オークに転生した俺は姫騎士しか狙わない(ぷちぱら文庫Creative 151)
10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、いわゆるニートで日々、エロゲーやエロ同人誌などでHな妄想に耽るダメ人間です。
そんな彼でしたが、ある事がきっかけで、何と異世界に!
しかも、人間ではなくオークと呼ばれる魔物として異世界に転生したという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • クリスティアーネ
  • マヤ
がいます。

クリスティアーネは、第3王女でありながら、自身も剣を持ち、戦う姫騎士です。
オーク討伐に主人公の元にやって来る事に。

マヤも、クリスティアーネと同じくオーク討伐にやってきた剣士です。
東の国の出身であり、いわゆる大和撫子的な性格の持ち主でもあります。

ストーリー展開


展開的には、ダメニートな主人公がオークとして異世界転生する流れですね。
…もはや人じゃないんですね(汗)

何故、主人公がそんなオークになったのかというと、ある事がきっかけでした。
主人公は、ニートらしく?エロゲーやエロ同人誌を嗜み、中でもお気に入りはオークみたいな魔物に好き勝手されちゃう女騎士物という内容の作品が大好きだったんですね。

そんな中、いつもの様にPCでネット三昧だったのですが、見慣れない広告を見つける事に。
普段ならば、そういった怪しい広告などには目もくれないはずなのに、この時は何故か気になってしまったのです。
そこには、異世界とか転生とか主人公が気になる様なキーワードがあったのも原因かもしれませんね(汗)

広告をクリックしてみれば、気づけばそこは白一色の世界…。
更に頭の中に謎の声が聞こえ、その言葉によると主人公の望む能力を持って転生できるというのです。
そして、主人公は見知らぬ異世界で転生を果たしたのですが…、何故か人間ではなくオークとして転生したのでした(汗)

ちなみに望んだ能力は、どんな物でも瞬時に作れる能力というものであり、これは可能でした。
とは言え、無から有を生み出す事は出来ないものの、原料があれば何でも作れるという十分チート能力であり、これを活かして快適生活空間を作り上げたのでした、オークが(汗)

こうしてとりあえず快適な生活を得たオーク主人公でしたが、それだけでは満足できません。
そう、自分がオークならば、この世界の姫騎士を好き勝手にHしまくるという目的のために動き出す事となる流れですね。


そんな事になっていると思わず、オーク主人公を討伐しようとやってくる女性陣…。
お約束ですが、主人公にアッサリ負けてしまい、「くっ」なリアクションをして、主人公を喜ばせますね(汗)
勿論、それだけに留まらず女性陣とHをし、自分の物にしようとする流れとなっていますね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、アナルセックスなどがあります。
一部では、小道具を使用する様な展開もありましたね。

今作に見所として、オークになって、姫騎士の女性陣をHでメロメロにしていくのがありますね。
女性陣は、そりゃ最初は醜いオークなんかにって事で手厳しい言葉をぶつけられるものの、すっかりやる気の主人公には何も響きません(汗)
むしろ、そんな事を言っている女性陣をHで従順にしてやろうと思うだけですからね♪

私はもっとヒロインたちは、かなり激しく抵抗する様な反応をイメージしてたんですが、思ったよりもかなり控えめに感じましたね。
これは、実力差からもはや抵抗など無意味と悟ったってのも一因としてあるのでしょうが、全体的に抵抗がかなり弱いですね。
なので、人によってはもっと歯応えのある反応を期待してた人もいると思うんですが、残念でした(汗)

まぁ、その分無理やりって流れにはならないので、ヒロインたちにとって痛々しい展開にならないという利点(人によっては欠点?)がありますね。

更に割と早い段階の行為で、女性陣も満更ではない反応を示すようになるために、余計に無理強い感はないと思います。
女性陣も次第に行為に対してだけでなく、主人公そのものに心を許す様になっていくので、ラブラブとは少しニュアンスが違いますが、距離感が近づいていくのを感じ取れるようになっているのが印象的ですね。
実際、途中ではヒロインの心情描写もあり、主人公との行為を受け入れていく様が垣間見えますね。

それでももっとヒロインを掘り下げて欲しかったかなと思いましたね。
これではとりあえず用意したヒロイン感があって、印象が弱かったです、自分には。
姫騎士としての個性がないんですよね、自称姫騎士というか…(汗)

オーク主人公なんですが、別にこれもオークっぽさがないというか…(汗)
確かに挿絵で見える姿は、人間とは全く違う容姿をしている訳ですが、それくらいなもので文章からは普通の人間としか見えないんですよね。
そりゃ、中身はオタクでニートな主人公と変わらないんですから、当然人間臭いってのは分かるんですが…。

別に底なしの精力だって、エロ小説の主人公なら皆、人間でもそうでしょ?
上手く言えないんですが、あくまでもコスプレ風オークとでも言うのか…、どっちつかずで中途半端さを感じたんですね。

まぁ、あくまでも今作は、ぷちぱら文庫の緩いノリなので、そこまでこだわる必要はないのは分かりますけどね、私がってのを真面目に捉えすぎなんでしょうね(汗)
なので、展開の緩さ、ノリの軽さ、読後感の軽さはいつも通りな愛内作品なので、痛々しくもなくサラっと読めると思います。

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、お馴染みですね。

今作でも醜いオークにやられちゃう可愛らしい騎士たちを描いていますね。
初体験の際は、ヒロインによってはつらそうな表情も見せますが、すぐに快感を覚える様になるので、悲痛さはないかと思います。
後は、Hにすっかりはまっていく彼女たちの表情、姿が印象的ですねぇ♪

オークの主人公の姿も一部ですが、描かれています。
怖いってか、愛嬌のある不細工という感じですかね?(汗)
大半が股間くらいしか描かれていないので、苦手でも大丈夫かと思いますけどね。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、オーク主人公が騎士ヒロインたちとHしまくる話ですね。
正直新鮮味があまりなく、最初読んだ時、何かもうこんな話読んだ事ある様な錯覚を覚えました(汗)
ヒロインも少しパンチがないというか、印象が弱いのが勿体なかったですねぇ。

何よりも主人公が、オークっぽくないってのが最大の問題かな。
まぁ、オークらしさってのが、何なのか私にはよく分かりませんけれども…(汗)

逆に言えば、主人公がオークになっているって事で読む事に二の足を踏んでいた人にとっては良い事なのかなとも思いますけどね。
良くも悪くも、いつも通りな感覚で読める作品だと思いますので、過度にオーク要素を期待しなければ普通に読めると思います(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ