ダークキングダム 淫虐の姫騎士と強欲の魔王 (美少女文庫)
2月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「レナ」は、ミラーゼ王国の姫騎士です。
常勝無敗の騎士団を率いる彼女の存在は、王国の象徴とも言えるものでした。
しかし、王国を突如現れた魔王に滅ぼされてしまい、レナも魔王の手に…と言う展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • レナ・ミラーゼ
  • ミヌア・ミラーゼ
がいます。

レナは、ミラーゼ王国の姫であり、騎士団長です。
姫という立場ですが武芸に秀でており、その腕前は決してお飾りのものではありません。
気が強く、芯の強さを持った女性です。

ミヌアは、レナの母親であり、ミラーゼ王国の王妃です。
レナ以上に成熟した女の色気を持っています。
基本的に穏やかで柔和な女性ですが、娘と同じく芯の強さを持ち合わせています。

その他に、チョイ役程度の娘が登場しますが、あくまでもメインは上記ふたりですね。

ストーリー展開


展開的には、レナの王国が魔王によって滅ぼされてしまい、魔王に捕らわれてしまう流れですね。

魔王なる存在が現れたのは、今から1カ月ほど前。
以来、この未知なる存在は圧倒的な強さを持ち、次々と周辺の国々を滅ぼして移動をし続けていました。
勿論、他の国々もただ滅ぼされるつもりなく毛頭無く、抵抗するものの、文字通りの瞬殺ぶりに勝負と呼べる様な状態にもならなかったのです。

そして、遂にレナたちのミラーゼ王国にも魔王の手が迫る事に。

常勝無敗なレナが率いる騎士団など総力を結集した抵抗も、これまで通り魔王に傷一つ負わせる事も出来ず、レナは魔王に捕まってしまう事に…。
これまでならば、捕らえるなどせずにひたすら虐殺していった魔王の思わぬ行動でした。

この魔王は、これまでは感情らしい感情もなく、ただ自身の破壊衝動のままに行動してきたのですが、ここにきて、他の感情を抱き始めていたんですね。
それは、他者を辱め、その様を楽しむといった愉悦の感情でした。

他の人間の娘を辱めてみたものの、普通の娘では、魔王の絶対的な存在感、恐怖にただ怯え、助かろうと卑屈になるばかりで、魔王を満足させる事はできなかった訳ですね。
その点、レナは魔王に敗北しても、未だに国を滅ぼした憎しみを宿し、気丈に振る舞う姿を見せ、魔王の興味を大いに誘った訳ですね。

こうして、魔王はレナ、その母のミヌアのふたりを辱めて楽しむ事になる流れです。
いやぁ、とんでもない奴に気に入られてしまいましたねぇ(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりの行為が描かれています。
その他にも、サブキャラの女性たちの行為もあるにはあるんですが、酷い目に遭ってばかりで興奮はねぇ…(汗)

行為的には、フェラ、アナルセックスなどがありましたね。
正直、行為のバリエーションは、少な目で特殊なシチュエーションによる行為が多かったですね。
その他では、なめくじ責め、分身化、人外との行為なども(汗)

やはり、圧倒的な力を持つ存在である魔王からの行為に健気にも耐えようとする女性陣が印象的ですね。
皮肉な事に辱めに耐え、憎しみを滾らす限り、更なる辱めが待っているんですからね。
魔王にとっては、それこそレナたち人間など、いつでも消せる力があるだけに、辱めに耐えた所でどうなるものではないので、勝負は見えているというか…、勝負が始まってもない様なものですからね。

そんな冷酷というか、それが普通なんであろう魔王なので、行為だけではなく、様々なシチュエーションで女性陣の心と身体を苦しめていく事に…。
彼にとっては、そんな苦しみ、もがき、されど諦めない意志を持った人間こそに強い興味を抱く訳ですからね。
ここで諦めた時点で、彼の中では何の価値もない存在で処分されるだけ…。

レナたちからしたら凌辱をされてしまう中で、痛みだけではない快感を感じてしまう事がよりダメージがあるんですよね。
こんな人でなしの奴からの行為で、身体が反応してしまい、あまつさえ絶頂に達してしまう…、それは彼女たちに罪の意識すら感じさせる事にもなりますね。
痛みや苦痛だけであれば、それを怒りに変えてまだ憎しみを維持できたかもしれませんが、快感となるとそうはいきませんからねぇ(汗)

様々な形で行われる悪意のある行為で、毎回の様に何らかの絶望と快感を与えられ続ける事で、レナの心にも変化が…。


母親のミヌアは、娘レナと同じくらいかと思いきや、思ったよりも出番は少なめでしたね。
勿論、彼女もまた娘と同じ様にしっかりと躾けられてしまうので、ご安心を(汗)


気になるなめくじ責めに関しては、レナが媚薬を使われた身体(胸)になめくじを這わせられて、嫌悪感の中で絶頂する羽目に…。
挿絵がなかったのが救いですかねぇ、ファンタジーな世界観なのだからスライムとかで良さそうなものをあえてのなめくじという(汗)

中には、ファンタジーらしく?魔王が分身して増えての行為もありますね。
前にも別の作品のレビューに書きましたが、分身する展開嫌いなんですよね(汗)
何か絵的にギャグっぽくなりません?(汗)

今作はかなり真面目でシリアスな作品なだけに、余計に違和感がありましたねぇ。
まぁ、私が好みではないってだけなので、逆に好きな人もいるとは思いますけどね。

分身の他にも、魔王は身体を変化させたりする事も当然お手の物なので、犬に化けての凌辱だったりも。
犬そのものではないので、そんなに変わらない感覚で見えるとは思いますが、された側からしたらね(汗)
本物を使わないのは、ある意味では独占欲なんでしょうねぇ、自分以外が相手をする事が不快と。

終盤では、だいぶ最初の頃からは印象の違って見える様になった女性陣の行為が描かれています。
快楽にすっかり従順になっているのは別に良いんですけれども、魔王との行為を求めている様が良い感じに醜いですねぇ(汗)

挿絵


挿絵は「うるし原智志」さんが手がけています。
美少女文庫でも、お馴染みですね♪

個人的に好きなので、美少女文庫で見れるのは嬉しいですねぇ。
やはり今作みたいなファンタジーな世界観との相性は抜群ですね。

表紙絵でも描かれていますが、うるし原智志さんによるヒロインには涙が良く似合うんですよねぇ。
涙ぐむ女性陣の姿は、何とも言えない色気を感じますねぇ、泣くほどの仕打ちを受けている彼女たちには申し訳ないですが(汗)

ちょっと気になったのは、挿絵が全体的に白い事ですかね…。
キャラクターも、背景も基本真っ白です(汗)
まぁ、女性陣は金髪、銀髪って淡い色味なので、黒髪みたいに表現されていないのかなと思ったんですが…、さすがに白いよね(汗)

線画自体は安定のクオリティなだけに、この白さだけが勿体ないですねぇ。
白いだけに綺麗なんですけれども、ガツンとしたエロさは控えめかもしれませんね。
何か意図があるのかもしれませんけども、私の様な素人には分かりませんな(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、ザックリ言えば、魔王の暇潰しにつき合わされてしまった可哀想な親娘(王国)の話でしたな(汗)
読んでて、二次元ドリームノベルズかなって思っちゃいました(汗)

意外だったのは、今作の著者である山口陽さんの作品で、こういうテイストの作品って珍しい様な?
過去作品には、シリアスな作風の作品もありましたが、今作まで直球でかつ凌辱系な作品って美少女文庫では見た記憶ないかなって。
官能小説も書かれているので、私が知らないだけでそういうのも書いてたのかもしれませんけどね。

あんまりそういうイメージが私の中ではなかったので、ちょっと意外で新鮮さがありましたね。
まぁ、だからってそれが面白いかと言えば、また別の話ですかね(汗)

内容的に生々しく(血生臭く)、ヒロインたちを心身共に打ちのめす展開のオンパレードは、正直好き嫌いがあるかな。
個人的には、レナたちへの仕打ちよりも、サブキャラたちへの扱いの方が気になってしまいましたね。
チョイ役だから、何も遠慮ないしねぇ(汗)

二次元ドリームノベルズ系が好みであれば、中々楽しめるかなとは思いますね。
まぁ、敵との力量さがありすぎたのは、面白みに欠けたかな(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事