処刑姫リーゼロッテ (美少女文庫)
わかつき ひかる
フランス書院

処刑姫リーゼロッテ (美少女文庫)
10月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「リーゼロッテ」は、デュボア王家の血筋を引いている姫騎士です。
しかし、彼女の人生はある日を境に大きく変化する事に…。

自身の部下の副官だった男が、突如革命を起こし、王家を転覆させる事態となったのです。
そして、リーゼロッテもまた囚われの身になってしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • リーゼロッテ
がいます。

リーゼロッテは、デュボア王家の血筋を引いている姫騎士です。
王族ですが、騎士として腕を磨き、その力量はかなりのものです。
王族ゆえの高貴さ、美しさを持ち合わせており、凛々しい言動をしていますが、一方で人心に疎い面も。

ストーリー展開


展開的には、王族であるリーゼロッテが囚われの身になってしまう流れですね。

王家がリーゼロッテの部下だった男による革命で、国王ら含め王族全員が処刑される事態になったんですね。
王族全員…、いや正確にはリーゼロッテだけが何とか一度は脱出し、無事でした。

一度は脱出した彼女は、自身を裏切り、王家を裏切った部下を処刑しようと再び戻ったのですが、逆に返り討ちに…。
部下だった男、「リチャード」にも、リーゼロッテが必要でした。

王家の人間のみが知っている、帝笏(ていしゃく)の所在を聞き出す必要があったのです。
この国では、王位を継承する際に帝笏が必要不可欠となっており、これがなければリチャードが王として認められないんですね。
そして、リーゼロッテ以外の王族を処刑した事で、ありかを知るのはリーゼロッテのみ。

リチャードが王になるためには、どうあっても帝笏のありかを聞き出す必要があるものの、リーゼロッテは心当たりはありませんでした。
当然、そんな彼女の話を鵜呑みする訳ありませんよね、リチャードとしたら。
そこで拷問という手段に出るのですが、リーゼロッテはそれに屈する事はありませんでした。

まぁ、そもそも所在知らないしね、屈するも何も(汗)

しかし、リチャード側からしたら、王家を排除した今、いつまでも王位継承を先送りにはできません。
そこで拷問の物理的な痛みに訴えるのではなく、性的な拷問へとシフトする事にし、リーゼロッテを辱める事になる流れですね。


そこにはお互いの思惑が交差しているんですね。
帝笏の存在が不明のままで、王位を継承するにはリーゼロッテを妊娠させ、結婚という形がありました。
そして、リーゼロッテとしたら、妊娠する前にリチャードの隙を見つけ、殺せるかという、互いの思惑…。

こうして、リーゼロッテは好きでもない相手との行為を受け入れ、復讐の時をうかがう流れですね。

しかし、わかつき作品のファンタジー系は、この手の亡国の王女的な娘が多い様な気がしますねぇ(汗)

Hシーン


Hシーンは、リーゼロッテの行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
その他の要素では、小道具を使用する展開も一部ありましたね。

リーゼロッテは、本来の王位継承権は序列が低いものの、王族ですから、男性経験はありません。
そもそも、今でこそ剣を握っているものの、序列が低いため、いずれはどこかの王家のために有力者に嫁ぐであろう存在ですからねぇ。

そんな彼女に、リチャードは元々娼婦用で用いる、魔法で生み出された虫をリーゼロッテに植え付け、強制的に身体を急速に淫らに作り替えていく事に。
虫の挿絵がなかったのは救いでしたねぇ、あったら相当エグかったでしょう、これ(汗)
この虫の効果もあり、リーゼロッテの肉体は一気に女性として開花していく事になりますね。

まぁ、当然こんな虫まで使っているリチャードが、行為でリーゼロッテを気遣う訳はありませんよね(汗)
アナルを開発したりと、王族である彼女のプライドを削いでいく様な行いで、彼女を追い詰めようとする訳ですね。
それでも、復讐心を滾らすリーゼロッテとしては、強い意志で何とか耐え忍ぶ事になり、結果、行為もより激しくなると(汗)
でも、一方でそんな彼女の姿は、リチャードに強い印象を与える事にも。

どんなに汚し、辱めても、根本的な彼女が持つ気品、高貴さなどは損なわれてはいないんですね。
逆に、余計に彼女の生まれ持った王族という存在を再認識する事に…。
これは、下級貴族であるリチャードには決して持てない資質でもある事が、彼女への行為へ激しさとなって出て来ているのが印象的ですね。

うるし原智志さんの描くリーゼロッテだから、猶更に精液まみれでも綺麗に感じますよねぇ。


そんな奇妙な関係が続く中で、少しづつ両者の関係も変化が生じてくる様に。
まぁ、嫌いでもこれだけ関係を持ち、一緒に行動していれば、互いの印象も変わっていきますもんね。
元々、一緒に騎士として行動してきた訳ですが、それで相手の全てを知っている訳もないですからねぇ。
リーゼロッテも、王族ゆえの感覚で部下らに接して、知らず知らずのうちにやらかしている面もありますからね(汗)

こういった理解を経て、互いの関係は当初の思惑とは違う形へとまとまっていく事になる訳ですが、それでも行為は若干調教色のある展開ばかりってのが、彼女たちらしい形になっていますね(汗)


ちなみに、作中では悪夢という形で、要所要所でバッドエンド的な展開が描かれています。
こちらでは、悪夢によってはリチャード以外の男たちに凌辱されているリーゼロッテの姿などがありますね。
ページも黒く縁取られており、明らかに本筋とは別展開であるのが分かるだけに、そんなに嫌悪感を抱かない作りになっているのは良いですね。
内容も、そんなエグくないですし、苦手な人でも大丈夫かと思います。

それでも苦手なら、黒い縁取られたページを読み飛ばせばOKですかね(汗)

挿絵


挿絵は「うるし原智志」さんが手がけています。
この組み合わせも、もうすっかり定着してきた感がありますね♪

こういったヒロイン(王族)には、もうぴったり過ぎる人選ですな。
この人の描く女性は、基本キラッキラ輝いているから、高貴な王族とかがドハマりですからね(汗)

表紙絵では、姫騎士として戦っていた兜姿が、作中では主に悪夢での凌辱時に着用した状態として描かれています。
普段の行為時では兜はかぶってませんよ、ベッドの上であれだと邪魔だし(汗)
まぁ、凌辱時だと彼女の騎士としての象徴でもあろう兜を精液で汚すとか、見栄えもあるでしょうから、必要になるんでしょうけども。
…しかし、ヴァルキリーみたいな兜ですね、羽付いているし(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、いつも通り安定のクオリティでしたねぇ。
そういう意味では、従来の作品との差、違いはそんなになかったかなとは思いましたが(汗)

どうしてもヒロインの立ち位置とか展開が幾分似ているんですよね、過去作と。
なので、新鮮味、インパクトという点では正直控えめになってしまいますね。
まぁ、わかつき作品のヒロインって、ちょっと気位が高い様な娘も結構いるだけに、今更な話かも(汗)

そういう娘が好きな人には、余計に楽しめるかなとは思いますけどね。
あ、タイトル程重苦しい話ではないので、比較的読みやすい作品に仕上がっていると思いますよ。
あっても虫くらいかなぁ、ちょっとアレなのは…、絵が一切ないのが救いですね(汗)

Amazon版 電子書籍
処刑姫リーゼロッテ (美少女文庫)

DMM 電子書籍
処刑姫リーゼロッテ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事