妹エッチ以外ぜったい禁止! 委員長、妹の親友、中二病少女と…… (美少女文庫)
6月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、普通の学生…と思いきや、実は超能力の持ち主だったのです(汗)
そのため様々な事が簡単にできてしまう彼でしたが、ある悩みも持っていたのです。
それは…、無意識に異性を惚れさせてしまう能力!(汗)

この能力のために、主人公の周りには惚れてしまった女性陣が…という展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 恋ヶ原 七香」(こいがはら ななか)
  • 双葉 真緒」(ふたば まお)
  • 春日 早月」(かすが さつき)
  • 姫代 杏子」(ひめしろ あんず)
がいます。

七香は、主人公の妹です。
感情表現がはっきりしており、直情的な性格です。
主人公が好きなブラコン気質ですが、普段は素直になれない態度を見せています。

真緒は、七香の友人です。
天真爛漫な愛らしさを持っており、少し子供っぽい印象も。
体格も少し小柄な愛らしさを感じさせます。

早月は、主人公のクラスメートで委員長です。
真面目で人当たりも良い性格の持ち主です。

杏子も、主人公のクラスメートです。
眼帯をしており、大人しい性格なためクラスから孤立気味な所があります。

ストーリー展開


展開的には、超能力の使える主人公が無意識に女性たちを惚れさせていく流れですね。
…何、その能力!?(汗)

主人公は、幼い頃からいわゆる超能力と呼ばれる力を持っていたんですね。
その力で大抵の事は何でもこなせていた訳ですが、それゆえにいらないトラブルも呼び起こしていた訳ですね。
まぁ、それらのトラブルは超能力で解決できるものでしたが、現在の主人公を悩ませているトラブルは超能力ではどうにもならないものだったのです。

それもそのはず、そのトラブル自体が超能力によるものだったから(汗)

何と、主人公の意志とは無関係に女性を惚れさせてしまう超能力が発動してしまったのです。
これによって、主人公らは同じところにおれず、各地を転々とするようになってしまったんですね(汗)

一応、この惚れ状態を解除する方法、手段は存在しているのですが、それは相手とHするという、かなり問題のある方法(汗)
そのため主人公は、これまでに何人、何十人もの女性たちと気持ちのない性行為をしてきたという境遇があったのです。

…そして、新天地となる新たな地でも、早速主人公に惚れてしまう女性陣が続発してしまう事となる流れですね(汗)


うらやましい気もしますが、好きでもない相手ってのは中々つらいものがありますな(汗)
更に、この一方的な恋愛関係は、主人公が相手と関係を持った後には綺麗に消えてしまうんですね。
嫌われるというニュアンスではないですが、相手からごめんなさいを告げられて、一方的な恋愛関係は消滅する事になる訳です。

そのため、主人公はこういう関係を繰り返し続けたせいなどもあり、女性(行為)に対して無関心になってしまっているんですね。
なので、主人公の性格も達観しているというか、落ち着きすぎている所がありますね。
元々、イケメンに加え、超能力で天才的な優秀さを持っているだけに、年頃の男子とは別物な印象ですね。

だから、単純に超能力なくてもある程度はモテる要素は持ち合わせているんでしょうけどね(汗)

ちなみに主人公の妹の七香だけは、身内だからか影響を受けません。
まぁ、彼女は元から主人公大好き娘なので、あんまり関係ないかも(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや自慰、パイズリなどがあります。
行為の種類としては、控えめかな?

やはり見所は、無意識的に女性たちと関係を持ってしまう点でしょうか。
普通のスケベ主人公なら、喜んで応じるんでしょうが、この主人公はもうあくまでも女性陣との関係を正常に戻すための作業的なものとしているので、ガツガツはしていないってのが大きな違いですかね。

まぁ、作業なんて悪い表現を私はしましたが、あくまでも主人公は理性的で結構真面目なので、こういう形で彼女たちと関係を持つ事に責任を感じている訳ですね。
どうせ関係を持つ事が避けられないというのであれば、少しでも良い経験としてもらいたいと女性陣を感じさせる様に努める生真面目さがありますね。

ちなみに主人公は、この年齢にして経験人数がえらい事になっているので、テクニックも凄いらしいですよ(汗)
なので、経験なしだった女性陣も最初こそ破瓜の痛みを感じるものの、最終的にははしたなく絶頂する姿を見せるまでになりますね♪


女性陣とは、基本的に例の能力によって突発的にHな関係になる事に。
そのため、良くも悪くも良い雰囲気、ムードから盛り上がってみたいな流れじゃなくて、すぐ好きですっ!みたいな形から始まるだけに、情緒があまりなかったのは個人的には残念かな(汗)
それでも主人公の持ち前の女性の扱いの上手さなどもあり、行為中は良い雰囲気になっていましたけどね♪

全員、男性経験のないヒロインたちばかりなので、初回の行為はどうしても幾分おとなしめな印象ですね。
勿論、行為が進むにつれてドンドンHな姿を見せてくれる様にはなりますけどね。

彼女たちも超能力の影響で主人公に惚れている訳ですが、それでもその間の彼女たちの心は本物でもある訳です。
なので、行為の最中のやり取りなどにも彼女たちの想いは込められているとも言えますね。
とは言え、やはり力が原因って分かっていると、どうしてもねぇ(汗)

そうなると、やはり影響を受けない存在である妹の七香が目立つ存在になってくるのは当然かなと。
実際、メインヒロイン的な立場なだけに途中からは特に彼女を主とした展開になっていきます。

七香の主人公に対する感情が描かれているので、感情移入度も他のヒロインよりも高いですね。
まぁ、想っている年月の重みが違いますからねぇ(汗)

それだけに、それが成就した時の彼女の幸せそうな姿はグッとくるものがありますね。
主人公は変な所が抜けているだけに、余計にね(汗)
七香は、ツンデレブラコン娘みたいな感じで書かれていますけども、あまりツンデレ感はなかったかな?
その分、かなり甘さが強めに描かれていると思いますので、ギャップという面では控えめですが、十分楽しめました♪

主人公の能力で他の女性と関係を良く持つだけに、そこら辺で焼きもちを焼く姿にニヤニヤ♪
まぁ、彼女からしたらそりゃ焼きもちも焼きますわなって話ですけどね(汗)


意外だったのは、こんな設定なだけにハーレム展開があると思いきや…、特になかった事ですね。
てっきり読む前から、ハーレム物だと思い込んでいた私には、「アレ?」って感じでした(汗)
能力で関係を持った相手とは、関係を持った時点で終わりな訳で、その後には繋がらないからハーレム展開にならないという事ですな(汗)

挿絵


挿絵は「みけおう」さんが手がけています。
PCゲームの原画や挿絵などでもお馴染みの方ですね。

それだけに可愛らしい絵柄には定評がありますね♪
今作でも、愛らしい女性陣を魅力的に描いていますね。

同学年か1つ下な年齢の女性陣なんですが、可愛らしさが強い印象ですね。
そういえば今作には年上の女性は出てこなかったので、見てみたかった気もしますね。

皆、可愛い系のヒロインなので、妹系が好みであればより楽しめるのではないでしょうか。
セクシー系なお姉さん系なヒロインはいませんでしたしね。

個人的には、眼帯少女な杏子が印象的かな。
彼女は主人公と同い年ですが、敬語で接してきたりするせいもあるのか、どこか妹感というか年下な印象があるんですよね(汗)
そこが彼女の魅力でもありますけどね♪

妹の七香は、ツンデレらしく?安定のツインテールですな。
でも、表情が柔らかいので、ツンデレって感じは控えめでしたね、全く気にはなりませんけれども。

他のふたりは…、正直出番も少なめでやや印象が弱い(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、超能力によるモテモテだったりなど緩いノリが印象的な作品でしたね。
そこまでぶっ飛んだノリではないので、読みやすい範疇かと思います。

モテモテって事でいかにもハーレム物っぽいですが、正確には純粋なハーレム物ではないので、そこら辺を期待してた人には残念かもしれませんね。
むしろハーレム物というよりも、妹物として読むのが良さそうですね。

もう少し他のヒロインらの存在感があると盛り上がったのではないかと思うんですけどね。
杏子は割とキャラも立ってたりしたんですが、その他のふたりの描写が今一つ弱かったのが勿体なかったですねぇ、可愛らしいのに(汗)

Amazon版 電子書籍
妹エッチ以外ぜったい禁止! 委員長、妹の親友、中二病少女と……

DMM 電子書籍
妹エッチ以外ぜったい禁止! 委員長、妹の親友、中二病少女と……

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事