6月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公の家は、家族経営で喫茶店をやっていますが、最近の経営状況は芳しくありませんでした。
そこで対策で打ち出したのが、何とコスプレ喫茶というものでした(汗)

妹の「紗良」(さら)と、母親の「佐都美」(さとみ)による、コスプレ姿での接客が功を奏し、客足は少しづつ戻って来る事となる一方で、主人公はふたりのコスプレ姿につい、ムラムラと興奮してしまう事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 岩上 佐都美」(いわがみ さとみ)
  • 岩上 紗良」(いわがみ さら)
がいます。

佐都美は、主人公たちの母親です。
見た目は、ふたりの子供がいるとは思えぬ程の若々しい容姿をしています。
おっとり穏やかでちょっと天然系な性格の持ち主でもあります。
主人公を溺愛しています。
おっぱいカフェ 母娘でコスちち

紗良は、主人公の妹です。
少し引っ込み思案でおどおどとした態度を見せる、寡黙な娘です。
兄である主人公の事が大好きですが、鈍感なので気づかれていません(汗)
おっぱいカフェ 母娘でコスちち

ストーリー展開


展開的には、主人公の家の喫茶店で女性陣がコスプレ喫茶をして、ムラムラする流れですね。
…身も蓋もない(汗)

主人公の家は、元々家族経営で小さな喫茶店を営んでいた訳ですが、最近の客入りが芳しくなかったんですね。
その原因は、近所にライバルとなる店が色々相次いで出店したってのが大きなものでした。

そこで主人公の父親は、対抗策として、コスプレ喫茶を考えたのです。
しかも、結構Hな衣装を用意してくるんだから、この父親もどっかおかしいですよね(汗)
自分の妻と娘に、そんな恰好をさせようってんだから。

意外とノリノリな母、佐都美。
人見知りで抵抗のある妹、紗良。

両極端なふたりでしたが、何とかコスプレ喫茶として営業を始める事になり、現金なもので、ちょっとHなコスプレ姿になってから、客足が戻りだしてきたのです。
それ自体は歓迎する主人公でしたが、別の悩みが…。

それは、子供がふたりもいるとは思えぬ若々しさを持った、ナイスボディな佐都美のちょっとHなコスプレ姿。
早い話が、彼女の姿に興奮を覚えてしまった訳ですねぇ(汗)
おっぱいカフェ 母娘でコスちち

…困った事に、主人公は開幕2ページ目に母親でたまに自慰していると明かしていますからね(汗)

そして、興奮してしまった主人公は、つい佐都美の巨乳を掴んで揉みまくる暴挙に(汗)

しかし、佐都美の反応は胸を揉んだ事を怒るのではなく、優しく丁寧にと叱ったのでした。
こうして、主人公は母、佐都美と関係を持ってしまう事となり、前から主人公を好きな妹、紗良も参戦する事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、パイズリやフェラ、手コキ、素股、脇コキなどがあります。
その他にはローターなどの小道具を使う展開も一部ありますね。

やはり何といっても、コスプレ要素が今作最大の見所でしょうか。
あ、おっぱいもか(汗)

コスプレ喫茶を行うので、当然様々なコスチューム姿に女性陣はなります♪

コスプレ例として…。
「極小タンクトップ&超ミニスカート」
「ファミレスのウェイトレス」
「民族衣装っぽい姿」
「私服」
「学校制服」
「サキュバス」
「ホルスタイン水着」
「スク水」などと多岐に渡ります。

…まぁ、私服はコスプレじゃないけども(汗)

かなり、初回の行為までの経緯が早い(上記にある様に胸揉む、アレの事です)んですが、本番行為まではしばらくかかります。
大体、物語中盤程度までは、本番行為はなく、パイズリなどでの射精展開がメインとなりますね。

中盤辺りで、本番行為が解禁になると、一気に中出ししまくる展開になりますね(汗)
我慢していた反動のごとく、かなり積極的に女性陣から迫ってくる事にもなりますね。
勿論、他にもパイズリなどの展開もまだありますので、ご安心を。


個人的には、母親の佐都美の印象が強かったですね、紗良には悪いけども(汗)
やはりあの見た目の若々しさは、反則物ですねぇ。
母というインパクトも相まって、破壊力がありますからね。

中でも、個人的に印象的なのは、制服姿での佐都美との展開ですね。
年上である彼女が、ちょっと制服娘になりきって、主人公を先輩呼びするってシチュエーションは中々そそるものがありましたね。
紗良だと、制服姿ってのはある意味、意外性は感じませんからねぇ、可愛いけども(汗)
おっぱいカフェ 母娘でコスちち

まぁ、そのシーン自体はそんなにボリュームないんですけども、この中では唯一なシチュエーションだったので、ある意味見所かなと。

でも、佐都美は人によっては、若々しすぎるゆえに母親ってより姉に近い感じに見える、感じる人もいるかもしれませんね。
そこら辺で人によっては、受ける印象が違う可能性はあるかな?
おっぱいカフェ 母娘でコスちち

紗良だと、サキュバスの衣装姿が印象的でしょうか。
何かこれの場面は、ある意味夢オチ的な扱いみたいになっているのが、ちょっと謎ですが(汗)
主人公の寝ている所を、Hなサキュバスが精液を搾り取りに来るシチュエーションですね。

これは、残念な事に紗良だけで佐都美にはありません。

後は、ホルスタインの水着ですね、牛柄の。
もうここまで来ると、コスプレ喫茶を越えて、いかがわしい店に近いグレーな領域に行っている様な気もしますね(汗)
だって、零れ落ちそうな巨乳をビキニ姿でゆさゆささせながら、接客するんですから、興奮しない訳がありません♪

主人公もしんぼうたまらなくなって、佐都美の胸からミルクを絞っちゃう事に♪
彼女は妊娠していなくても、母乳が出ちゃう体質なので、ある意味ピッタリな衣装ですね。

対して紗良は、佐都美ほどの胸はないですが、また違う魅力がありますよね。
ちょっと控えめでオドオドしつつも、大好きな主人公に喜んでもらおうと、熱心に行為に耽る姿はいじらしいですね♪

終盤近くになると、それまで個々での行為だったのが、ふたり一緒になっての行為になりますね。
佐都美との行為中に横から、佐都美の乳首に紗良が吸い付く展開などもあり、思った以上に抵抗なく行為に入り込んでいるのが垣間見えますね。
最初からお互い関係を持ったって知ってもそんなにショックではなかったりと、仲の良さを見せていましたからねぇ。
でも、後でバイトの娘たちが入った時は、ふたりとも嫉妬丸出しだったので、親娘ゆえに問題なかったって事なんでしょうね(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「一河のあ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、原画担当の作品が多くノベライズ化しているので、お馴染みでしょうか。

色気よりも可愛らしさが強い絵柄だと思いますね。
それゆえに、佐都美も若々しいゆえに母親感は幾分控えめになっている可能性もありますね。
私も、幾分姉っぽさも感じたかな、母性って意味では申し分ないんですけどね。

紗良は、髪の毛であんまり表情が見えにくいデザインですね、個人的には好みです♪
まぁ、リアルだと表情見えないから怖いですが(汗)
中でも、好きな表情は、主人公の行為などで時々紗良がビックリ!って感じに目を大きく見開くんですが、あの表情が好きですね♪
おっぱいカフェ 母娘でコスちち おっぱいカフェ 母娘でコスちち

他にも、上記にあった様々なコスプレ姿も見所ですね♪
喫茶店の域を越えた衣装も中にはありますが…。

終盤では、妊娠してお腹の大きくなったふたりの姿も…。
色々、この後大丈夫なのかと思う展開ですねぇ(汗)

挿絵数:27枚

総評


全体的には、おっぱいもですがコスプレ姿も堪能できる作品でしたね。

地味に嬉しかったのは、コスプレ物らしく全裸での行為がなかった点ですね。

AVのコスプレ物って、最終的に結局全裸にしちゃって、せっかくの売りを消す作品も結構あるんですが、今作は何かしら着ている姿での行為ばかりなので、女性陣のコスプレ姿を堪能できる作品に仕上がっていますね。
まぁ、実写は二次元とは違い、色々制約(現実)があるのも分からなくもないですけどね(汗)

しかし、最終的に主人公の親父の立場がかなり悲しい事になっているけども、これで良いのかな…。
まぁ、自分からコスプレ喫茶を提案して、Hな衣装を用意してた張本人だけども、ある意味主人公に家族を寝取られた形だよね(汗)
そんな陰鬱な話ではないので、気楽に楽しめる作品に仕上がっていますけどね、父親以外は幸せって事で(汗)

原作PC版
おっぱいカフェ ~母娘でコスちち~
アンモライト (2017-04-28)


DMM 原作PC版ダウンロード
おっぱいカフェ 〜母娘でコスちち〜

Amazon版 電子書籍
おっぱいカフェ ~母娘でコスちち~ (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
おっぱいカフェ 〜母娘でコスちち〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ