逆転した世界は美少女ハーレム天国!? (ぷちぱら文庫Creative 157)
11月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、性欲(精力)が強いのが取り柄なくらいの男子学生です。
毎日のように悪友らとHな話で盛り上がるくらいな日常だったのが、気づくと一変…。

何故か、男子よりも女子の方がHな話で盛り上がる様になっていたと言う展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 下川 久美」(しもかわ くみ)
  • 石山 未央奈」(いしやま みおな)
  • 筒井 夏菜」(つつい かな)
がいます。

久美は、主人公のクラスメートです。
クラスだけではなく、校内の誰もが憧れる清楚な女生徒として人気の存在です。

未央奈は、下級生の女子です。
可愛らしいギャル娘として、学校で知られている存在でもあります。

夏菜は、上級生の女子です。
凛とした雰囲気を持った礼儀正しい性格の持ち主です。


夏菜に関しては、名前の読みの正解が分かんないですね…。
キャラ紹介ページでは、「なつな」読みなのですが、作中の振り仮名は「かな」でしたので(汗)
うーん、もう好きに読めばいいかと思います(汗)

久美の苗字もキャラ紹介ページでは「しもやま」になってましたね、川なのに山って(汗)
…こういうチェックの甘い所が、ぷちぱら文庫のダメな所なんですよねぇ。

ストーリー展開


展開的には、気づいたら、男子じゃなくてクラスの女子がHな話を臆面もなくする様になっていたって流れですね。

元々、主人公はスケベな性格だったので、日々、クラスの男子たちとHな話題で盛り上がっていました。
まぁ、そんな普通な男子生徒だった訳ですが、そんな日常がある日を境に変わってしまったのです。

これまで主人公のH話に乗ってくれていた友人たちが、全く乗ってくれなくなったのです。
それどころか、そんな話をするなんてと軽蔑される始末(汗)
しかし、逆にこれまで主人公たちの話に引いていた女子たちがH話にノリノリに…。

まるで男女の価値観が入れ替わったかの様…。

そんな中、主人公は男子なのにHな話題もノリノリと、クラスで評判になり、憧れの存在である久美に誘われるがままに関係を持つ事に…。
久美と付き合い出す事になった事で、更に主人公の名前は校内に広がり、他の女性たちからアプローチをかけられてしまう事となる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや自慰、アナルセックス、パイズリなどがあります。

女性陣がHに対して、積極的になっているので、ヒロインたちはかなり肉食系になっていますねぇ。
真逆だと、最初からギャル娘な未央奈なんて、普通になっていそうな感じですが、それは逆じゃないみたいですね、都合良い事に(汗)
でも、全員、未央奈含めて男性経験はないんですけども、かなり積極的にHを求めてくる事になりますね。

本来なら、童貞を卒業したい男子って感じなんですかね? ノリ的に(汗)

主人公もそれまで毎日自慰を日に何度も繰り返していた程の精力がある訳ですが、そんな彼がタジタジになるくらいですからね(汗)
まぁ、女性陣のHにかける意気込みに押された感じでしょうか。
なので、序盤辺りは割と主人公が女性陣の積極性に押されてHに至る展開が多い印象がありますね。

勿論、それで終わる主人公ではないので、徐々にHにも慣れていく事もあり、女性陣を相手にしても主導権を取られない様になりますね。
逆にヒロインたちは、主人公との行為に感じ入る事となり、その快感の虜になり、メロメロになっていく事に。
所々では、各ヒロインたちの心情描写が描かれている場面があり、彼女たちなりの主人公への想いなどが描かれていますので、感情移入しやすくなっているかなと思います。

正直、それを入れても若干、弱く物足りない感じは否めませんが、無いよりはマシですね。
Hな興味からが関係の発端なだけに、どうしても恋愛色が弱くなるのは仕方ないかなとは思いますしね(汗)
同じクラスの久美はまだしも、他のふたりは本当にそこからの接点による出会いしかないだけに、H寄りになるのは当然ですしね。

そのため、やや久美の描写が気持ち優遇されているかな?
他のふたりは、セフレでもOKだからって迫ってくるくらいだったしね(汗)


…なんですが、個人的には少し物足りなさも。
確かにヒロインたちが積極的に迫って来ますけども…、それだけだとちょっと弱いかなぁ。
もっと極端でも良かったんじゃないかとは思うんですよね、逆転した世界であるならば。

逆転していない他の作品と比べると、さほど差は感じないんじゃないかと思うレベルなので、ちょっと大人しかった気はしましたね。


細かい指摘ですが、序盤で主人公はまだ普通だった頃に友人らとのH話で、一度でいいからアナルを舐めながら手コキして欲しいって発言しているんですが、作中ではそんなシーンないんですよね。
一度でいいから、してもらいたかったんじゃないの?(汗)

そもそも、ヒロインが積極的ではあったものの、フェラなどの行為に関してはむしろ他作品よりも少ない方だと思いましたからね。
本番行為が大半である反面、ヒロインから主人公をフェラや手コキなどで射精させる場面は少ないのも、積極的なはずなのにどこか物足りなさを感じる結果に繋がっているのではないかと思いますね。


終盤では、それまで個々とのヒロインの行為でしたが、ようやく3人一緒になってのハーレム展開になります。
ローションまで持参してきての、3人によるローションプレイなどが描かれていましたね。
この時、パイズリとかの展開があっても良かったかな、欲を言えば皆、巨乳だし(汗)

そういや孕ませなどの展開はなかったですね、作品的にありそうだけども。

挿絵


挿絵は「ひなづか凉」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では「ヒロイン絶滅計画 悪堕ちハーレムで美少女たちと子作りプレイ!?」以来ですかね。

しっとりと色気がありつつも、可愛らしさがある絵柄ですね。
下級生の未央奈も含めて、皆、大人びた姿な印象がありますね。
そんな彼女たちが積極的に迫ってアプローチしてくれるんですから、たまりませんね♪

この学校の制服なんでしょうけどコスプレっぽいと言うか…、あんまり制服らしくなかったデザインで印象的でしたね。
胸の開き具合とか、もうHな事するためのデザインじゃないかと思う様なデザインに見えてくる(汗)
逆転する前から、こんな制服だとしたら、女子恥ずかしくて着れないんじゃ(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、逆転した女性陣たちとHをするだけの話でしたね。
何でこんな事になったのかは分からないままで終わる、相変わらず投げっぱなしなストーリーですが、その分H最優先な展開なので、そこら辺が気にならなければ問題ないかなとは思いますね。

しかし、名前の件もなんですが、他にもミスが目立ったのが残念ですね。
石山未央奈との初Hの際に、主人公はこの時点では名前の未央奈ではなく、苗字の石山って描写で描かれているんですが、いきなり下川久美の下川って表記になっているんですよね(汗)

石山との行為中なのに、隣の行で下川がビクビクと背中を震わせるって…(汗)

後、石山未央奈と下川久美が主人公を巡ってケンカするんですが、後で下川久美が主人公に「下川さんと張り合ってごめん」って謝っていますね…、自分と張り合ったんですかね?(汗)

せっかくの作品が、こういうミスで台無しになるのは勿体ないですね(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ