最強の孕ませオナホ騎士団 ~巨根に勝てない牝たちの絶対忠誠ハーレム! ~ (ぷちぱら文庫 247)
11月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、ニートで童貞な男性でしたが、いきなり急死(汗)
そんな主人公でしたが、気づけば異世界で貴族の跡取り息子として転生する事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • リエレッタ
  • セラフィーナ
  • エドナ
  • サンドラ
がいます。

リエレッタは、名家のお嬢様で王国の騎士としても戦っている女性です。
生真面目で強気な誇り高い性格で、主であるセラフィーナに絶対的な忠誠心を捧げています。
そんな性格のため、だらけた性格の主人公を嫌っています。
最強の孕ませオナホ騎士団

セラフィーナは、王国の姫です。
清楚でお淑やかな性格の持ち主であり、国の窮地により騎士として前線に出る事に。
最強の孕ませオナホ騎士団

エドナは、帝国の騎士を統べる女騎士将軍です。
剣の腕も立ち、指揮官としての能力にも長けた存在として、部下からの信頼も厚いです。
勝気でクールな性格の持ち主です。
最強の孕ませオナホ騎士団

サンドラは、周辺国に次々侵略を仕掛けている帝国の皇帝です。
高慢で自己中心的な性格の持ち主であり、他国民はもとより自国民も物扱いしています。
最強の孕ませオナホ騎士団

ストーリー展開


展開的には、ダメなニート人生だった主人公が異世界に転生する事になる流れですね。

主人公は、不細工でこれまで定職にも就かず(就けず?)、引きこもり生活なニート男性です。
そんな彼は、不摂生が祟ったのか、いきなりの心臓発作だか何かで急死する事に(汗)
…雑すぎるでしょ、この始まり方(汗)

事故ったりするくらいしかパターンないから仕方ないのかな。
結局のところ、それまでの人生なんて今後に活かさないですからね、大抵は。

まぁ、そんな訳で突然死んでしまった主人公でしたが、気づけばそこは見知らぬ場所に見知らぬ人たち。
そう、主人公は死んだ後にどこかの異世界の、貴族の家の跡取り息子として新たな生を受けたのでした。
新たな人生をやり直す、そう決意したのでした。

そして、時は流れ…、またも成長した主人公の状況は以前と変わりませんでした(汗)
残念な事に、この世界でも不細工に生まれた主人公は、貴族の息子と言う、それなりに大きいはずなアドバンテージをも活かせず、相変わらず女性とは無縁の生活をしていたのでした。

更に、現在の状況は主人公にとっても危機でした。
現在、主人公の王国は侵攻してきた帝国との戦いによって、疲弊し、貴族である主人公ですらも徴兵し、戦わなければならない状況だったのです。
転生しても、別に剣の腕が立つ訳でもない主人公にとっては、戦場など地獄そのもの。

ただ命惜しさに逃げ隠れるしかなかった訳ですね。

そんな戦況に大きな変化が起きたのは、その後でした。
王国の未来を絶つため、帝国の皇帝であるサンドラの魔法で、王国全ての男性の生殖能力が失われてしまったのです。
しかし、転生した存在であるのが影響したのか、何故か唯一、主人公だけがその影響を受けずに普段通り勃起したのです。

更に王国から逃げようと、金目の物目当てに宝物庫を物色した主人公は、魔導書を手にいれるのですが、その力がとんでもないもので、敵無しな効果だったため、唯一勃起する主人公は、魔導書の力で女性陣を自分の物にしようと考える事となる流れですね。

…正直、転生要素って必要ですかね? これ(汗)
後は、従来の巨根シリーズと同じ流れで、巨根に物言わせてH三昧っていつも通りの流れとなっています。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリなどがあります。
他には、母乳要素などがありますね。

やはり、これまでの巨根シリーズ同様のノリ、流れに沿った印象ですかね。
主人公に決して好意的ではなかった女性陣と、強引にHする状況を作って、後は巨根に物言わせるスタイル(汗)
後は、もう巨根の味にメロメロになった女性陣が主人公にご奉仕しまくる流れですね。

相変わらず、女性陣はそれぞれ初回の行為が見所ですね。
この時しか、抵抗したり、反抗の意思を見せる場面はありませんからねぇ(汗)
初回の行為後は、すっかり主人公の巨根の前に骨抜きになってしまって、自らの立場も捨てて、ひたすら肉棒に媚びる様になりますからね。

そっちの時間の方が圧倒的に長いので、序盤のツンケンしてた頃の言動が懐かしいくらいですよね(汗)

巨根シリーズらしいぶっ飛んだシチュエーションでの行為も色々ありますね。
馬代わりに女性陣に乗って(挿入して)走らせたり、衆人のいる前での大々的な行為やまんぐり返しの状態で壁に固定されたり(汗)
まぁ、困った事にそれを別に女性陣が嫌がっていないってのが、また主人公(肉棒)への心酔っぷりが窺えますね(汗)

中盤で、女性陣が妊娠してお腹が大きくなった状態になったのは、少し意外でしたね。
タイトルに孕ませってあるので、あるのは分かってましたが、思ったよりも早かったかなって。
まぁ、このシリーズの主人公は、妊娠しててもやる事は遠慮がないので、いつも通りですけどね(汗)

妊娠してお腹だけではなく、胸も成長して大きくなった女性陣は、ビュービュー母乳を噴き出す様にもなって、余計に主人公の責めも激しくなりますね。
彼女たちも、今までの威厳も何もない下品な台詞をバンバン口にして、はしたなく絶頂の声を上げる様は圧倒されますねぇ。

毎回の事ですが、主人公がヒロインにかける言葉が酷いですよね、中々聞いた事無い様な罵り方よね(汗)
そんな言葉が、彼女たちには余計に興奮を煽るご褒美と化しているのが何とも…(汗)

終盤では、全員交えたハーレム展開になりますね。
まぁ、甘々イチャラブって感じよりも、肉欲重視な展開なのが、このシリーズらしいですね♪
ヒロイン4人同時なので、余計に濃ゆい展開になっていて、臭い立ちそうな状況になっていますよね(汗)
母乳やら精液、愛液やら入り混じってね(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は、「石井彰」さんが手がけています。
巨根シリーズでは、お馴染みの名前ですね。

今作でも、アヘ顔や舌をだらしなく突き出した姿などは、安定の仕上がりですな♪
個人的には、アヘ顔手前な快感でトローンと惚けた表情が結構好きですねぇ、まだ可愛らしさも残っているしね(汗)
でも、あんまりなかったですね、挿絵では大抵アヘってて(汗)
最強の孕ませオナホ騎士団

パイズリは、あんまり描写もなかったですけども、挿絵の効果もあって中々見応えありましたね。
妊娠して胸も大きく張って、母乳を出しつつパイズリする様はいやらしさがありますね♪
まぁ、その際もパイズリフェラしつつ、目がアヘ気味になっているので、胸よりそっちの方に目線が行くけども(汗)

挿絵数:24枚

総評


全体的には、従来の巨根シリーズらしい展開ですね。
なので、新鮮味はないものの、シリーズが好きであれば安定して楽しめる仕上がりになっているかと思います。

…内容は、シリーズで大差がないだけに、最終的にはヒロインの見た目とかで判断になるのかなぁ(汗)

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
【割引】 最強の孕ませオナホ騎士団〜強い牝は巨根に勝てない!エロ酷いことをしても悦ぶ絶対忠誠アヘハーレムを築け!〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ