性感淫魔エステ2 種付けリフレはじめました (二次元ドリーム文庫)
高岡智空
キルタイムコミュニケーション (2017-08-30)

性感淫魔エステ2 種付けリフレはじめました (二次元ドリーム文庫)
8月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

前作から丸2年ぶりの続編作品ですね。
…そんなに経過していたんですねぇ(汗)

前作から時間が経過しているので、序盤にこれまでに何があったのか経緯が描かれています。
そのため、前作を知らなくてもある程度、物語などを把握できる様にはなっていますので、ご安心を。

前作のレビューは、こちらから
二次元ドリーム文庫 性感淫魔エステ 搾精コースはじめました レビュー

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 佐久馬 カレン」(さくま)
  • 佐久馬 ルミナ」(さくま)
  • ルカ
  • 赤名めぐり」(あかな)
がいます。

カレンは、エステティックサロンに勤めるエステティシャンです。
肉感的な容姿と慈愛に満ちた穏やかな雰囲気を持っています。

ルミナは、同じくエステ店に勤めている、カレンの娘です。
小柄で幼さを感じさせる容姿で、無邪気で子供っぽい性格の持ち主でもあります。

ルカは、主人公が新しく住む事となった屋敷で働くメイドです。
主人公の世話はしっかりやっているものの、ジト目に毒舌三昧で皮肉屋という性格をしています(汗)

めぐりは、名門の家の出のお嬢様です。
現在は、家の方針に反対して、家出中です(汗)
小悪魔的な性格の持ち主でもあります。

その他、キャラ紹介ページには、主人公の幼なじみの「須藤 珠理」(すどう じゅり)もいますが、出てきません(汗)

ストーリー展開


展開的には、主人公がエロい事しまくるって流れですね(汗)
…これじゃ分かりませんね(汗)

そもそも、前作では主人公がとあるエステ店に行った事から数奇な運命になる話でした。
ザックリ説明すると、そこは人間がやっているのではなくて、淫魔によるエステ店経営だったんですね(汗)
淫魔は、人の精がなければ生きていけない存在であり、人と敵対する事を望まず、それゆえにこっそりと精気を頂くためにエステ店をやってたという何とも回りくどい手段を取っていたんですね。

そこで主人公は、珍しく強力な精の持ち主であり、淫魔たちにモテモテに。
まぁ、本命であるはずの幼なじみの珠理には嫌われるという皮肉な結果だった訳ですが(汗)

こうして、主人公は淫魔の女性陣にモテモテでH三昧な日々を送っていた流れですね。


そして、今作ではカレンから依頼を受ける事に。
彼女によると、赤名家のお嬢様であるめぐりが家出をしているので、見つけ出して欲しいというものでした。

彼女の存在が、淫魔たちの危機を救う希望になると言うんですね。
元々、淫魔たちの精不足は危機的な状況だったんですね、それこそ人間界にエステ店経営するくらいですもの(汗)
そして、精不足だけではなく、一番の問題は少子化だったんですね。

細かい説明は省きますが、ただ淫魔に中出しすれば良いって訳ではないんですね、淫魔の場合は。
それゆえに、結構妊娠するまでには人間よりもハードルが高く、深刻な少子化に陥っている現状があったのです。

赤名家のお嬢様を見つける事は、結果としてその問題を解決する一助になる可能性があるという事で、めぐりを捜す事になると。
まぁ、首尾よくあっさりめぐりを見つける事に成功した主人公は、話の流れで彼女とエロエロ行為をしていく事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、めぐり、ルカ、カレンとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、手コキなどがあります。
その他の要素では、主に触手などによる責めでしょうか。

今作の見所は、やはり人間のヒロインではなく淫魔である点でしょう。
今作の新ヒロインである、めぐり、ルカも当然人間ではなく、淫魔なので、人ではありえない様な行為展開がある訳ですね。

前作のヒロインであるカレンたちも、人間ではなく淫魔な訳ですが、そこまで人外感はなかったんですね。
勿論、全く人間と同じではなく翼だったり尻尾だったりなど身体的にも違いはありましたが、それでもそこまで違和感はなかったと思います。
ですが、今作のヒロインであるめぐり、ルカは触手的な要素を持ち合わせているヒロインなので、溢れる人外感が(汗)

ルカは、触手がある淫魔なんですね。
触手って言っても、よくある?様なつるっとした触手ではなくて、タコとかみたいな吸盤のあるタイプです(汗)
でも下半身は普通なんですよね、どこから触手が生えてくるのかが良く分からないけども…。

めぐりは、正確には触手ではなくて、舌です。
彼女の舌は、凄い長さまで伸びるという特性があり、まるで触手の様に使えるんですね。
ちなみに、彼女の名前は赤名めぐりなんですが、あかなめぐり、あかなめって事なんですね。
だから舌があんなに長い訳ですね、納得(汗)

…どうでもいい事なんですが、個人的に〇太郎のあかなめのデザインが子供の頃は一番怖くてトラウマでした(汗)
めぐりくらい可愛かったら良かったんですけどねぇ…。

話戻って、あかなめって事なので、その長い舌を活かしたプレイが彼女の特徴となっています。
それこそ全身舐めまくりで、アナルまでも綺麗に舐められてしまうという展開は、男としては気持ち良いやら気恥ずかしいやらで複雑ですね(汗)
触手の様に、主人公の全身を舌で拘束したりなどの人間では不可能な行為も行ったりと、人外全開(汗)

なので、見た目のインパクトではルカよりも圧倒的にめぐりですね。
まぁ、ルカも触手を主人公のアナルに突っ込んだりとアナルを刺激したりと活用していましたけどね。

後は、前作でもそうだったのですが、主人公の性癖ですね。
とにかくこの主人公はドMなんですね(汗)
だから、女性陣はそっちの方が主人公が喜ぶと理解して、主人公を責め立ててくるんですね。

その方がより興奮して、濃い精液を放つから焦らして焦らしてくる訳ですよ(汗)

淫魔なので、相手は主人公よりも圧倒的に年上な訳ですけども、ルカなんて一番若く見える容姿なのに、そんな娘から毒舌で「困った早漏ご主人様」などと言葉責めで射精させられる事になるというシチュエーションが多く見られますね。
そんな状況にも主人公は、情けなさや恥ずかしさを感じつつも股間は更に熱をもって、いきり立つ訳ですから…ね(汗)

殆ど、どのヒロイン相手でもこの構図は基本変わらないので、この手の展開、シチュエーションが好みじゃない人はきついかもしれませんね(汗)
まぁ、ルカは終盤になるとデレる様になって、結構印象が変わりますけどね。
彼女も結構分かりやすくて、序盤から他の女性陣の名前を出すと嫉妬したりするなど、可愛らしい所がありましたしね♪

終盤では、ハーレム展開が…と言いたいですが、ないです(汗)
今作はほぼ1対1での行為となっているので、ふたり同時とかはないんですね。

残念だったのは、前作組のヒロインがほぼ出番なしって所ですね。
唯一、カレンがほんの少しあっただけで、カレンの娘のルミナはHどころか顔見せだけの扱いに…。
好きなはずの幼なじみの珠理は、夢の中の妄想だけの登場で、作中には一切出ない有様、本当に好きなの?(汗)

正直、ここまで前作組が出て来ないと思ってなかったので、ビックリでしたねぇ…。

あ、肝心のエステ要素ですが、殆どないです(汗)
もはや舞台はエステ店の中ではなくなってしまっているので、オマケ感が凄いです。
コンセプトがブレブレになってきている気がするのが、気になります。

挿絵


挿絵は「草上明」さんが手がけています。
前作挿絵でもお馴染みですね。
作品によっては時間が経過し過ぎると、たまに担当絵師さんが変わるケースもありますが、今作では大丈夫でしたね(汗)

相変わらず、柔らかく淡い描線ながらいやらしいヒロインたちを描いていますね♪
今作は、触手率の高めな内容でしたが、この絵柄なので、そこまで嫌悪感を感じる事はなく、見る事ができました。
…さすがに舌で全身がんじがらめみたいなシーンは、興奮しなかったですが(汗)

ほぼ新規ヒロインのふたりがメインの構成なので、ルカとめぐりのHな姿を堪能できるのは、嬉しい反面、前作組ももう少し見たかったですねぇ。
まぁ、出番も殆どなかったのだから挿絵が沢山ある訳もないか(汗)

挿絵数:12枚

総評


全体的には、言い方は良くないんでしょうけども、続編物としては色々と残念な出来かな(汗)
単純に前作から時間が経過し過ぎましたかね、やはりどうしても盛り上がった作品の熱は冷めちゃいますよね。

後、作品の方向性が良く分からないというか…。
前作もあんまりエステである必要性は、微妙ではありましたが、今作はより輪をかけてというか。
勿論、全くエステ要素がない訳ではないのですが、何かオマケ程度という印象は否めないかと(汗)

何となくまだ続きそうな感じもするんですが、今後どーなるんですかね?
前作のヒロインたちの存在もかなり薄く、物語も番外編みたいな話を見せられた感じがありましたしね。
幼なじみの珠理に関しても、もはや蚊帳の外の扱いで、もう主人公の心にないでしょう(汗)

それに前作、今作と何も見せ場も進展もなかった彼女を、仮に続編で仲を進展させたとしても、今更感が半端ないしね…。
正直、この作品ってシリーズ化する様な類いの作品ではないと思うんですけどねぇ(汗)

Amazon版 電子書籍
性感淫魔エステ2 種付けリフレはじめました (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
性感淫魔エステ 搾精コースはじめました

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事