俺のメイドハーレムはいつだってご奉仕争奪戦です! (ぷちぱら文庫Creative141)
4月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、普通の男子学生です。
そんな彼は、幼なじみの「奏美」(かなみ)に告白し、OKをもらい、付き合い出したばかりです。
無事、付き合う事になった主人公ですが、ある悩みも…。

それは、妹の「柚希」(ゆずき)の存在でした。
主人公を運命の人と思い込んでいる、残念な妹だったであり、奏美から兄を取り戻そうと迫ってくる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 姫宮 奏美」(ひめみや かなみ)
  • 上里 柚希」(かみさと ゆずき)
がいます。

奏美は、主人公の幼なじみです。
純粋で控えめな性格の持ち主で、学校内でもファンが多い存在でもあります。

柚希は、主人公の妹です。
兄である主人公にべた惚れしており、主人公と結婚する気でいます。
なぜか、家でもメイド服でいます。

ストーリー展開


展開的には、幼なじみの奏美と付き合いだした主人公ですが、そこを兄を溺愛する柚希に迫られる事になる流れですね。

めでたく奏美と付き合い出した事は嬉しい事なんですけども、そこで邪魔をするのが妹の柚希ってのがね(汗)
しかも、柚希は何故か主人公を運命の人みたいな思い込みをしているという、ちょっと残念な妹でもあるんですね(汗)

そんな彼女なだけに、主人公の幼なじみである奏美の事を好ましく思っている訳もなく、日頃から女狐呼ばわりする有様。
それだけに、主人公が彼女と付き合い出したなんて知れたら…。
予想通りに奏美との交際に猛反対な柚希…、そして、ついに柚希は主人公と関係を持とうと実力行使に出たという流れですね。

それを知った奏美も、主人公を譲るつもりはないとばかりに積極的になっていく事になりますね。

Hシーン


Hシーンは、二人との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
ほかの要素では、双頭バイブなんてマニアックな物もありますね。

タイプの違うヒロインたちが主人公を巡って、張り合っていく所が見どころですね。
共通するのは、主人公が大好きって所くらいですが、そこがかぶっているから揉めている訳ですが(汗)

初心で素直な奏美、勝気で変態的な愛をこじらせる柚希、性格も違うだけに、お互いの個性が引き立てあっていますね。
…柚希の方が年下なのに、主人公含め、一番に主導権を握っている感があるのが、何とも(汗)

まぁ、奏美も柚希に負けじと、次第に積極的に主人公の行為に応じる様になったりと頑張ってきますけどね。
意外と彼女の方が思い切ったら強いかもしれませんねぇ。

…主人公は、ヒロインの板挟みで終始、ペースを乱されまくってたけども(汗)
ってか、力で妹の柚希に敵わないって兄としての威厳も何もないですな(汗)

しかし、この女性陣の関係性も中盤辺りで大きく動き出す事に。
まさかの奏美からの柚希と一緒に3人でしたいと言い出し、何かハーレムな展開になっていく訳ですね♪
ここで、表紙絵にもある様に柚希だけではなく、奏美もメイド服を貸してもらい、ふたりのメイドさんによるご奉仕展開に。


一部では、女性陣同士での絡みもありましたね。
最初は不仲だった(一方的に柚希だけですが)訳ですが、何だかんだ一緒に主人公との行為をしていく中で、主に柚希の態度も軟化してきますね。
一緒になって、主人公へのご奉仕をしたりと結構息の合った動きを見せますね。

一番、変化が大きかったのは奏美でしたねぇ。
まぁ、初心な性格な分、様々な知識や行為を吸収していったって所もあるんでしょうね。
最後の方では、かなりの積極性を見せて、柚希をも驚かせるような姿を見せてくれます♪

挿絵


挿絵は「きびぃもか」さんが手がけています。
イラストなどの活動をされているみたいですね。
カバーコメントによると、初の文庫本の仕事だそうですが、そんな事を感じさせないクオリティですね♪

表紙絵を見ても分かる様に、柔らかく可愛らしさの強い絵柄ですね。
この絵柄だと、妹の柚希の何か企んでそうな表情も許せます…よね?(汗)

ふたりともぷにっとした肉感的な描写が抱きしめたくなる可愛らしさがありますね。
抱き心地良さそうですねぇ、ふたりとも。
メイド服姿になると、また可愛らしさがより強調されますね。

コミック的な描き文字も行為シーンでは、豊富に描かれており、行為に艶めかしさを加えていますねぇ。
やはりじゅるじゅるみたいな効果音などがあると、余計に卑猥さが増しますもんね♪

挿絵数:10枚

総評


全体的には、タイトル通りに女性陣が主人公を巡っての展開でしたね。
まぁ、メイド要素に関しては無理やりねじ込んだ感はありますけどもね、ただメイドを入れただけの様な(汗)

可愛らしい幼なじみと妹に愛される展開は、何だかんだ満更ではないですねぇ。
でも、主人公のキャラがあまり目立っていなかったのも正直な所ですね(汗)
ただ女性陣に流されて、Hしまくっていただけとも言えるキャラクターは好みが分かれるかもしれませんね。

これといった展開がある訳でもないので、そこら辺が気にならなければ、問題なく楽しめるとは思いますけどね(汗)
…大分、挿絵に助けられている様な気がします(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事