【最高】美人メイドによる極上ご奉仕www (ぷちぱら文庫Creative 156)
11月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、ごく普通の社会人です。
しかし、家族を事故により亡くし、天涯孤独の身となったかに思われた矢先に、父親を名乗る資産家の男がやって来る事に…。

主人公はいきなり金持ちの子としての生活を送る事となり、お付きのメイドたちにご奉仕される事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 竹田 ジュリ」(たけだ)
  • 河北 美々子」(かわきた みみこ)
がいます。

ジュリは、主人公の世話をする事になるメイドのひとりです。
ハーフで、金髪が眩しい喜怒哀楽のはっきりしている娘です。
主人公に対しても、メイドというよりかは妹の様な、親しげな態度をしてきます。

美々子も、主人公のメイドのひとりです。
おっとりとした柔和な雰囲気を持った女性です。
ジュリとも姉妹の様な仲の良い関係であり、主人公に尽くす事が喜びとなっています。

ストーリー展開


展開的には、主人公がいきなりメイドさんにご奉仕される様な立場になっちゃう流れですね。
まぁ、この手では、珍しくもない展開ですかねぇ。

主人公は、物心ついた頃には既に母親とふたり暮らしだったんですね。
父親は、もう亡くなっているという話だったので、それを信じて疑わなかった訳です。

そして、最近母親を事故で亡くしてしまい、主人公は天涯孤独の身…。

と、思われたのですが、そこに主人公の父親を名乗る男が現れたんですね。
男は、資産家であり、生前に母親との約束があった事で、主人公の面倒を見ると申し出てきたのでした。

そして、気づけば主人公の生活は一変。
衣食住も全てが激変した訳ですが、中でも大きな変化は主人公に付けられたメイドのふたりでした。

いきなり美少女、美女のふたりのメイドにお世話をされる事になり、主人公は嬉しいやら恥ずかしいやら。
こうして、メイドたちのお世話は益々エスカレートし、遂にHなご奉仕まで至ってくる事となる流れとなっています。

…うーん、展開が殆どどっかで見た事ある様な流れですねぇ。
まぁ、美人のメイドさんらと、如何にしてHしまくるかって下準備なストーリーですから、こんなものなのかなって気もしますが(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキ、パイズリなどがあります。

今作の見所では、やはり美人、美少女のメイドにご奉仕されちゃう所ですね♪
主人公のお付きとなった、彼女たちは主人公に対して、最初から好意的に接してくる事になります。

序盤こそ、本番行為はないものの、それでもフェラやパイズリなどで射精させてくれたりと、十分手厚いご奉仕をしてくれますね。
まぁ、主人公の度胸があれば、すぐ本番もできたでしょうが、主人公はヘタレなので、そこまで至らないですが(汗)
勿論、後でちゃんと本番もあるので、そんなに気にしなくても良いんですけどね。

そんなヘタレな主人公をリードするかの様に、女性陣は積極的にアプローチをかけてくる事になりますね。
ストレートなジュリに、おっとりな美々子というタイプこそ違うものの、主人公に積極的なのは同じですね。
主人公も、そんなHなおねだりをしてくる女性陣に触発されて、Hな行為にのめり込む事に♪

個人的には、ジュリのキャラクターが印象的だったかな。
普段から主人公に対して、明るくあんまり恥じらいもない感じで、行為も積極的な姿な彼女ですが、意外と褒められたりするのに不慣れで妙に照れまくったりする面があるのが良かったですね。
やはり積極的な姿も良いけれども、適度な恥じらいも大事ですよね♪

対して、美々子はおっとりして優しい母性的なキャラクターですね。
たまに焼きもちやいちゃって、黒い怒りのオーラを出す事がありますが(汗)
でも、全体的にはかなり優しい女性って印象が強いですね。

それだけに美々子とジュリの関係性は、姉妹の様に仲良しなので、行為での相性も良いですね。
互いに主人公を独占する訳でもなく、一緒になって主人公に尽くしてくれる姿は印象深いですね。
なので、終盤では、ふたり一緒になって主人公にご奉仕しちゃいます♪

行為では、ふたりがかりでのWパイズリなどもあり、見応えがありますね。
すっかりHになったメイドたちが、ふたり一緒なので余計にH度も上がって、濃厚になっていますね♪

挿絵


挿絵は「かせい」さんが手がけています。
漫画やイラストを手掛けている方みたいですね。

可愛らしくて少しリアルタッチな絵柄って感じですかね?
特に印象的に感じたのは、鼻の描写ですね。

この手の萌え系の絵柄って、あまり鼻をかっちり描く事は少ないと思うんですが、結構しっかり描かれているんですよね。
なので、凄く個人的に印象に残っていますね。
特に行為中で、顔を上気させた表情がより一層、色気を感じさせる絵柄に仕上がっていますね♪

挿絵数:10枚

総評


全体的には、概ねメイドさんらとイチャラブH三昧って展開が楽しめる作品でしたね。
一応、Hばかりではなく、主人公自身の成長?も若干描かれていたりするので、Hだけではないですが…、大体Hばっかりです(汗)

新鮮味に欠ける分、安定した仕上がりで読みやすい内容と思います。
なので、別にそんな重い話が展開される訳でもないですので、その分Hシーンは多めにあり、そっち目線で見れば中々満足出来るのではないかと思いますよ。

一部、再会が再開になっていたりと誤字があったのは地味に残念かな(汗)
ぷちぱら文庫では、よくある事なんですけどね、うん。

Amazon版 電子書籍
【最高】美人メイドによる極上ご奉仕www (ぷちぱら文庫Creative)

DMM 電子書籍
【最高】美人メイドによる極上ご奉仕www

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ