元ヤン人妻をパコって骨抜き穴嫁化 (オトナ文庫 94)
田中珠
パラダイム (2017-11-17)
売り上げランキング: 13,003

2017年11月発売のオトナ文庫のレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、親友の母親、「京香」(きょうか)に想いを寄せている男子学生です。
そんな中、京香のHな姿を妄想してた主人公は京香に見つかり、妄想で勃起した股間を見られてしまう事に…。

京香は、元ヤンという過去があり、いつも厳しくされているだけに、殴られると思いきや…。
彼女は、主人公の肉棒に目が釘付けに!?
これはチャンスと、主人公は勢いづいて、京香と関係を持つ事にする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 田崎 京香」(たさき きょうか)
がいます。

京香は、主人公の親友の母親です。
かつては、地元で有名なヤンキーとして名前が轟いていました。
母親となっても、勝気で強気な性格ですが、叱る時以外は包容力のある女性でもあります。
元ヤン人妻をパコって骨抜き穴嫁化

ストーリー展開


展開的には、元ヤンである京香を寝取っちゃう流れですね。
…大体、そんな感じです、うん(汗)

元々、京香は若い頃は地元で有名なヤンキーだったんですね、伝説的な。
今では、一児の母として、若い頃同様に魅力的な姿を保ってもいます。

そして、彼女の息子が主人公の親友なんですね。
そんな事もあり、主人公にとっては京香は自分が幼い頃から知っている存在でもありました。
と同時に、いつしか彼女を友人の母親ってだけではなく、異性の女性として認識する様になったのでした。

まぁ、京香は子供がいるとは思えない様な若々しさに巨乳の持ち主だったりと、主人公には十分異性として、性欲の対象になる存在ですからね。
とは言え、彼女は親友の母であり、人妻ですから彼女のHな姿を妄想に自慰で性欲を発散させるだけで、叶わぬ想いでもありましたが。

そんな中、主人公は親友の家で京香の下着を見つけ、すっかり股間を大きくさせてしまう事に。
そんな場面で部屋に入って来た京香に怪しまれてしまい、勃起した股間を見られてしまったのです。
伝説的な元ヤンだった京香に知られてしまい、どれだけぶっ飛ばされるのか…、後悔する主人公でしたが、京香の様子が何かおかしい…?

何と、京香は勃起した主人公の肉棒に目が釘付けになっていたのです。
それもそのはず、主人公の肉棒は巨根と呼ばれる様な立派なサイズであり、こんなサイズのものを見た事のない京香は動揺していたんですね。

そんな彼女の様子を見て、主人公はこれは千載一遇の好機と半ば強引に京香に迫り、関係を持つ事に。
こうして、主人公は関係を持った京香を自分の物にするために、事あるごとに行為を迫る流れとなっています。

Hシーン


Hシーンは、京香との行為が描かれています。

行為的には、パイズリやフェラ、アナルセックスなどがあります。

やはり今作の肝は、元ヤンである京香を肉棒でメロメロに堕としちゃうという所ですね。
普段は、誰も敵わないであろう京香を普通の男子学生が肉棒で屈服させちゃうんですからねぇ。

個人的には、京香のキャラクターが好みでしたね。
元ヤンで、言葉使いも怒るとゲンコツが飛んでくる様な強気な彼女なんですが、元ヤンらしく?ある意味真面目なんですよね。
自分の息子や主人公にもちゃんとやるべき事をしない場合は、鉄拳制裁してきますが(汗)
それ以外は、何だかんだ良い母親、女性らしさがあるんですね、口うるさいけども世話好きだったりと。

主人公の巨根を見て、信じられず思わず動揺するなど、意外と可愛らしい面もあるのがツボでしたね♪


ちょっと気になったのは、展開の早さ。
何せ、巨根を見せて動揺した際に勢いで関係を持った初回時にもうほぼ京香が堕ちましたからね(汗)

この辺りは最近は似た内容ばかりで購入を見送っている、同メーカー作品の巨根シリーズを彷彿とさせる展開の早さという事でしょう(汗)
特に今作は、京香ひとりだけなので、余計に展開が早く感じますねぇ。
その分、残りのページを彼女ひとりにたっぷり使えるというアドバンテージは確かにありますけどね。

後は、主人公との関係が始まっても、即、性格激変って感じではなく、それなりにちゃんとしてたのも好印象かな。
他のシリーズでは、即、洗脳でもされたのかと思う程に、肉棒の虜になるので、それに比べるとまだマシでしたね(汗)
まぁ、勿論、行為を重ねるにつれてドンドン主人公、肉棒の虜になっていって、旦那、息子への気持ちが薄れていく様にはなりますけどね。
元ヤン人妻をパコって骨抜き穴嫁化

京香は、ちょっと(かなり?)実はMっ気も持っているんですね。
主人公に物扱いというか、所有物扱いされて最初は激怒してた彼女ですが、ペチペチと身体を引っ叩かれたりすると、次第に身体を熱くさせたりも…。
主人公も、地味にSっ気が強いんで、ご主人様的に彼女から主導権を握り続けて、彼女を母親から女に変えていく事になりますね。
元ヤン人妻をパコって骨抜き穴嫁化

個人的な好みで言えば、主人公はSでなくても良かったんですが、親友の母親、人妻を物にするとなれば、こういう性格じゃないと成り立たないかなとも思いますけどね(汗)
まぁ、巨根シリーズとかの主人公もバリバリのドSで、豚扱いとか当たり前だったから、これはもうここのカラーなんでしょうね(汗)
せっかくの母親、人妻なのだから、少しは甘えさせてもらうような母性的な面も見たかった気はします。

何度か、他の人たちの前で京香との行為を見せびらかす様な披露する展開もありましたね。
もう京香も、むしろ見て欲しいとばかりに主人公との行為を普段以上に盛り上がっていましたねぇ(汗)
まぁ、Mっ気もある彼女なだけに、この状況下もある意味で楽しんでいるのかも…。

終盤では、妊娠してお腹が大きくなった状態での行為も描かれています。
すっかり主人公にメロメロになっている彼女なんですが、それでも元ヤンならでは?一緒に帰宅した際に先に入って入り口で出迎えるなど彼女らしさが垣間見えるのが良かったですね。
褒められて、デレデレに甘えてきたりもするんですが、よくある様な敬語なご主人様的な台詞ではなくて、「よしとくれよぉ」みたいな言い回しをする辺りが、彼女らしいです♪

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「T-28」さんが手がけています。
ここの作品では、お馴染みな方ですね。

今作では、元ヤン人妻というヒロインキャラクターだっただけに、気が強そうで美人なデザインが肝ですね。
でも、母親である母性感も時折感じさせる雰囲気が、ただ怖い厳しいだけではない魅力のひとつとして重要なんですよね。
そのバランスが良い感じにとれていて、個人的にはかなりツボなキャラクターでした♪

後は、コスプレ要素も結構ありましたね。
バイクに乗るライダースーツだったり、元ヤンらしく特攻服だったり(汗)
そんな姿で行為をしちゃったりで、また彼女の新しい魅力を感じさせてくれましたね。
挿絵のモノクロだと、黒のライダースーツが背景と同化してあんまり見えないのが残念でしたが(汗)
元ヤン人妻をパコって骨抜き穴嫁化

挿絵数:25枚

総評


全体的には、もっと手ごたえがあるかと思いきや、すぐヒロインが堕ちるので定評のあるメーカーの作品らしく展開が早かったですね(汗)
その分、京香との行為を長く楽しめると、良い解釈をしましょう(汗)

そういえば親友の母親であり、人妻でもある京香なので、寝取りでもある訳ですよね。
でも、正直そこら辺の描写は何ともあっさりしたものであり、期待するレベルではないです(汗)
なので、あんまりそっち方面の背徳感的なものとは、無縁な感じですね。

まぁ、その分、京香と思いっきり楽しめると思えばって、さっきも同じ様な事書いた様な?(汗)
突っ込み所の多い、勢いで突っ走っているノリなので、気楽にサクッと読めると思いますよ。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
元ヤン人妻をパコって骨抜き穴嫁化 〜友達の強気かあちゃんで好き勝手ザー処理遊び孕ませ〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ