欲望特急 スレイブパーサー搾精捜査 (二次元ドリームノベルズ)
冬野ひつじ
キルタイムコミュニケーション (2017-03-24)

欲望特急 スレイブパーサー搾精捜査 (二次元ドリームノベルズ)
3月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「理緒」(りお)は、中央捜査局の捜査官です。
そんな彼女は、ある事件の犯人を追うために、豪華寝台列車のパーサーとして潜入捜査を行う事に。
しかし、理緒の最終目的は、ターゲットと関係を持ち、精液を採取する事だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 茨戸 理緒」(ばらと りお)
がいます。

理緒は、中央捜査局の捜査官です。
ある任務のために、豪華寝台列車のパーサーとして潜入捜査を行う事になります。

ストーリー展開


展開的には、捜査官である理緒が潜入捜査する流れですね。

とある事件の捜査のために、理緒は潜入捜査を命じられる事となった訳ですね。
その事件の容疑者と思われる存在は、これまでにも様々な悪事を働いているものの、証拠をつかむ事が出来ずにいました。
そんな中、彼女には犯人について、ある情報も…。

この件の人物が、理緒個人が探し求めている、ある事件の犯人のひとりである可能性があるというんですね。
理緒の母親は、彼女がまだ子供の頃に、集団の男たちに性的暴行され、その後亡くなった過去があり、理緒がこの仕事に就いているのも、まだ捕まらない犯人をこの手で逮捕するという目的のためってのが大きかった訳ですね。

自分が追っている犯人が、もしかしたら今回のターゲットである可能性が高い…。
理緒にとっては、千載一遇な好機でしたが、上司から聞かされた任務の内容を聞き、絶句する事に。

母親の暴行事件の犯人と今回のターゲットが同一人物である証拠が不可欠。
そのためには、母親の事件の際に残した男の体液…、精液と比較するために、今回のターゲットの精液を採取する事が必須条件だったのです。

それは、母親を暴行したと思われる相手と関係を持つ事を意味し、まだ男性経験のない理緒にとっては相当な任務でもありました。
しかし、理緒はこれを受け入れ、ターゲットが乗り込む、豪華寝台列車のパーサーとして潜入し、ターゲットに接触、性交渉を持ち掛け、精液を採取する展開ですね。
ちなみに、パーサーというのは、乗務員的な存在の事ですね。


二次元ドリームノベルズでは、今作みたいな潜入捜査官物って結構ありますけども、意外とこういう流れって珍しくないですか?
大体は、捜査官が潜入して捕まってHみたいな流れが殆どだと思うんですが、最初から精液目当てで潜入ってのは新鮮かなって。
…まぁ、そんな任務に経験のない理緒がやるってのが、もうね(汗)

Hシーン


Hシーンは、理緒の行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、アナルセックスなどがあります。
その他の要素では、バイブなどの小道具を使用する展開もありましたね。

やはり理緒が、未経験にも関わらず、目的のために精液を採取しようとするのが印象的ですね。
男性経験がないにも関わらず、自分から男に迫るという行為がどれほど彼女の心を傷つける行動かって話ですもんね。
それも、自分の両親、自分の人生をも狂わせた男に自分から迫るってのは、心中複雑なのは確かでしょう。

勿論、フェラなどの行為も手慣れているとは言えない、たどたどしいものではありますが、この美貌を持った理緒から迫れば男も鼻息が荒くなるのは当然の反応ですね。
がっつく様に、理緒の身体に手を伸ばしてくる事に(汗)

両親の仇であろう男に自ら迫り、身体を売る女と嘲られながら、身体を貪られる一方で、身体は反応してしまう事に…。
理緒は、それを頑なに認めようとはしないものの、確実に未知の快感に翻弄され始める事になりますね。


またターゲットの男以外にも取り巻きがおり、そっちが犯人の可能性もあるので、同じく取り巻きたちの精液を採取する事になり、理緒は全員に接触し、関係を持ちます。
取り巻きの連中の中には、変わった性癖の持ち主もおり、理緒は興奮させるためにそれらの行為をする事になったりと、短期間で様々なシチュエーションでの行為をします。
アナル好きな奴との行為では、アナルセックスをする羽目になったりですね。

特に印象的だったのは、普通の少年たちを相手にする展開、シチュエーションですね。
どうも取り巻きの一人は、見られないと興奮しないらしく、そいつの提案でたまたま知り合ったあどけない少年たちを交えての行為になる訳ですね。

射精もまだ知らない初心な少年を相手に、これまた自分から淫らに迫り、射精に導いていくシチュエーションは理緒自身も初めての経験であり、今までの男相手との大きな違いがあります。
また理緒も、母性というには少々淫らな感情を覚え、積極的な動きを見せ、少年たちの若い精を受け止めていく事に。
次第に、獣欲に支配された少年たちは、最初の初心さなど消え失せ、理緒の身体を貪る事に夢中に…。

でも、結局その後の取り巻きとの行為は数行の描写だけで射精されたってだけで終わりましたが(汗)


こういう少年相手の年齢差のあるシチュエーションって、最近の二次元ドリームノベルズでは久しぶりに見た気がしますね。
まぁ、年齢的に大人な女性のキャラクターじゃないと、中々出せない要素ですから、学生ヒロインとかだと難しいですしね。
特に理緒の様な、凛々しさよりもちょっと母性的な雰囲気を持つ、キャラクターなだけにハマり役ではありますね。

アナルセックスだったり、少年たちとの行為など、普通なら早々経験しないであろう行為を立て続けて経験し、それぞれに確かな快感を覚え始めてしまう理緒が少しづつ身も心も追い込まれていく様が印象的ですね。
特に少年たちとの行為では、自分だけではなく、相手の少年たちにも間違った事を経験させ、道を踏み外させてしまった、捜査官として、大人としての過ちを後悔する姿も垣間見えましたね。
…真面目なんですよねぇ、それゆえにより追い込まれてしまうのが皮肉な結果になってしまいますが(汗)

終盤では、ターゲットと取り巻き連中全員を交えた乱交となりますね。
この時点では、かなり理緒の身体も立て続けの行為によって、出来上がりつつ…。
まぁ、男性経験のなかった女性を、こんな飢えた獣みたいな男連中に差し出せば、こうなるだろうに(汗)

挿絵


挿絵は「sasana」さんが手がけています。
カードゲームのイラストを手掛けたりなど、イラスト関係の活動をされているみたいですね。

可愛らしい絵柄で、二次元ドリームノベルズっぽくないくらいですね(汗)

上記にも書いていますが、理緒は捜査官なんですが凛々しいよりも、可愛らしいキャラクターなんですよね。
なので、最初から勝ち目がなさそうに見えますな、捜査官としては致命的な気が(汗)

行為シーンでも、涙を浮かべている理緒の表情が多く、余計にそう感じますね。
まぁ、そんな仕草、表情がまた男たちの興奮を煽るんでしょうけどね♪
可愛らしい分、あまり悲壮感は感じにくいかと思います。

また彼女の恰好も寝台列車のパーサーとして潜入しているので、その制服姿での行為が多いのも特徴ですね。
コスチューム好きには、中々そそるデザインになっていると思いますね♪
捜査官だと本来は多分スーツ姿なんでしょうが、この姿なので、余計に捜査官感が薄い事に影響しているかもしれませんね。

挿絵数:12枚

総評


全体的には、精液を求めて潜入捜査な話だった訳ですが、可愛らしい理緒の見た目含めて成功する気がしなかったですな(汗)

その可愛らしさゆえに、今一つハードさには欠けた印象はありましたが、個人的にはこれくらいでも十分かな。
この理緒のキャラクターだから、描ける雰囲気もあるでしょうしね。
二次元ドリームノベルズのヒロインは、基本勝気なので、彼女の柔らかさはある意味印象的でしたし(汗)

変に生々しすぎない読みやすい仕上がりになっているので、サクッと読めて楽しめるかと思います。

Amazon版 電子書籍
欲望特急 スレイブパーサー搾精捜査 (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍
欲望特急 スレイブパーサー搾精捜査

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪