オカされ上手の河合さん (美少女文庫)
ほんじょう 山羊
フランス書院

オカされ上手の河合さん (美少女文庫)
9月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の男子学生です。
そんな彼は、こっそりHな要素のある漫画を本屋で買ったのですが、そこをクラスの人気者の「春香」(はるか)に目撃されてしまう事に…。
以降、主人公は春香から事あるごとにHなからかいを仕掛けられて、思春期の理性は崩壊寸前となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 河合 春香」(かわい はるか)
がいます。

春香は、主人公のクラスメートです。
可愛らしい顔立ちにナイスボディの持ち主で、男子からの人気が高い存在でもあります。
明るく小悪魔的な茶目っ気のある性格をしています。

ストーリー展開


展開的には、主人公がHな弱みを春香に握られてしまい、理性が飛ぶこととなる流れですね。
…自分で何を言っているのか分からない(汗)

順序立てて説明すると、主人公は本屋にHな要素のある漫画を買いに行った訳ですよ。
購入し終わった主人公は、そこで初めて本屋に春香がいる事に気づいたんですね。

声をかけてきた訳でもなく、遠目だったけども、もしかしたら何を買ったのか知られてしまったのではないか?と不安がる主人公。

学校での主人公は、Hな事に興味なさそうな真面目なキャラとして認識されている所があるんですね。
それゆえに、もし彼女がクラスでHな漫画買っていたなんてバラされたら…と(汗)

まぁ、まだ春香に中身を知られたとも言えない訳で、取り越し苦労だと思った矢先…。
春香から見せられたのは、彼女のスマホ画面。

そこには、本屋で主人公が購入した本の表紙がしっかりと…。
そう、春香に何を買っていたのかバレバレだったのです(汗)

そして、春香に放課後呼び出され、色々と質問攻めに…、これはきついですな(汗)

その中で、春香は思いもよらぬエロ質問をして来る事になるんですね。
「自分の下着とか見たい?」とか、ド直球な問いかけをしてくるのだから、思春期な男子はたまりませんね(汗)

しかし、それは軽い方で、後日でも彼女からの刺激的な言葉は続く事に。
この時は、クラスのエロ男子たちの話題だったフェラ絡みで、私の口の中に入れてみたいと思わないかと言われてしまうんですね(汗)

もはや誘惑しているのと変わらない様な凄い台詞ですけども、主人公としては葛藤の嵐…。
入れたいと言えば、本当にしてくれるのか、いやいや、うかつにそんなこと言ったら本気にしたのかと笑われるのではないかという、相反する思いに板挟み(汗)
まぁ、特別これまで仲が良かった訳でもないし、騙されているんじゃないかと思うのは当然ですよね、話がうますぎて(汗)

そんな身動きの取れない主人公に向けられた、春香の言葉は辛辣なものだったのです。
その挑発的な言葉に、とうとう主人公の理性はプッツン!

プッツンした主人公は、怒りの感情のままに春香の口内にいきり立った肉棒を突き立てる暴挙に(汗)
予期せぬ主人公の逆襲に戸惑う春香をよそに、主人公は勢いのままに肉棒を強引にピストンし続け、口内発射までしてしまったのです。
射精して我に返った主人公は、顔面蒼白で土下座謝罪で許してもらう事に(汗)

しかし、何故かその後も春香は様々な方法で主人公を挑発してくる事となり、主人公はいけないと思いつつも、その挑発にプッツンし、Hな行為を重ねるという流れですね。

Hシーン


Hシーンは、春香との行為が描かれています。

行為的には、フェラや自慰、アナルセックス、パイズリなどがあります。
その他では、一部バイブなどの小道具を使用する展開もありましたね。

やはり今作の見所は、主人公のプッツンですね(汗)
まぁ、とにかくこの主人公は、春香のHな挑発行為に対してプッツンします(汗)
んで、その勢いのままに春香を押し倒したりして、Hな行為を強引にしちゃう訳ですねぇ。

ここまでで何となく察している人も多いかと思いますが…。
そう、春香はわざと主人公を挑発して、自分を襲わせようと誘導しているんですね。

実は彼女は、昔からMっ気があったんですね。
男性から無理やり滅茶苦茶にされたいという欲求があったのですが、それを叶える事は当然できませんでした。
しかし、あの書店で主人公を見かけた事で、状況に変化が…。

主人公の弱みを握り、言葉巧みに挑発で誘導して、主人公をプッツンさせ、自分を無茶苦茶にさせるという作戦に出た訳ですね(汗)
さすがに彼女すらも主人公がこうまで理性プッツンして、強引にSっ気でやってくるとは思わなかったのですが(汗)
まぁ、それも彼女にとっては嬉しい誤算でしたからね、むしろ予想以上の逸材だったと大喜びです♪

こうして、彼女は主人公を毎回の様に何かしらで挑発し、主人公を誘導する流れがパターン化しています。
正直、ワンパターン化し過ぎて、またなんでしょ?って思う程ですよ(汗)

主人公のプッツンも正直、序盤はまだ分からなくもない(やるのはまずいけども)気がしますが、途中からはもはやどこにスイッチがあるのか分からない様な所でプッツンする始末でこれからの日常生活を送れるのかと思うレベル(汗)
ある意味、DV男とかと変わりませんよね、プッツンしたら暴走して、我に返ると土下座謝罪とかって(汗)
まぁ、被害者?である春香がそれを望んでいるってのが、DVとの最大の違いかな、リアルだとそれでもアウトでしょうけども(汗)

行為中だけではないですけども、行為中でも度々主人公と春香視点でそれぞれ行為展開が描かれているので、それぞれの視点での違いが垣間見えるのは良かったですね。
ドMな彼女が内心では、主人公からの行為に大満足、大喜びであるのが良く分かりますね(汗)

時には彼女ですらもあまりの行為の激しさに、本気で恐怖を感じてしまう様な場面もあるんですが、暴走したドS主人公にはそんな彼女の姿などお構いなしにひたすらに責め抜いてきます。
まぁ、最終的には彼女もその強烈な行為に感じ入ってしまい、普段の姿とは想像のつかない様なはしたない姿をさらけ出しますけどね(汗)


終盤では、お腹が大きく多くなった状態でのHも描かれていますね。
相変わらず、ここでも主人公のプッツンは健在であり、彼女の身体を心配してHを我慢してたのに、挑発されて結局激しくH三昧っていう(汗)
まぁ、彼女はそっちの方がとても嬉しい様子ですけどね、幸せを噛みしめています(汗)

挿絵


挿絵は「ひなたもも」さんが手がけています。
美少女文庫では、お馴染みの方ですね♪

今作でも可愛らしく小悪魔的魅力を持つ春香を魅力的に描いていますね。
小悪魔的なんですけども、柔らかい雰囲気もあり、実はMっていう彼女のキャラクターがたまりませんね♪
プニっとした柔らかそうな肉感が、余計に興奮を煽りますね。

終盤では、お腹の大きくなった春香の姿も見れますね。
数年後らしいけども、お腹くらいしか違いが分からないですな(汗)

行為と一緒に、事後にSDキャラで描かれた主人公たちも可愛らしく良いですね♪
特に春香の小悪魔的魅力が表情に垣間見えますねぇ。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、若干ワンパターンな内容な作品でしたねぇ。
まぁ、春香の目的を考えれば、仕方ない事ではありますけどもちょっとマンネリですよね(汗)
それを分かっているのに、のせられる主人公も主人公ですが…。

個人的には、主人公のキャラが薄いというか、あんまり魅力なかったのが残念。
いとも簡単にプッツンし過ぎでしょう、こらえ性がないにも程がある(汗)
暴走してHして、我に返って土下座謝罪して、また暴走して~で、全く学ばない男だと(汗)

まぁ、作品のノリとしては、真面目な雰囲気ではないし、そんな馬鹿真面目に気にする必要もないですけどね。
ギャグというか、コミカルな要素として見ればいいだけですしね。

この主人公とヒロイン、どちらもお互いの存在が必要って事ですな、性癖的にも(汗)

Amazon版 電子書籍
オカされ上手の河合さん (美少女文庫)

DMM 電子書籍
オカされ上手の河合さん

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事