転生後奴隷王国 女王、騎士、メイド、魔女、女神を孕ませよう! (美少女文庫)
8月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、小柄ながら異常に強い性欲に苛まれている男子学生です。
この日、主人公は特に理由もなく勃起してしまった事から誤解され、慌ててしまった際に階段から転落してしまう事に…。

そんな主人公が次に目覚めた場所、そこは見た事もない場所でした。
何と転落死してしまった主人公は、異世界に転生する事となり、そこで子作りをする使命を託される事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • イレーネ
  • ライーア
  • セレア
  • クリシュナ
  • エローラ
がいます。

イレーネは、主人公が転生した異世界にある王国の女王です。
王国を取り巻く呪いに悩んでいます。

ライーアは、女王イレーネに忠誠を誓う女騎士団長です。
凛々しく誇り高い性格の一方で、良くも悪くも真っすぐな性格の持ち主で直情的な面も。

セレアは、女王イレーネの傍で仕えているメイドです。
冷静沈着な性格でクールな雰囲気を持っています。

クリシュナは、いわゆる魔女と呼ばれる魔法使いです。
特に淫術と称される魔術を得意としています。

エローラは、主人公をこの異世界に転生させた女神です。
間延びした口調が印象的な母性的な女性です。

ストーリー展開


展開的には、性欲が常人よりも強い主人公が子作りのために異世界に転生する事となる流れですね。

そもそも主人公は、ずっとこの性欲の強さに悩まされてきた過去があるんですね。
まぁ、理由もなくしょっちゅう勃起してれば、そりゃ生活しずらいのは当然ですな(汗)
更に、生来の気弱な性格でまともに女性と接する事ができなかったりもあって、決して恵まれた人生ではなかった訳ですね、女性に関しては。

そんな主人公に更なる悲劇が…。
通学のために電車に乗り込んだのは良かったものの、そこが女性専用車両であった事から、主人公の股間は反応しっぱなし(汗)
女性たちからの決して歓迎されていない視線にさらされてしまった彼は、文字通り逃げる様に車両から飛び出したのでした。

その際に階段を踏み外してしまい、主人公の人生は終了となってしまった訳ですね…。
しかし、その後主人公が見たものは、別世界だったのです。

何と主人公の精力の強さに目を付けた女神エローラが、主人公の力で自分の管轄である異世界を救ってほしいと頼んできたのです。
何でも、そこの世界のある国では呪いによって、男性の精力が減退し、子作りどころではなくなっていると言うんですね。
それを主人公に何とかしてもらいたいと彼女から頼まれたという流れですね。

しかし、いきなり異世界に飛ばされた主人公は、全裸で股間はギンギンという完全に不審者状態だったために、いきなり不審者扱いされてしまうなど、波乱の展開となるものの、股間の肉棒で女性陣を納得させていく流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、足コキなどがあります。

やはり今作の特徴は、この著者作品らしい描写の数々ですね。
キス、べろちゅー描写、要素に始まり、精液などの汁気の描写表現など濃い、濃厚な描写には定評があるだけに、それは今作でも同様に発揮されていますね♪
特に精液の強烈な匂いに女性陣の表情が一変する様などは見所でもありますね。

ヒロインたちは、基本的に男性との行為の経験がないため、男性との行為に対して少し受け入れにくい所があるんですね。
まぁ、15年程度前から突如として、この国内で男性が不能になれば、その機会も何もなかったのも分かりますからねぇ。
結果的に、不能になった事は男性の自信をも奪う結果となり、どうも女性の方がしっかりしているという土壌が出来上がっている事にも表れていますね。

なので、基本的に主人公どちらかと言うと、行為では受け身になりがちな所があったかな?
年齢的にも全員年上でしょうし、主人公は気弱な少年なので、主導権は向こうに行きがちですからね。
とは言え、主人公は強い性欲があるため、それが暴走すると女性陣を貪る様にHしまくり、射精しまくるので、結局女性陣は絶頂し、ぶっ倒れる事になりますが(汗)

どうも主人公の性格(気弱ってよりかは他人を気遣う感じなど)が、年上な女性陣のお姉さまたちには、ある種の母性本能を刺激してやまない様で…。
最初は、主人公を胡散臭がっていた騎士のライーアなども、すっかり主人公の世話をしたがって仕方なくなったりとメロメロにされていたのが印象的でしたねぇ。
またちょっと彼女が、そこら辺不器用っぽいのが見ててニヤニヤ♪


女性陣には、いわゆる性癖、フェチ的な嗜好があるのも印象的でしたね。
精液で顔を汚されて絶頂したり、精液の匂いに過敏に反応したり、中にはSM的ないじめられる事で快感を感じ入る者まで…。
でも、さすがに腹パンをせがむヒロインってのは結構衝撃的でしたねぇ(汗)

勿論、主人公はヒロインをぶっ叩いて快感を覚える性質ではないので、かなり手加減をしているんですが、それでも濃い光景ですね…。
挿絵の効果もあって、中々のインパクトですねぇ(汗)

終盤では、ヒロイン全員を交えてのハーレム行為となります。
かなり終盤となるのでページが少なめだったのは少し勿体なかったですねぇ、ヒロイン数が多いので仕方ないってのもあるんですが。
まぁ、その分、それまでの個々のヒロインとの行為はかなりしっかり描かれていたので、それほど物足りなさはないと思いますけどね。
元々、子作り目的だったので、この時点では皆立派なお腹での行為になっていますね♪

個人的に良かったのは、主人公が最後まで性格にブレがなかった事ですね。
この手の最初から気弱系な主人公って、途中から行為に慣れてきて次第に態度が増長する事があるじゃないですか、あれが好みじゃなくてねぇ(汗)

この主人公は、最後までこれといった変化もなかったので、個人的には良かったですね。
まぁ、人によっては逆にイラッとするのかもしれませんが…(汗)

挿絵


挿絵は「まぐろ帝國」さんが手がけています。
美少女文庫では、初めてらしいですね、帯に初登場ってあるし。
成年コミックを専門に描かれている方なのかな?

表紙絵でも分かる様に、繊細でしっとりとした等身の高めな絵柄が印象的ですね。
年上系ヒロインが得意なのかな? もしかして。
だとしたら、今作の様な作風ともピッタリとも言えますねぇ。

表紙絵などのカラー絵では、瞳の描き方など表情がかなりリアルで、正直好みから外れちゃうかなって思ったんですが、中の挿絵ではモノクロというのもあるのか、大分表情、瞳の描かれ方がコミック寄りというかリアルさが幾分和らいで好みな物になっていたので、良かったです。
普通に可愛らしさも含まれていて、かなり親しみやすい絵柄になっていたのが印象的でしたね。
表紙絵などのカラーだと、ちょっと硬めな感じに見えたので、これは嬉しい誤算でした。

成年コミックを手掛けられている事もあり、精液などの汁気描写などもかなり緻密に描き込まれており、見応え十分ですね♪
それでいて、そこまで生々しすぎず、嫌悪感を抱かせない塩梅なのはさすがですね。
スピード感、勢いを感じさせる構図なども、コミックなどを手掛けておられるゆえですかねぇ。
腹パンもしっかりですね(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、えすかれで濃い内容だったのですが、割と展開的にも主人公のキャラクター的にもシンプルで、分かりやすく読みやすい内容に仕上がっていたと思います。
恋愛色は、そこまで露骨ではないものの、ヒロインたちが主人公に抱く感情なども丁寧に描かれており、感情移入しやすかったのも大きかったかな。
…えすかれなのに、そこまでぶっ飛んだ性格のヒロインじゃなかったのも影響しているかな?(汗)

ハーレム物としても、中々良い感じでHシーン共に楽しめる作品になっているのではないでしょうか。

Amazon版 電子書籍
転生後奴隷王国 女王、騎士、メイド、魔女、女神を孕ませよう!

DMM 電子書籍
転生後奴隷王国 女王、騎士、メイド、魔女、女神を孕ませよう!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事