抜きコキ ハニトラエステ (二次元ドリーム文庫)
高岡智空
キルタイムコミュニケーション (2016-11-01)

抜きコキ ハニトラエステ (二次元ドリーム文庫)
11月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、エステ店の若店長です。
若いながらも、何とか様々な手段で潰れかけてたエステ店を立て直し、順調だった中…。
ライバル店が突如出店し、客足が減少する非常事態に…。

更にライバル店から、引き抜きという名目でHな誘いを受ける事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 椎名 翠子」(しいな みどりこ)
  • 黒川 静菜」(くろかわ しずな)
  • 遠峰谷 理音」(こだま りおん)
がいます。

翠子は、主人公の店のスタッフです。
元々は、彼女の祖父がエステ店の店長だった事もあり、この店に対する想いは強いです。
おっとりしたお嬢様なのですが、意外に大胆で積極的な面も。

静菜も、主人公の店のスタッフ兼学生です。
主人公とは学校の先輩後輩の関係でもあります。
昔から主人公をからかっては楽しんでいる小悪魔的な性格の持ち主です。

理音は、主人公の店の近くに出店してきた、ライバル店の店長です。
有名な資産家の娘であり、若くして才能もある優秀な存在でもあります。
主人公を引き抜こうと画策しています。

ストーリー展開


展開的には、エステ店の店長である主人公がライバル店から引き抜きされそうになる流れですね。

エステを題材にした作品も、これで3作目という事でシリーズみたいになってきましたね。
エステなので、どうしても二次元ドリーム系の主人公だと学生なので、エステとの結びつきが弱くて、中々設定が大変そうなのが読んでて伝わりますが、今作の主人公は学生ではないので、だいぶやりやすいかな?(汗)

さて、そんな主人公は経営が微妙だったエステ店を独自の手法で立て直した存在だったんですね。
何とか経営も軌道に乗ってきた中、突如現れた存在が…。

それがライバル店となるエステ店の店長である理音でした。
彼女の実家は、資産家であり、その資金をつぎ込んだライバル店の出現に、主人公は脅威を感じる事に…。

そして、この時主人公は理音から招待状をもらい、ライバル店に招かれる事になりました。
敵情視察って訳ではないですが、実際に店舗やスタッフを見る機会が得られる事で、主人公はこの誘いに乗る事に。
実際、店内の内装などは自分の店舗とは桁違いであり、内心穏やかではいられません(汗)

その後、主人公は彼女からエステの体験を勧められる事となるのですが、これが理音の巧妙な罠でもありました。
早い話が、エステの体験と称したエロい行為を主人公に体験させて、骨抜きにしようと(汗)
そして、主人公をこの店に引き抜こうと画策したのです。

勿論、そんな引き抜きには応じられない…、そう思う一方で体験した行為に主人公の心は揺れ動く事に(汗)
その後も繰り返される、お誘いを拒めず、主人公は毎日のように理音の元に向かい、Hなサービスを受け続け、すっかり骨抜き状態に仕上げられちゃう羽目に(汗)

そんな主人公の様子に疑問を抱いたエステ店の翠子、静菜たちは、主人公が理音によって引き抜かれようとしている事実に辿り着き、それを妨害すべく、自らもHな行為で主人公を留まらせようと試みる流れですね。
まぁ、翠子や静菜としては主人公が店長としてだけでなく、個人的な好意があるから、理音に奪われまいとする訳ですね。
…問題は、その好意がちょっと偏ったものって事なんですが(汗)


Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやパイズリ、足コキ、フェラなどがありますね。
その他の要素では、前立腺責めなどもあります。

今作品のテーマがエステな訳ですが、まぁ、何だかんだもっともらしい事言っても、ただの風俗にしか見えないですな(汗)

今作では、主人公が「ひたすら」に女性陣に弄られる展開となっています。

主人公は、童貞で女性経験もないために、女性陣の行為になす術がありません(汗)
それどころか、女性陣による責め(行為や言葉)で、恥をかかされ男としてのプライドを木っ端微塵にされる羽目に。
まぁ、Mな気質の主人公には、強烈な辱めと同時に強烈な快感、興奮を抱く結果となり、ちんけなプライドなど気にせず、女性陣に行為をねだる始末ですが(汗)

とにかく、女性陣の言葉責めが豊富なんですよね。
早漏だの、子供扱いでからかわれて射精すれば、小馬鹿にされてと、男を全否定(汗)

しかし、主人公も相当なM気質だと思いますね。
女性陣もそんな主人公の気質を見抜いており、自分たちの虜にしようとしてくる訳ですね。
すっかりM男に仕上げられてしまい、ちょっと身体を触れられただけで、興奮のスイッチが入る始末にまで「教育」されていますね(汗)


残念だったのは、全員と本番行為がある訳ではない事ですね。
具体的には、翠子だけと本番行為があるだけで、他のふたりはありません(汗)
そもそも、本番の時期もかなり遅かったですしね。

まぁ、それでも十分濃い内容の数々なだけにあまり物足りなさは感じないとは思いますが、気にする人はご注意を。

ちなみに、この事が結果的に主人公がひたすら女性陣に翻弄される展開に影響を及ぼしているとも言えます。
本番行為がないって事は主人公が女性陣を絶頂させる機会はゼロではないですが、かなり減る事を意味しますからね(汗)

実際、主人公が基本的にひたすら弄られて、射精させられまくる展開ばかりなので、反撃する場がない訳です。
所々では、主人公の愛撫というかむしゃぶりついて感じさせるって展開はありますが、それくらいなので行為で主人公が男らしい主導権を握るって機会がないと言えます(汗)
なので、主人公が最終的にはHで女性陣に反撃するって展開はなく、最後まで弄られまくりで終わるので、それが苦手だと厳しいかもしれませんね(汗)

挿絵


挿絵は「魁李」さんが手がけています。
同レーベルでは、同じエステシリーズ?の「陽菜とママのラブハメエステ」もそうですね。

可愛らしく上気した表情に色気を感じさせる絵柄ですね。
今作では、主人公と年齢が近いヒロインたちなので(年下&年上)、あまり年齢差はないので、大人の色気ムンムンって感じではなかったですね。
でも、そんなのを気にさせないくらいに十分いやらしい姿を見せてくれるので、問題ないでしょう♪

全体的に主人公の上にヒロインたちが~って構図が多い気が(汗)
まぁ、主人公は女性陣に弄られる役回りなので、どうしても受け身になるのは当然ですしね。

特に後輩の静菜は、いかにも小悪魔的な表情を見せるのが個人的に良かったですね。
年下にちょっと小馬鹿にされる感じがハマっていますねぇ♪

挿絵数:14枚

総評


全体的には、とにかく女性陣に弄られまくるMっ気主人公のお話でしたね(汗)
なので、それが合わない人には厳しいでしょうが、好みであればかなりの破壊力なのではないでしょうか。

個人的には、もう少し主人公もたまにはやり返して、男を見せて欲しかったかなとは思いましたが(汗)
常時、もう女性陣によって完璧仕上げられてしまっているだけに、終始そればかりってのはちょっとねぇ…。
まぁ、Mっ気のある人にはそっちのが良いのかもしれませんけどもね。
…いや、本当に濃厚でした(汗)

Amazon版 電子書籍
抜きコキハニトラエステ (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
抜きコキハニトラエステ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事