えろゼミ ~エッチにヤルきにABC~(ぷちぱら文庫 245)
10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、これまでに数々の問題児などを名門校などに合格させてきた凄腕のフリーの予備校講師です。
そんな彼は、夏にリゾートホテル島で行われる女性限定の予備校合宿に講師として招かれる事に。

そこで主人公は、いつも通りに自己流の指導方法で女生徒たちを指導していく事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 鳴海 楓」(なるみ かえで)
  • 鷺沢 華蓮」(さぎさわ かれん)
  • 長岡 里美」(ながおか さとみ)
  • 天神原 モニカ」(あまかみはら)
  • 兵頭 冬海」(ひょうどう ふゆみ)
がいます。

楓は、全国模試で上位の成績の女生徒です。
しかし、極度の緊張癖があり、その力を十二分に発揮できないでいます。
女性らしい容姿などを持っているものの、コンプレックスを抱いており、自分に自信がありません。
えろゼミ エッチにヤルきにABC

華蓮は、有名な鷺沢ホールディングスの社長令嬢です。
そんな家柄ゆえに名門校に入る事が義務となっており、予備校に通っています。
プライド高いお嬢様な性格の持ち主です。
えろゼミ エッチにヤルきにABC

里美は、今時?のギャル娘です。
片思いしている先輩の通う学園を目指し、予備校に通っているものの、成績は最下位(汗)
軽い性格ながらも、一途な面もあります。
えろゼミ エッチにヤルきにABC

モニカは、主人公をリゾートの予備校合宿に誘った張本人です。
大企業の天神原グループ社長の娘であり、自身は業界大手の天神原予備校の理事長をしています。
噂に聞く主人公の手腕に興味をもっています。
えろゼミ エッチにヤルきにABC

冬海は、天神原予備校の人気講師です。
真面目でお堅い性格の持ち主であり、主人公の指導方法に対し、強い反発を抱いています。

ストーリー展開


展開的には、有名な予備校講師である主人公が合宿に参加し、そこで女性たちを指導しまくるって流れですね。

まぁ、大体予想がつくかもしれませんが、その指導ってのがHな事な訳ですね(汗)
そのものズバリのHな行為によって、女生徒の成績を上げ、これまでは不可能だった難関校などに入学させてきたという存在なんですね。
その成功率は、なんと驚きの100%!

どんな問題児でも、主人公の指導でこれまで全員成功させてきているという伝説の存在なのです。
…凄く胡散臭い(汗)

まぁ、その噂を聞きつけたモニカから今回の合宿に誘われ、参加する事になった主人公。
そこで主人公は、成績が伸び悩む女生徒たちを指導する事になる流れですね。

勿論、どの娘も主人公とHな事をする必要があると知ると、尻ごみする事になるんですが、少しづつソフトな指導から初めて、その効果を身をもって体験した女生徒たちは最終的に身体を許す事になる様になりますね。
主人公曰く、本番行為をしなくてもそれなりに効果は見込めるらしいですが、やはり本番までやる方が圧倒的な違いが出るらしいですね、どんな原理か知りませんが(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
他にも担当した女生徒らとHな指導をしてたらしいですが、それは描かれていませんが5人いれば十分でしょう(汗)

行為的には、自慰や手コキ、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
一部では、バイブなどの小道具を使用する展開もありましたね。

主人公は、Hな行為をする事で女性陣の成績を上げる事になる訳なので、もうH三昧です♪

まぁ、胡散臭い話ではありますが、確かに主人公との行為を経験すると成績が上がるんですね。
本番行為までいかずとも、多少の行為などを経て、女性陣がそれを実感し、主人公への行為を深めていく事になる訳ですね。
なので、序盤は比較的ソフトな行為に留まっています。

それでも、キスや胸弄りなどで初めての絶頂を味わったりする程度の事はしてますけどね(汗)

効果が見込めるのが分かれば、一気に主人公への態度もかなり変わります。
別にそれまで嫌悪感とかあった訳でもないんですが、半信半疑な所から信頼へと変わるために、かなり従順な印象を受ける様になりますね。

特にそれまでお嬢様気質なところがあった華蓮は、だいぶしおらしく尽くす感じになっていたのが印象深かったですねぇ。
急に旦那様呼ばわりする様になる所は、一途でもあり、微笑ましい可愛らしさがありましたけどね♪


成績が上がる行為っても、素人から見たら(何の素人か分かりませんが…)普通の行為ですけどね(汗)
なので、特別なシチュエーションや行為ってのは特にないですね。
まぁ、分かりやすい内容を挙げるとすると、成績優秀なんだけども、緊張で普段の力を出せていない楓との行為かな。

彼女とは、成績自体がいいだけにいかに緊張しないかってのが肝な訳ですね、他の生徒と違い。
なので、彼女との行為は結構人目のある中での行為など、緊張をコントロールする様な方向性のシチュエーション行為が目立った印象でしたね。
…正直、彼女くらいしか行為で改善できそうな内容がなかった気がします(汗)

里美は、想い人がいるだけにHな行為で成績上げるのは難しい状況でしたね。
しかし、アナルセックスなら浮気じゃないと知った彼女との行為はアナルセックスがメインでしたね(汗)
…うーん、一途なんだろうけども、やはり少し頭が緩いのかな(汗)

勿論、最終的には本番行為もありますので、そこはご安心を♪

どの生徒も、行為を数多く経験していく事になるので、最終的にはかなり積極的でHな姿を見る事ができます。
大分、この辺まで来ると、随分成長したなと感じる程になっているので、大胆でHな振る舞いも堪能できますね♪


女生徒は3人だけですが、モニカ、冬海との行為も描かれています。
残念ながら、彼女たちとは初回の行為だけの描写なので、女生徒たちよりもボリュームは少ないですね。
あくまでもメインは女生徒たちって事でしょうね。

終盤は、全員交えてのハーレム展開…と言いたいですが、ないです(汗)
一応、中盤辺りに女生徒3人一緒になっての行為が少し描かれていたくらいかな。
後は、終盤に同じく女生徒たちからのアプローチがあるんですが、行為はしたらしいものの、残念ながらここでの描写は一切なく終わっています(汗)

主人公って、良くも悪くも真面目というか、あくまでも講師として接しているんですよね。
なので、関係を持った女性陣に対して情がない訳ではないものの、ある程度の距離感を保っている訳です。
対しての女性陣は、主人公との行為や人柄?に惹かれ始めていく感じになっており、それが垣間見えますね。

主人公は、過去の講師で同様に教え子たちから惚れられて指導後も迫られてしまっているの悩みみたいですね(汗)
なので、恋愛感情とは結び付かない所があるので、不思議な関係性になっている印象がありますね。
調べたらどうも原作版では、一応ヒロイン個別のエンドがあるっぽいので、実際は恋愛にも発展するのかな?

唯一、気になったのは、何か主人公が射精する際に呻くというか台詞がある所かな(汗)
うぅ、とかんん、みたいな台詞(呻き)があるんですよね、毎回。
最初、ヒロインの台詞なのかと思ったけども、隣の行であるし、って事は主人公って事なんですよね?(汗)

ちょっとそれが気になってしまいましたね、そのうぅっ!みたいな台詞の後に、俺は射精したみたいな描写があるんだから、別に台詞いらないと思うんですけどねぇ(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は、「choco-chip」さん、「猫森にゃんた」さんです。

可愛らしくも色気ムンムンな女性陣らが魅力的ですねぇ。
肉棒の描写もなかなかしっかり描き込まれているので、肉感的な女性陣の身体と共に見るとより一層行為の淫らさ、迫力を感じる事ができますね♪
えろゼミ エッチにヤルきにABC

基本的に皆、巨乳揃いなだけにパイズリの破壊力も中々な物ですね♪
舞台が夏のリゾートって事で、開放感のある舞台での行為なので、余計に大胆になっています。
服装も開放感のせいか露出が多いのも嬉しいですね。

挿絵だけ見たら、とても予備校合宿とは思えない光景ですね(汗)

挿絵数:34枚

総評


全体的には、成績を上げるためにHしまくるというお話でしたね(汗)
良くも悪くも、それだけの話なのでストーリー性はあまり期待しない方がよろしいかと…。

実際、誰がメインヒロインだとか一切ない展開、結末には好みが分かれるかもしれませんが、この主人公らしいって事なんですかね(汗)
あくまでも主人公には、講師は仕事であり、受験を終えた生徒らには良くも悪くも執着しないってのは珍しかったですね。

その分、ヒロインたちとのHな展開に特化した内容なので、中々楽しめる仕上がりになっていると思います♪

原作PC版
えろゼミ~エッチにヤル気にABC~
アトリエかぐや(BARE&BUNNY) (2016-06-24)


DMM 原作PC版ダウンロード
えろゼミ 〜エッチにヤルきにABC〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事