2017年5月発売のオトナ文庫のレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、大学受験に失敗した浪人生です。
今回予備校に通うため、兄の家に居候する事に。

そこで主人公は、兄不在の際に兄の妻である「遥佳」(はるか)と、関係を持ってしまう事に…。
その後も、周りの人妻たちと次々に関係を持ってしまう事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 篠田 遥佳」(しのだ はるか)
  • 二階堂 みなみ」(にかいどう)
  • 波多野 菜月」(はたの なつき)
  • 楠見 律子」(くすみ りつこ)
がいます。

遥佳は、主人公が居候する事となる兄の妻です。
しっかり者で面倒見がよい明るい性格の持ち主です。
主人公との関係も、弟の様な感覚に思っており、無防備な姿を晒す事もしばしば。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

みなみは、兄夫婦のご近所さんで、人妻です。
たまに遥佳の家にお邪魔して、談笑しています。
人見知りな性格で、少しそっけないクールな面を見せますが、打ち解けた相手には積極的な面を見せる様になります。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

菜月は、遥佳の妹で、彼女も人妻です。
姉同様に美人でスタイル抜群ですが、それ以上に自由奔放な性格をしており、享楽的な所があります。
主人公に迫って、からかう趣味があります。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

律子は、主人公の叔母にあたる女性です。
主人公は遥佳の家に居候になるまでは、彼女の家でお世話になっていた経緯があります。
主人公の事を溺愛しており、執着心があるのか、唯一の独身者でもあります。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

ストーリー展開


展開的には、主人公が人妻と関係を持ちまくる流れですね。
…凄いザックリとし過ぎですね(汗)

元々、主人公は大学受験で失敗してしまい、浪人生の立場となっています。
予備校に通う事となったのですが、叔母の律子の家からは通うのが中々大変な距離だったため、兄夫婦の遥佳たちの家に居候し、そこから通う事となったのです。
内心、主人公としては勉強もですが、憧れの存在である遥佳と一緒の生活って事も嬉しい要素でした。

そんな楽しみな新生活が始まって、しばらくの時間が経過すると、困った悩みも。

遥佳は、昔からお互い知っている関係でもあり、弟の様に思われているせいか、次第に彼女の気が緩んできた所があるんですね。
それこそ、風呂上りにバスタオル一枚で出入りしたりと、主人公の存在を良い意味で気にしなくなっていった訳ですね。
それ自体は、嬉しい事でもありますが、興奮した気持ちを持て余す結果となり、勉強に身が入らなく…(汗)

気軽に自慰も出来ませんしねぇ、居候の身では(汗)

そんな中、遊びに来てた遥佳の妹である菜月に過激なスキンシップをされ、思わず股間が大きく…。
享楽的な彼女は、そんな反応してしまった主人公を構わず、手コキで射精させてしまう事となり、余計に悶々とする羽目に(汗)

その後、更にお酒の入った遥佳とも関係を持ってしまう事に…。
彼女は、お酒が入ると結構性格が大胆になるというか、ギャップがあるんですよね(汗)
その流れから、Hな行為が始まり…、遂には関係までも持ってしまった訳ですね。

これをきっかけにしてという訳ではないのですが、その後も他の女性陣と関係を持ち出す事となっていく流れになっていますね。

…そんなに、この主人公は年上の女性の何かを刺激する何かがあるんですかね? 母性本能?(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、素股、アナルセックスなどがあります。

やはり見所は、全ヒロインが主人公よりも年上である所でしょうか。
人妻ってのも挙げようかと思ったんですが、叔母の律子は唯一独身だったので(汗)
でも、大半のヒロインが人妻ってのも大きな特徴ですけどね♪

年上なヒロインたちゆえに、可愛らしくも母性的な包容力のある雰囲気が出ていましたね。
やはり、これは同学年とかのヒロインでは中々出せない味なだけに、印象的ですね。
母性的なんて言うと、甘えさせてもらうとかの甘々な展開をイメージするかもしれませんが、正直そこまでそういうのはないですね。

過剰な甘々さは、控えめになっており、変にクドさはないので、読みやすいかと思います。
逆にそっち方面を期待してた人には、少し物足りないかもしれませんけどね(汗)

年上のヒロインばかりですが、全員が全員経験豊富って訳でもないので、人によっては初々しい反応を見せる人も。
逆に手慣れている感じの人もいたりと、主導権を握ったり、握られたりといった形がそれぞれあるのも個性があって良いですね。
リードしたり、リードされたり…、どっちの女性のタイプもそれぞれ魅力的です♪
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

また相手が大半、人妻って事で、ちょっと寝取り的な要素も考えるかもしれませんが、正直そこもあんまりないですね。
何故かと言うと、女性陣の夫ですけども、遥佳の夫である主人公の兄ですら殆ど登場しない有様で、他のヒロインの夫に至っては一切作中に出てきません。
なので、正直あんまりヒロインたちを人妻って感じる面はかなりなかったと思いますので、寝取る感覚にもならないってのが正直な所ですね。

タイトルにメス堕ちみたいな、ちょっと過激なネーミングしてますが、かなり柔らかい雰囲気で重さは一切ないですので、ご安心を。

作品の構成、展開的に仕方なかったのかもしれませんが、複数ヒロインでの行為は殆どなかったですね。
まぁ、皆に秘密にするもんなぁ、言える訳ないし(汗)
なので、ハーレム的な全員で~みたいな展開は、原作版にはあるのか分かりませんけども、ノベル版に関してはなかったですね。

唯一、遥佳と菜月の姉妹だけ、ふたり一緒での行為がありましたけどね。
性格も正反対な彼女たち姉妹の異なる魅力が垣間見えるやり取りなどは、見所の一つでもありますね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像が使われていますね。
原画担当は「相川亜利砂」さん、「薦田ロボ」さん、「リャオ」さんが手がけています。

どの女性も可愛らしさと、年上の女性の色気を併せ持ったキャラデザインが魅力的ですね。

個人的には、結構肉棒の表現とかが存在感あって良かったですね。
肉棒だけではないんですが、結構パキッとした色使いだったりで、女性の身体も肉感的な描写がされているので、健康的なHさを感じられるのが良いですねぇ♪
こういうはっきりとした表現は、よりガツンと視覚的にも刺激があるので、印象が強いですよね。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

汁気描写も、結構濃いめな仕上がりで射精されて、全身を精液まみれになっているシーンはいやらしさと色気を感じましたね。
でも、ヒロインによって汁気の描写が違うので、原画担当の方の違いもあるのかな?

担当のひとりである相川亜利砂さんのキャラは、遥佳、菜月らしいですが、このふたりの汁気(精液)描写は結構濃くて自分好みでしたね。
…そのため、このふたりの時だけ、主人公は他のヒロインよりも大量に精液出している様な気がしますねぇ(汗)

挿絵数:26枚

総評


全体的には、タイトルのメス堕ちって表現の印象とは違って、割と穏やかな雰囲気の話でしたねぇ。
まぁ、明るい寝取りハーレムって帯にもありましたしね(汗)

実際、陰鬱とした重さは皆無で穏やかな雰囲気の中で関係を持つので、間違ってはいないですかね。
なので、苦手な人でも読みやすい仕上がりになっているので、年上ヒロインが好みならば十分楽しめると思いますよ♪

Amazon版 電子書籍
メス堕ち!魅惑の人妻ライフ ~年上妻たちとのいちゃらぶ汁だく性活~ (オトナ文庫)

DMM 電子書籍
メス堕ち!魅惑の人妻ライフ 〜年上妻たちとのいちゃらぶ汁だく性活〜

DMM 原作PC版ダウンロード
メス堕ち!魅惑の人妻ライフ 〜年上妻たちとのいちゃらぶ汁だく性活〜 DL版【電動オナホール対応】

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事