ツンデレアイドルは僕だけのMペット ~いっぱい躾けて ご主人様のLOVE精子で孕みたいの♪~(ぷちぱら文庫246)
10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、ごく普通の男子学生です。
そんな彼は、現在現役女子校生アイドルの「胡桃坂 るい」(くるみざか)に夢中。
何と彼女は主人公のクラスメートでもあるのですが、会話もできない有様…。

そんな中、ある出来事をきっかけにして、るいとの距離が一気に縮まる事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 胡桃坂 るい」(くるみざか)
がいます。

るいは、現役女子校生のアイドルで、主人公のクラスメートです。
テレビでは明るくキャラクターですが、学校では人を近寄らせない雰囲気を出しています。

ストーリー展開


展開的には、主人公がクラスメートの現役アイドルである、るいとある事をきっかけに急接近する流れですね。

主人公は、クラスメートである現役アイドルである、るいの大ファン。
そんな彼女と、何と主人公は彼女と隣の席同士という、凄い恵まれた状況だったんですね。
ですが、ごく普通の男子である主人公は、話しかける事も出来ず、それを活かせなかった訳です。

それでなくても、彼女は学校では周りと少し距離がある感じなので、打ち解けるなんて難しいんですよね。

このまま、せっかくの状況を無駄に浪費して終わってしまうのかと思われた中、ある出来事が…。
それは、主人公の悪友的な存在によるものでした。

その友人は、いわゆるエロ本的な物を主人公に無理やり貸してきてたんですね。
主人公だってエロ本自体は好きですが、その内容が問題でした。

友人は、SM系の内容が好きらしく、その手の内容ばかりの本を貸してきた訳ですね。
主人公自身は、別にSMに対して、興味はなく、無理やり貸されたものの、読む事無く教室に置きっぱなしにしてたのですが、これがみんながいる中で見つかっちゃたんですね(汗)

勿論、憧れのるいにも、SM本を持っているのがバレてしまったのです。

早速、この件によってクラスでの主人公の立場は何とも微妙なものに…。
女子たちからは変態を見る様なまなざしを浴び、気まずい状況ですね(汗)

るいも、この件で主人公を見る目が変わりました。
しかし、それは別の意味だったのです。

その後、ひとりでいる所を彼女に見つかり、彼女から衝撃の告白が…。
何と、るいはSM系に対して、凄い興味があると言ってきたのです(汗)
そして、主人公にご主人様になって欲しいとお願いしてくる事になり、結果として主人公はるいのご主人様となる流れですね。

…急展開!(汗)
いやぁ、そういう流れになるってのは分かるとしても、冒頭20ページも行かない内にこんな展開になるとは思ってませんでした(汗)
まぁ、展開が早い分、Hシーンも多いだけにまどろっこしいのが苦手な人にはいいかもしれませんね。

Hシーン


Hシーンは、るいとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、アナルセックスなどがあります。
他には、アナルプラグなどの小道具などを使用する展開もありますね。

るいは、主人公をご主人様と呼ぶ様になる経緯などでも分かる様に、SM系に強い興味があるんですね。
勿論、男性経験はないんですが、その手の本を読んでいたりと、中々性への好奇心が旺盛なのが窺えますね。
実際、主人公に対していきなりご主人様になってとか、言っちゃう辺り、相当なものですよね、現役アイドルなのに(汗)

主人公は、上記でも書いた様に別にSMが好きって訳ではないので、彼女のテンションに少し戸惑う所がありますが、そこは憧れていたアイドルがそんな事言って来たら拒めませんよね。
なので、自分なりに彼女のご主人様っぽくあろうとする流れですね。
まぁ、実際の所、意外とそういう態度を期待している彼女を見ると、今までなかったるいをいじめちゃいたくなる気持ちが湧いてきて、結構それなりにご主人様しちゃうので、心配なかったですけどね。

そこが良かったのかなとも思いましたね。
主人公が、真正のご主人様気質だったりしたら、未経験のるいでは耐えられなかったかもしれませんからね(汗)
経験ない者同士だからこそ、ちょっとSM入っている感じのプレイで済んだかなと思います。

なので、そこまでどぎついプレイはしていないかと思います。
確かにエスカレートして、野外露出だったり、アナルプラグ使用したりとかはありますが、あくまでもそれくらいのレベルです。
苦手な人には、このくらいでも十分だと思いますが、好きな人には物足りないかもしれませんね。

るいは、経験こそないものの、結構そういう妄想してたのか、口に出る発言がそれっぽいですね(汗)
でも、何か無理している訳ではないんでしょうけども、背伸びしている感というか、それがハマっていない感じがまた初々しさを感じさせますね。


終盤では、腹ボテ状態での行為も描かれていますね。
そんなに時間が経過している訳ではないので、母性的な感じはそれ程感じなかったかな。
まぁ、この時、アイドル衣装に猫耳、腹ボテと良く分からない要素盛り沢山だから、余計に母性とは程遠く感じたのかも(汗)

そんな猫耳だったり、アイドルの衣装やメイド服などのコスチューム要素もありますね。
そういや首輪もしていましたね、自分で持参してた奴(汗)


ちょっと気になったのは、タイトルにあるツンデレって所ですね。
読んでみると、全く彼女にツンデレ要素がなかった気がするんですが…(汗)
少なくても、別にツンツンしている様な印象は、るいにはなかったんですよね。
なので、そこら辺を期待している人には物足りないと思います。

行為中はそんな感じでも、普段のクラスではツンツンってかと思えば、別にそうでもないという…(汗)
そこら辺の中途半端な感じが勿体ないなとは感じましたね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使っています。
原画担当は「綾瀬はづき」さんが手がけています。

柔らかく色気を含んだ絵柄が印象的ですね。
ツンデレアイドルって事でしたが、特にそんな表情もなかったです(汗)
逆に、少しくらいきつい表情も見てみたかったですな♪
なので、常に柔らかい柔和な表情をしていた印象で可愛らしさが強かったですね。

アイドルコスチューム姿などもあるんですが、あんまりアイドルの衣装っぽくは…見えなかったですね(汗)
露出が多いせいか、キャンペーンガール的なイメージかな?

表紙絵でもなんですが、彼女猫耳も着けているんですよね。
これは主人公からのプレゼントって事で、着けているんですが、これのせいか良く分からない属性になっている様な…(汗)
一応、自分のペットって意味が込められているってのは分かるんですけどね。

…まぁ、可愛いからいいか(汗)

挿絵数:28枚

総評


全体的には、薄味とまでは言いませんが、比較的アッサリ風味なテイストの作品だったかな?
それは行為の内容ってよりかは、ストーリー性だったりとか、るいにアイドル感がさほどないとか、色々ですな(汗)

まぁ、ストーリーを最低限にしている分、Hな行為はかなり多めでボリューム感があるので、手軽にヒロインとの行為を楽しみたいって人には良いのではないかなと思いますね。
上記にも書きましたが、SM要素もそれ程エグいものではないので、読みやすい(見やすい)ライトな仕上がりになっていますしね。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
ツンデレアイドルは僕だけのMペット 〜いっぱい躾けてご主人様のLOVE精子で孕みたいの♪〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ