寵姫転生 美少年になって後宮潜入!? (美少女文庫)
10月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、35歳のサラリーマンです。
しかし、上司に疎まれ、出世からは程遠く、上司の尻ぬぐいの毎日。
そんな中、主人公は妖しい占い師に声をかけられるのですが、そこで意識を失ってしまう事に…。

そして、気づけば何と主人公は、見知らぬ異世界に…。
更に主人公の身体は中年の身体ではなく、何と美少女と間違う程の美少年に変化していたという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • アチカ
  • リオネ
  • イリアナ
  • エクシア
がいます。

アチカは、魔術士です。
主人公を異世界に連れてきた張本人でもあります。
少し褐色の肌を持った、神秘的な雰囲気を持っています。

リオネは、王の後宮を統べる存在です。
見た目は、後宮の誰よりも幼いくらいの容姿を持っていますが、只者ではない風格を持っています。
時代がかった喋り方をするなど、見た目とのギャップがあります。

イリアナは、女性ながら近衛騎士団長という立場にいる存在です。
更に王の姉という立場にもあり、王の現状に心を悩ませています。
武人ゆえに真っすぐな性格の持ち主です。

エクシアは、王の妹です。
基本的には素直で可愛らしい娘ですが、兄王の事で悩んでいます。

その他にも名前ありのキャラクターは数多く登場しますが、とりあえずメインどころはこの4人ですかね。

ストーリー展開


展開的には、サラリーマンだった主人公が何故か、異世界に連れていかれて、何故か美少年になる流れですね。
…超展開!?(汗)

何故、そんな事になったのか、それは異世界側のある問題があったから。

ザックリ言うと、その異世界のある国では色々な問題が起こっていたんですね。
最近、国王が変わり、現国王になってから近隣諸国との関係もごたつき始め、このままでは戦争も…。
そこで、そうなる前に国王を暗殺しようと考える連中が出てきたと。

その連中が、主人公を呼び出した訳ですね(汗)
しかし、ただ呼び出したところで、国王に近づける訳もなし。
そこで、連中は主人公を美少女と間違う程の美少年にして、この世界に呼び出し、暗殺を実行させようと考えたんですね。

しかし、何故に美少年か?
後宮は、王が寵姫を集め、囲っている場所でもあります。
そこで美少女と間違うような容姿の主人公が寵姫として後宮に潜入し、王の暗殺を実行しろという訳ですね。

…結構、暗殺計画ズブズブな気がしますけどねぇ、これ(汗)

こうして、主人公は否応なしに王の暗殺をする事を強制され、そのために半年ほどこの国の知識や暗殺術を叩き込まれる事に。
そして、いよいよ後宮に入り込む事となった主人公は、暗殺の機会を窺う事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
他にもサブキャラクターたちとの行為も多く描かれていますね。

行為的には、フェラやアナルセックスなどがありますね。

主人公は、美少女と見間違う程の容姿をしていますが、男性ではある訳です。
なので、股間の肉棒は勿論あるので、それを活かして後宮で女性たちをHでメロメロにしていく流れですね。

女性陣にHの腕前も修行中に磨いた主人公のテクニックがさく裂する訳ですな(汗)
まぁ、こんな場所に潜入するんだし、Hの技術もあった方がいいのは確かですもんね、内部での協力者を得るためとかにしても。

勿論、女性陣は一部のヒロインを除き、主人公をまさか男性とは思っていません。
経験のない娘もいるだけに、股間に肉棒があっても、そういう体質の人もいると信じ込まされてしまうチョロイ女性陣も(汗)

まぁ、主人公の見た目や受け答えなどで、かなり女性陣からは好印象になっているのが大きいんでしょうね。
そこら辺の手腕は、サラリーマン時代の経験が物を言っているのかな?
実際、登場キャラには書いていませんが、後宮で働く侍女たちにも慕われ、関係を持っていますしね(汗)

主人公が女装が似合う美少年なだけに、女性陣との行為はどこか現実感の薄い雰囲気がありますね。
そんな主人公に経験のない女性陣は、初々しい恥じらう姿を見せてくれますね♪
ヒロインたちが肉棒あるけども、女性って考えているかと思うと、どこか妙な興奮を覚えますな(汗)

個人的には、イリアナが結構好みだったかな。
いかにも騎士で男性経験などに縁がないだけに、最初は主人公に好意的ではなかったものの、主人公を認めると一気に変わりましたね。
行為でも、主人公にリードされてはじめての女の快感に翻弄される様は可愛らしかったです♪

勿論、一部では経験豊富なヒロインもいますが、そこは暗殺術と一緒に修行したHのテクニックと精力でごり押し(汗)

意外だったのは、登場ヒロイン数がサブキャラクターも含めるとかなりの人数なんですが、思ったよりもページに収まっていた事ですね。
登場キャラクターに書いたヒロイン4人に加えて、侍女の3人+別の寵姫1人と何と全部で8人という大所帯はまさに後宮ですな(汗)

その割には、ちゃんとまとまっていたのは好印象ですね。
まぁ、個々の出番だけ見ると、どうしても少な目なので、言い出したらキリがないので、そこは仕方ない(汗)
あくまでも人数の割にはって事ですからねぇ…。

終盤のヒロイン全員交えた文字通りのハーレム展開もありますね。

ここで個人的に唯一残念だったのは、魔法によって主人公の分身が出て、3人になるって展開ですね。
以前に別の作品のレビューでも書いたんですが、こういう主人公が増える展開好きじゃないんですよね、私は(汗)

感覚を共有してようが、主人公の他に主人公と同じ姿の存在がいても、それは別人なんですよね、私からすると。
後は単純に雰囲気がギャグみたいになるでしょ、さすがに増えている挿絵はなかったけども(汗)

挿絵


挿絵は「たにはらなつき」さんが手がけています。
PCゲームの原画でも有名ですし、美少女文庫では何作か手掛けられているので、お馴染みですね。

今作でも可愛らしい女性陣ばかりですね♪
Hするヒロインだけでも、8人分だから凄いボリューム感がありますね。
ちゃんとサブヒロインたちにも挿絵もHシーンもあるだけに、満遍なく扱いが良かったのは嬉しいですね。
…人によっては、メインヒロインたちよりも人気ありそう(汗)

主人公を含めて、全体的にヒロインたちは童顔なので、大人の色気ムンムンって感じの女性はいなかったかな?
なので、可愛らしい女性キャラクターが好みであればより楽しめますね♪

主人公の顔も美少年なので、ちゃんと描かれております。
だからこそ、女性陣との絡みではどこか妖しい雰囲気を感じられる様になっていますね。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、前作と同じく女装主人公物でしたが、前作よりも良くなっている印象でしょうか。
前作は、女装の必然性が何もなかっただけにね(汗)
それを考えれば、今作はまだ女装の理由がある分、マシかな…。

女性陣の人数を考えれば、よくまとめたなって印象がありますね。
結構、政治的な要素も含みつつ、展開されているので余計にHシーンが弱くなりそうなものですが、頑張っている方かと思います。
まぁ、主人公の出来が良いだけに話がテンポよく進むってのも大きいんでしょうね。

サブキャラ含め、女性陣が多いだけに気に入る娘も見つかるのではないでしょうか?

Amazon版 電子書籍
寵姫転生 美少年になって後宮潜入!?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事