姫騎士会長アイラ 背徳の快楽接待 (二次元ドリームノベルズ)
新居 佑
キルタイムコミュニケーション (2016-03-24)

姫騎士会長アイラ 背徳の快楽接待 (二次元ドリームノベルズ)
3月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「アイラ」は、名門学園の生徒会長であり、現在理事長まで兼任している才女です。
しかし、彼女の置かれていた立場はあまり良いとは言えない状況だったのです。

アイラは、学園を狙う政治家から大事な学園を守るために、自らの肉体を差し出す事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 蘇芳 アイラ」(すおう)
がいます。

アイラは、名門学園の生徒会長であり、理事長です。
国内有数の魔法騎士でもあり、その能力は圧倒的なものがあります。
責任感、正義感の強い持ち主でもあります。
最近、下級生の男子生徒と交際をし始めたばかりです。

ストーリー展開


展開的には、アイラが理事長をしている学園の危機を彼女が自らの身体を持って、守ろうと奮闘する流れですね。

アイラたちが通っている学園、聖アザリア学園は歴史ある名門でもあります。
この世界では魔法の力が存在しており、この学園ではその魔法を正義のために使う人材を育成するという魔法騎士科もあるんですね。

そしてアイラも、生徒会長、理事長の顔だけではなく、学生の本分でもある魔法騎士としての顔も。
彼女の魔法騎士としてのレベルは、国内でも有数のSクラスであり、その能力は圧倒的なものがあります。

しかし、そんな彼女にも悩みの種が…。
それは、この学園の経営難という世知辛い現実でした。

ブランドとしても申し分ない、この学園ですが、昨今の情勢では残念な事に需要に乏しい所があるんですね。
現在世の中に多く求められている魔法騎士は、民を守るべき騎士というよりも戦士の様な戦う集団という認識があったのです。

結果、この学園の立場は、他の新興校によって名ばかりといった物へと変化していった訳ですね。

また困った事に、それでも学園から有力な騎士を輩出すれば良かったのですが、近年ではアイラくらいしか有力な魔法騎士が出てこないという現状も、学園の弱みとなっていたのです。


そして、学園は莫大な借金を抱える事となり、それを事もあろうに、胡散臭い新興校を立ち上げている政治家「小寺」に狙われてしまったのです。
向こうからしたら、今でこそこんな有様ですが、新興校にはない伝統、格式を持ち合わせる、この学園を手に入れる事は相当な恩恵がありますからね。

後、数か月で借金を返済する事が出来なければ、学園が奴の手に落ちる事に…。

アイラの曽祖父が作った学園であり、その学園を好き勝手にさせる訳にはいかないとアイラが思うのも、当然ですな。
更に、彼女にはどうしても守りたいものが他にもあったのです。

それは、最近恋人になった下級生の男子の存在。
魔法騎士としての能力は、アイラとは比較にならない程の物ですが、彼女に相応しい存在になろうと努力を重ねる彼をアイラは愛していたのです。
学園が無くなれば、彼の目標も消えてしまう…。

ここで彼女が取った決断は、小寺に従い、自分の身を差し出す事で大金を手に入れ、借金を返済しようというものだったという流れですね。

…あー、これは泥沼パターンですよねぇ、先が見える様だ(汗)

Hシーン


Hシーンは、アイラの行為が描かれています。

行為的には、パイズリやフェラ、アナルセックスなどがあります。
他の要素では、触手などの要素もありますね(汗)

見所としては、やはりアイラが彼氏などを守るために身体を差出し、快楽との板挟みに悶える様ですね。
彼女からしたら、たまったもんじゃない訳ですが(汗)

序盤から、子宮内に媚薬成分を分泌する様な怪しい蟲を入れられてしまい、身体をドンドン敏感に発情状態に仕立て上げられてしまいます。
そんな状態の彼女に、次々と襲い掛かる性の地獄…。
恋人と交際してても、まだ初体験まではいってないような彼女にとって、この責め苦は未知の物ばかりであり、彼女を追いつめて行く事となりますね。

生まれてこの方した事もない様な、破廉恥な恰好だったり、淫らな言葉を言わされ、戸惑いつつも、強烈な快感がアイラの価値観、正義感を少しづつ確実に蝕んでいく様がじっくりねっとり描かれていますね。

それと同時にたまに出てくる恋人とやり取りなんかが、アイラの罪悪感を強烈に刺激する事に…。
恋人の綺麗な眼差し、言葉が、結果として彼女の行っている罪深き行為への罪悪感を抉ってきますね(汗)

まぁ、それは結果として、彼女に早く借金を返済するという新たな決意をさせる事となり、彼女の身を堕とす歩みを早める事に繋がるのが皮肉な話ですねぇ…。


魔法がある世界観でもあるので、魔力を使った責めもありますね。
上記に書いた触手要素も、その一部ですね。
触手だけではなく、魔法によって発情状態を飛躍的に高めたりと、様々な効果でアイラを追いつめていく訳ですね。

まぁ、個人的には薬だったり魔法などでヒロインを堕とす様な展開はあまり好みではないんですよね(汗)
魔法騎士云々は、正直責めのバリエーションを増やすための設定な割には、正直あまり責めのバリエーション自体は控え目だったかな。
要所では、活用していたけどもって感じですね、印象的に弱かったと。


後は、裏表紙の説明に、寝取られるみたいな記載がありましたね(汗)

まぁ、その辺の要素は、二次元ドリームノベルズだと、そこまで気にならないんじゃないですかね?
ヒロインがもっとエグイ仕打ちとか別に珍しくもないですしねぇ、寝取られなんか屁でもないでしょ(汗)

二次元ドリームノベルズなんて、ヒロインが酷い目に遭うのを毎回読まされているんだから、あんまり強い印象は感じないんじゃないかなと。
私も、そういうレーベルだという前提の意識で読んでいるせいか、そこまでショックとかはないですしね(汗)

挿絵


挿絵は「コザ」さんが手がけています。
同人活動などもされているみたいですね。

金髪碧眼の人目を惹くアイラを魅力的に描いていますね。
凛々しさも感じさせつつも、比較的穏やかで柔らかさも感じさせるキャラクターですね、アイラって。
年下の恋人いる辺りも相まって、お姉さん的なキャラクターですね。

他の二次元ドリームノベルズ作品のヒロインって、寄らば斬るみたいな娘もいるだけにね(汗)

何といっても、あの主張が激しい胸の存在は見所ですね♪
立派に育った胸が様々な責めで、様々な顔を見せてくれますね。
勿論、胸だけではなく、アイラ自身の表情もですけども(汗)

描き込まれたメリハリのある描線が、彼女のいやらしさをより感じさせますね。
ドンドン瞳が惚けていく感じが見て取れるのも、彼女の染まり具合が分かりますねぇ。

一部、アへ顔的なものも含まれていますが、そこまで気にならないかと思います。
中には、瞳の中にハートマークがあるものも…(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、大事なものを守るために身体を張り続けていくアイラの姿が印象的な作品でしたね。
まぁ、この手のヒロインは意志が強くないとやっていけませんな(汗)

上記にも少し書いた寝取られみたいな要素に関しては、殆ど風味付け程度なものと考えて良いかと(汗)
特別それを重視した内容でもなかったですし、売りにするには弱すぎますね。
終盤、結構そっち方面で頑張ってはいたけども…。

あんまり魔法騎士の強さも感じる展開は少なかったせいもあってか、若干アイラの強さが見えにくかった感も。
終始、結局のところ、最初から最後まで小寺に押されっぱなしで勝ち目が見えなかったしねぇ(汗)

歯応えという意味では、彼女は残念ながら物足りなかったかもしれません(汗)
それでも健気に頑張る彼女の姿は、見所ですね。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事