10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、天才的な頭脳を持ち、本来学生な年齢ですが若くして議員にまでなった存在です。
そんな彼が、議員で積極的に推しているのが、極度な少子化を解消するためのSEX新法と好きな相手とHできる許可証の制度でした。

主人公は、新法を成立させるため、全国の女生徒を無作為に学園に集め、許可証の試験運用をする事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 春日井 乃愛」(かすがい のあ)
  • 星宮 きらり」(ほしみや)
  • 沖田 奏音」(おきた かのん)
  • 東條 一華」(とうじょう いちか)
  • 朝槻 ほまれ」(あさつき)
  • 田所 南」(たどころ みなみ)
がいます。

乃愛は、主人公と同じく若くして議員となった存在です。
世界一の頭脳と美貌を持っていると思い込んでいるナルシストな面も(汗)
主人公とは、数年前からの腐れ縁的な存在でもあり、主人公に勝った事がないためライバル視しています。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

きらりは、主人公と同じ学園に通う女生徒です。
明るく元気で人見知りをしない性格の持ち主でもありますが、言動が思春期男子以上の性欲の塊でもあります(汗)
当然、Hな行為に興味津々です。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

奏音も、主人公と同じ学園に通う女生徒です。
実は、カリスマ的な人気を誇る人気アイドルとして活動している有名人でもあります。
ボーイッシュで中性的な魅力の持ち主で、女性ファンが多いですが、主人公もファンの一人です。
上級生である主人公を先輩と慕う、良い娘です。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

一華も、主人公と同じ学園に通う女生徒です。
親が武道場を経営しており、彼女もまた幼い頃から武術に接していたため、その腕前はかなりのものです。
生真面目で頭の固い頑固な所があり、Hに対しても免疫がないために主人公には批判的です。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

ほまれも、主人公と同じ学園に通う女生徒で先輩です。
男性について研究しているのですが、その解釈は間違った知識から始まっており、ズレた言動も多いです。
天然でおっとりした性格の持ち主です。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

南も、主人公と同じ学園に通う女生徒です。
口下手でコミュ障、かつ被害妄想的な思考があり、男女問わず友達がいません(汗)
自虐的な所もあるゆえに、中々会話が成立しないですが、本人はこれでも友達を作ろうと頑張っているつもりです。
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

ストーリー展開


展開的には、主人公が少子化解決のために必要な新法を制定ために、許可証の試験運用として女生徒を集めた学園でHに励む流れですね。
…自分で書いてて意味が分からない(汗)

この国では、極度の少子化となっており、中でも男女の比率が異常なレベルにまで来ていたんですね。
何と、その男女比は、1:8585というとんでもない比率で男性が生まれていない現状がありました。

1/8585って、レアキャラみたいな出現率ですね(汗)

当然、男性、女性どちらかが欠けても子供は生まれない…。
このままでは、この国は近い将来滅んでしまうという中、主人公が生まれた訳ですね。

主人公は、男性って時点で貴重な存在だった訳ですが、更に有能な存在としてメキメキと頭角を現す事に。
本来ならば学生な年齢という若さで、国会議員にまでなったのです。
この時代は、有能ならば年齢は問わないらしいですね、そのため、腐れ縁的な乃愛も同じく同時期に議員になっています。

そして、主人公にはかつてから、この現状をどうにかしたいという強い気持ちがありました。
それゆえに国会議員にもなり、自身の考える策を提唱したのです。

それが、SEX新法と、自由性行為許可証の交付でした。

具体的には、成人男性は自由性行為許可証の所持を義務付け、成人女性に許可証を提示した場合は、女性はそれに応えなければならないといった内容でした。
まぁ、当然これには女性側の反発が根強かったものの、既にこんな事をしなければいけない状態にまで来ていると危惧する主人公の演説にある程度の賛同の声も上がり始める事に。

そこで全国の女生徒を無作為に選出し、それらの女生徒を新しい学園に集め、そこの中で主人公が許可証を使ってみて、このやり方が効果があるのかとテストする試験運用が決まったのです。

こうして、主人公は学園内で許可証を使い、女性陣とHしまくる流れですね。

…これは、女性陣からしたらとんでもない話ですなぁ(汗)
乃愛ならずも反対するのも当然ですが、意外と中には乗り気だったりする娘もいるから、分からないものですな(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、素股などがあります。

やはり今作では、少子化をどうにかするためにも、許可証を使ってのH展開が印象的ですね。
…女性側からしたら、とんでもない話ではありますけどねぇ(汗)

上記にもありますが、乃愛たちみたいに反対派もいれば、きらり、ほまれみたいなOKな娘もいる訳ですね。
まぁ、反対派もいないと盛り上がりに欠けますしね、必要な存在ですよね。

そんな反対派の急先鋒な乃愛ですが、一番早く許可証を使われる羽目になり、いきなり経験する事に(汗)
この許可証は、まだ試験運用ではあるものの、拒んだ場合は罰則もあり、更に彼女も議員なだけに法を破れないと渋々応じる結果になりますね。

まぁ、ムードの欠片もない状況で始まる行為ではありますが、何だかんだ幼なじみまではいかないものの、それなりに腐れ縁な関係。
乃愛自身も主人公の有能さは認めているだけに、満更でもない感はありますね。
実際、行為を経験して、乃愛も快感、絶頂を経験し、以前よりも主人公に対し、当たりが柔らかくなった印象がありますね♪


この様に反対派、あまり賛成ではない女性陣も行為を経験すると、何だかんだで満更悪くない印象になるんですね。
普通は、そもそもそんな女性陣を行為に応じさせるまでが難関な訳ですが、許可証の罰則があるため、拒み切れないために行為に至る過程もスムーズな事で、ほぼ問題は一切ない難易度と化していますね。
そういう点では、緩い雰囲気でHが進む印象でサクサク展開されていきますね。

また各女性陣毎に、各章が分かれており、そのパート内で2回ほどの行為が描かれています。
基本的には、どちらかが前半が本番(初体験)行為&後半でフェラやパイズリなどで射精の前後半で構成されています。
(キャラによって本番が後半になっている場合もありますが)
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

そのため作品のテーマ的に、中出しがメインかと思いきや、意外と普通に他の行為で射精していますね。
特に多めだったのがパイズリですね。
大抵のヒロインは、皆巨乳揃いな事もあって、主人公もおっぱい好きなので、パイズリをお願いする展開が多かったですね。
まぁ、本番行為をある意味強引に許可証使ってHした後なら、今更パイズリを拒む娘も少ないでしょうからねぇ(汗)
(ヒロインによっては、初体験よりも先にパイズリになったりもしますが)

この様に、基本は各パートだけでのヒロイン毎の行為となりますが、唯一乃愛だけ優遇されており、更に回数が多く描かれています。
このノベル版でメインヒロイン格として描かれており、終盤の展開は彼女をメインとした展開になっているためですね。
なので、終盤は乃愛との展開に終始するために、全員交えたハーレム展開とかは残念ながらないですね(汗)

その分、終盤では乃愛とのイチャラブHが描かれていますね。
その中には、主人公の子供を妊娠して、お腹が大きくなっている中での行為も少しですが描かれており、彼女との甘い時間を感じられます。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「2-G」「健やか牛乳」「ねこきち」さんが手がけています。
でも、DMMの方で見たら、ねこきちさんの記載がなかったんですが、どうやらねこきちさんは、SDキャラの担当みたいです(汗)

明るく可愛らしい女性陣ばかりで、華やかさと賑やかさがありますね。
巨乳キャラも多いのも印象的でしたねぇ、あ、小さい娘も可愛いですよ、うん(汗)

個人的に印象的なキャラデザインは、きらりかな。
あんまりにもエロエロ男子みたいなノリは得意な方ではないんですが、あの猫っぽい表情と言いますか。
あのニヤぁとした口とか、結構好きなんですよね(汗)
でも、Hシーンだとそういう顔ではなくて、ちょっと恥じらいの表情が浮かぶというギャップも良い感じですね♪
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど

まぁ、どの娘もそれぞれ魅力的ですけどね。
各章だけでは、物足りなさもあっただけに、欲を言えばもう少し見たかったですね、それぞれの姿を。

挿絵数:28枚

総評


全体的には、コミカルで緩い雰囲気で展開される作品でしたね。
…結構、許可証云々については酷いことやっている気はしますが、この時代ゆえの感覚なのかな(汗)
まぁ、最終的にはHに否定的ではなくなったので、結果OKって事で…(汗)

ストーリーに関しては、今作では上記にもある様に終盤近くは乃愛をメインとした展開になります。
多分、原作版では各キャラのルートがあるんでしょうけども、他のキャラがどんな感じの話になるか気になりますねぇ。

またこの手の作品では仕方ない事ですが、メインの乃愛の話になると、途端に他の女性陣の存在が消えます(汗)
それまでが何だかんだキャラが多くて、賑やかな印象だっただけに、何となく寂しさも感じるんですよねぇ…。
まぁ、その分を乃愛との行為と、その後の彼女との話がある訳ですが、それも少し駆け足気味に感じたのは物足りなさがあったかな。

ヒロイン6人分、H消化して、最後メインヒロインだから、どうしてもページ的に難しいのは分かるんですけどね(汗)
まぁ、そこは原作版で補うしかないでしょうね。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
ぜったい遵守☆にゅ〜こづくりわーるど

Amazon版 電子書籍
ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
ぜったい遵守☆にゅ〜こづくりわーるど

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事