処女ビッチだらけのテニス部合宿!」も、そうですね。
オトナ文庫 処女ビッチだらけのテニス部合宿! レビュー

可愛らしくスラっとしたスタイルが印象的ですね。
でも、胸はしっかり主張しているという、全員巨乳揃いですね♪

コーチの皐月、応援団姿の侑子以外はチア部のコスチューム姿が多いのも嬉しい点ですね。
…ある意味、応援団姿の方がマニアックさは勝っているかな(汗)

基本、チア姿が多いんですが、中には何故かバニーガール姿も一部あったり(汗)

やはりパイズリ姿が印象的ですね。
同時に搾乳薬で母乳を噴射している姿も描かれており、男女ともに白い液体を放っております(汗)

挿絵数:31枚

総評


全体的には、勢いで強引な流れを作って展開される作品だったかなと(汗)
まぁ、突っ込みだしたらキリの無い内容だからこそ、可能な展開だとは思いますけどもね(汗)

やはり、上記でも触れていますが、ヒロイン数が7人と多いため、個々の描写はどうしても物足りなさがありましたね。
ノベル化が向いている、向いていない作品ってあると思うんですが、何でもノベル化すれば良い訳ではない気はしますね(汗)
文庫のページ数では、ちょっと無茶なヒロイン数ですからね、頑張っているのは分かるんですが…。

ノリは軽いだけに、サクッと気軽に読める作品ですから、そういうのが好きな人には十分楽しめると思いますよ。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ