孕ませオナホ退魔騎士ユーディット (ぷちぱら文庫 252)
3月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、退魔士を養成する学園に所属しているものの、落ちこぼれの学生です。
そんな主人公の目下の楽しみは、同じ学園に所属する「精霊皇女」の異名を持つ、退魔騎士の「ユーディット」のHなボディを盗み見て自慰するくらいなものでした(汗)
しかし、そんな日々を過ごす中、突如学園を襲ってきた魔物の人質にされてしまう主人公。

ユーディットを凌辱する事を命令された主人公は、大喜びでユーディットの身体を貪る事になる展開です(汗)

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ユーディット
がいます。

ユーディットは、退魔騎士の家系に生まれた生粋の退魔騎士です。
更に退魔騎士の国の皇女でもあり、その強さ、美しさから精霊皇女なる異名を持っています。
真面目で誰にも優しい性格ですが、人生を退魔騎士として捧げており、色恋沙汰とは無縁でもあります。
孕ませオナホ退魔騎士ユーディット

ストーリー展開


展開的には、主人公が魔物に命じられて、ユーディットを凌辱する事を嬉々として行う流れですね。
…このメーカー安定のろくでなしですなぁ、主人公(汗)

これまたお約束で、主人公は退魔士の血筋ながらも、大した家柄でもなく、落ちこぼれな訳ですね。
そもそもが退魔士としての使命感など持ってはおらず、ただやっている様な自他共に認めるダメな奴だったのです。

そんな彼と、ユーディットは、正に対極にある存在。
精霊皇女などと呼ばれ称される彼女とは、接点もなく、雲の上の存在でした。
そんな主人公の唯一の楽しみと言えば、抜群のスタイルを持つユーディットの姿を見て、自慰する事という(汗)

しかし、そんなふたりが交わる事となる出来事が、その後待ち受けていたのです。

きっかけは、学園に突如現れた魔物たちの襲撃。
退魔士を養成している学園とは言え、大半は実戦経験もない生徒であり、奇襲でまともに対処できない学園。
主人公は、魔物のリーダー格に捕らわれてしまい、孤軍奮闘するユーディットは主人公を人質に取られ、抵抗出来ずに…。

自分は魔物に捕まっているのに、無抵抗となったユーディットの姿に思わず欲情する主人公(汗)
そんな強い性欲を察知した魔物から、主人公は彼女を凌辱しろと命じたのです。

この命令に、ろくでなしの主人公は大興奮(汗)
魔物に脅されて仕方なくやったという大義名分を得た主人公は、嬉々としてユーディットの身体に手を伸ばす事に。
そんな様に、ユーディットもゲスと罵る始末ですが、主人公はお構いなし(汗)

そのまま、欲望の赴くままに主人公は彼女の初めてを奪う事になるのですが、その後もやり続けて、すっかりユーディットは主人公にメロメロに(汗)
孕ませオナホ退魔騎士ユーディット
こうして、主人公はメロメロになった彼女を自分の物にし、隙を見せた魔物もユーディットに始末させ、事態を解決。
主人公は彼女を自分の所有物として、彼女を使い、功績を上げ、Hしまくるという流れですね。


内容としては、以前レビューした「最強の爆乳剣奴を肉オナホ孕ませしながら無双する退魔性活」に近いですかね。
あれは、ちょっとした勘違いで主人公に最強退魔士が惚れちゃって、主人公の手足として敵を倒しまくって、功績を上げるって内容でしたし。
まぁ、こっちは最初から惚れてた訳でもないですけどね、Hで落としただけで(汗)

Hシーン


Hシーンは、ユーディットとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

上記でも書いた様に、最初は主人公との行為など望んではいなかった彼女が、行為ですっかり落ちてしまい、メロメロになってしまう事になる訳ですね。
なので、いつも通りに落ちるまでの状態が、そこまでで終わりな訳です。
後は、ずっと最後までメロメロになってて、もう最初の精霊皇女なユーディットではなくなっていますからね(汗)

最初で最後の姿を、焼き付けてやってください(汗)
以後は、もう主人公の虜…、そんな言葉では表現できない心酔っぷりを見せてくれます。
主人公のために生き、主人公のために全てを捧げる…、そんな感じですね。
孕ませオナホ退魔騎士ユーディット

それだけに、主人公の命令は絶対服従とばかりに、嬉々として受け入れる事に…。
まぁ、アナルセックスの時は最初は抵抗があったのか、さすがに言葉を濁してましたが、それも最初の事。
結局は、肉棒を突っ込まれてよがる事になりますが(汗)

今作に限った事ではないですが、全体的に主人公のヒロインに対する扱いが雑です(汗)
まぁ、そんな扱いでも、ユーディットとしては主人公がこんな自分を扱ってくれているって感慨に変換される様なので、幸せそうですがね(汗)

ユーディットも、普段から注目されていた存在ゆえか、周りに衆人の目があっても気にしないハートの強さがありますね。
むしろ、嬉々として周りに対して声高らかに主人公との絆を見せつける様な言動もするくらいですからねぇ、隠語全開で(汗)
常人には理解できない関係性、世界がそこにはある訳ですな(汗)
孕ませオナホ退魔騎士ユーディット

それだけに、主人公もかなり激しく(変態的に)ユーディットを責め立てていく展開が多いですね。
並みの女性では、とても耐えられそうもない行為の数々も退魔騎士として優れている彼女なだけに耐えられるってにも大きいですね。
そんな彼女でも、時には感じまくって意識飛んじゃう事もありますしね(汗)

ヒロインが今作品、ユーディットひとりなだけに、それだけ濃厚なHシーンを独り占めしているので物足りなさはないでしょう。
むしろ、序盤から主人公に心酔するために、お腹いっぱいな程に見せつけてくれる結果となっていますので、多すぎるかも(汗)


後は、タイトルに孕ませというだけに中出し展開も多いですね。
でも、個人的には精液だけではなくて、尿まで膣内で注ぎ込んじゃう展開の方が印象に残っていますが(汗)
終盤では、ボテ腹での行為もありますが、挿絵的にはあまりお腹が目立たない体勢になっている事もあり、あんまり妊娠している感じがないかもしれませんね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「石井彰」さんが手がけています。
もうお馴染みですな、すっかり。

安定のクオリティーですね、各表情ともに(汗)
この人の描く、ヒロインは皆可愛らしいだけに、そこからのギャップが凄い訳ですが…。

表紙絵の様な戦いの際の恰好もHで良いですねぇ。
中には、学園の制服姿もあるんですが、何か軍服っぽい恰好もあるんですよね。
これが、また雰囲気が違っていて別の魅力がありますね♪
孕ませオナホ退魔騎士ユーディット

でも、普通のセーラー服みたいな制服もあるんですよね、2種類あるの?(汗)
こっちのは、あまり描かれていなかったので、もう少し見たかった気もしますね。

まぁ、やはり最大の見所は、いつものアヘ顔などの行為中の表情ですね。
普段の凛々しい表情とは、別人のように蕩けた表情やアヘ顔のユーディットの姿はギャップがありましたね。

ノベルにはなかったですが、原作にはメイド姿もあるみたいですね。
まぁ、変態エロメイドさんになってしまうんでしょうけども(汗)
孕ませオナホ退魔騎士ユーディット

挿絵数:24枚

総評


全体的には、従来の作品とあまり変わり映えのしない展開だったかな(汗)

序盤、早々に主人公に心酔するので、後は大体似たり寄ったりなH展開が続くのは仕方ない所でしょうか。
まぁ、そのマンネリ化は、他のシリーズでも同様なだけに、今更な感もありますけどね(汗)

それくらいお腹一杯に感じる程に、ユーディットとの行為が描かれているという事でもあります。
…これが普通の男女の行為であれば、また違うんでしょうけども、このふたりなので胸やけしそうです(汗)

ヒロインの見た目などが好みであれば、楽しめるのではないでしょうか。
え? 退魔士要素? あの恰好をするための様なもんですよ(汗)

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
孕ませオナホ退魔騎士ユーディット 〜地位能力血統全てを備えた完璧皇女オナ穴で性処理しながら俺TUEEE!!〜

Amazon版 電子書籍
孕ませオナホ退魔騎士ユーディット (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
孕ませオナホ退魔騎士ユーディット

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None