転生したらエルフの王宮をハーレムにデキました! (美少女文庫)
5月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、エルフ好きな男子です。
そんな彼は、いきなり事故死してしまう事に(汗)
そして、気づけば異世界に大好きだったエルフとして転生する事になったのです。

エルフとして転生した主人公は成長し、特殊な回復魔法を習得する事となり、エルフの王宮でその力を使う事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • エミリア
  • ロゼッタ
  • クラリス
  • リエル
がいます。

エミリアは、エルフの国の王女です。
真面目で誰にでも優しい性格の持ち主で慕われています。
エルフでは珍しい強力な攻撃魔法の使い手でもあります。

ロゼッタは、エミリアの傍に仕える近衛騎士です。
幼い頃からエミリアの傍にいるので、お互いに親友の様な所があります。
勝気な性格で、突然現れた主人公に良い感情を抱いていません。

クラリスは、エミリアに仕えるメイドです。
基本、無表情に近い状態で言葉使いこそ丁寧ですが、主人公に対してはどこか毒を含んでいる節も(汗)
エミリアに対しては、強い感情を抱いています。

リエルは、ダークエルフの女性です。
エルフとは敵対関係にあるダークエルフなので、当然反抗的な態度を見せます。

ストーリー展開


展開的には、エルフに転生した主人公が特殊な回復魔法で大活躍って流れですね。

主人公は、冒頭1行目で既に車に跳ね飛ばされる事になり、いきなり絶命する事に(汗)
まぁ、それまでの主人公像など何も今後に必要じゃないから、すぐ殺させるんでしょうけども。

そんな主人公は、気づけば異世界にエルフとして転生する事に。
しかし、エルフのヒロインとイチャイチャする作品が好きなだけで、別に本人がエルフになりたかったのかは微妙な所ですが(汗)
って、最初主人公はエルフの女性として転生したのかと一瞬思ってしまいましたが、よく考えれば男もいるか(汗)

こうして、エルフとして転生した主人公は、エルフなのでかなりの年月を経て、成長。
その中で、ある事件をきっかけにして、主人公は特殊な回復魔法を使える様に。

何かエルフというのは、生まれ持った得意な魔法の分野がある様で、それを伸ばしていくみたいですね。
主人公はそれが回復魔法だった訳ですが、ただの回復魔法ではない特殊なものだったのです。


それから人間の感覚だと10年程度の月日が流れ、国王の誕生祭が行われる事となり、招待を受けた主人公も王都に向かう事に。
王都へ向かう主人公の脳裏には、ある女性の存在がありました。

それは、王女であるエミリア。
かつて幼い頃に出会った事があり、それがきっかけで主人公は回復魔法を習得した経緯などもあり、淡い感情を抱いていたんですね。
勿論、相手は王女なだけに立場が違いすぎる想いだと諦めてもいましたが。

しかし、王都へ向かった主人公を待ち受けていたのは、思いもしなかった出来事の数々だったのです。

ザックリ説明すると、このタイミングで敵対するダークエルフの大軍が王都に向かっていると。
これを退けられる戦力は、現状、強力な攻撃魔法を使用できる王女のエミリアだけなのですが、とある理由で彼女の魔力は枯渇気味…。

そんな国の一大事を救う事が出来るのは、回復魔法の使える主人公であり、名乗り出る事に。
しかし、その回復魔法を使うには、Hな行為をする必要があるという事で、王女であるエミリアにHな行為をする事となる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやアナルセックスなどがあります。
その他の要素では、一部小道具を使用する様な展開がありましたね。

やはり見所は、主人公の回復魔法を使うためにHするって流れでしょうか。
Hで回復って内容自体は、特別珍しい事ではないですけどね。

こうして主人公は、魔力が減っているエミリア相手に、Hな行為をして、魔力を回復させる訳ですね。
王女となんて、こういう理由でもなければ無理ですし、国の一大事だからこそってのが大きいですね(汗)

勿論、最初はエミリアもHをする事に困惑してたものの、話が本当だと信じて行為に応じる事に。
主人公としては、昔から淡い好意を抱いている相手に、国の一大事という大義名分があるとはいえ、Hする事ができる喜びはあるものの、この主人公は結構真面目なので、自分の感情を抑えていますけどね。

エミリアは、王女なので当然?男性経験はありません。
それだけに初めて異性に身体を愛撫されてしまい、動揺と同時に強い快感を味わう事になり、はしたない姿をさらしてしまう事に♪
まぁ、元々性欲がない娘ではなく、年頃な娘だけに人並の興味はあるんですよね、王女だからって言っても。

こうして、エミリアとの魔力回復のための行為が終わり、事態は解決と思いきや…、他の女性陣とも何だかんだ結果的にHをして関係を持っていく事になりますね。
…正直、全くない訳ではないんですが、以後の行為の半分くらいは魔力回復とか関係ない様な行為でしたね(汗)

後は、エミリアは比較的主人公に最初から好意的なヒロインですが、他のヒロインからの好感度は低めですね(汗)
王女のためにって考えのロゼッタ、クラリスは、いきなり現れた主人公がエミリアに近づくのを快く思わないでしょうしねぇ。
ダークエルフのリエルも、主人公だけでなく、エルフ全体を毛嫌いしているのを考えれば当然か(汗)

まぁ、その方が行為をきっかけにして主人公に惚れていくのが良く分かるので、これはこれでアリですけどね♪


ヒロインによって、プレイ内容に個人差があったのも特徴ですね。
ロゼッタは主にフェラ関係、クラリスはレズ(複数人数での行為)、リエルはアナル関係でしょうか。
勿論、それ以外の行為、本番もしているんですが、それぞれ行う展開には違いがあるのは確かですね。

ちょっと残念なのは、エミリアがメインヒロインってのは分かるものの、他のヒロインがどうしても出番が少なくて、印象に残らない所があったかな(汗)
メイドのクラリス、ダークエルフのリエル辺りは、Hシーンのあるメインパートでは目立つものの、そこだけなんですよね(汗)
特にリエルは、途中からようやく出て来るだけに、殆ど存在感が…。

唯一、ロゼッタは最初の頃から登場はしていましたし、どちらかと言えばツンデレ系な感じのヒロインなので、まだ印象に残りやすい方かとは思いますね。
からかい甲斐があると言うか、軽くいじめたくなる魅力がありますよね、実際主人公にされてたし(汗)


終盤では、全員を交えてのハーレム展開ですね。
どのヒロインも、はしたなく主人公を求めている様は壮観ですね♪
正直、ここのボリュームは、あまりなかったので、欲を言えばもっと皆との行為を見たかったですね(汗)

挿絵


挿絵は「ゆらん」さんが手がけています。
私は知らなかったんですが、帯を見ると人気絵師とありますね。
ちょっと調べてみましたが、色々ラノベの挿絵などを手掛けているみたいで、作品の中にはエルフの作品もあったりするので、そう意味でもバッチリな人選なのではないでしょうか。

柔らかく繊細な描線で描かれたヒロインたちは、可愛らしくて透明感を感じられて大変魅力的ですね♪

挿絵の行為描写では、可愛らしさも含みつつも、どちらかと言えば色気の増した印象がありましたね。
行為で顔を上気させ、普段見せない淫らな表情を見せるヒロインたちは、しっとりとして艶を感じさせてくれます♪

主人公もエルフだけども、口絵のカラーを見ると、若干肌が黒ずんでいる様な?
まぁ、女性陣の肌の白さを引き立たせるために、若干肌色がそうなっているんでしょうけども、ぱっと見ダークエルフか血色の悪いエルフに見えますね(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、異世界転生する必要性は、正直全く無かったなとは思いましたが、普通に楽しめる内容だったかと(汗)
別に前世の経験を活かすって場面も特になかったですしねぇ、とりあえず転生させた感が残念かな。

それを除けば、変に主人公が強い訳でもないですし、調子に乗らない分、個人的には好感を持って見る事ができた主人公でしたね。


後は、一部のヒロインたちの扱い、存在感が希薄になっているのがとても残念。
特にダークエルフのリエルが、全く話に活きてなかったのは勿体なかったですね、あれでは扱い的に出さなくて良いレベルですし…(汗)
ハーレム物なんですけども、珍しくヒロインによって扱いにちょっと差がある作品ですね。

そこら辺が気にならなければ、十分楽しめる作品に仕上がっているかと思います♪
エルフヒロインばっかなので、エルフ好きにも良いですね。

Amazon版 電子書籍
転生したらエルフの王宮をハーレムにデキました! (美少女文庫)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事