触り放題! ハメ放題! 公然恥辱のライセンス(ぷちぱら文庫235)
2月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、うだつの上がらないキモい親父です(汗)
そんな彼は、電車内で見かけた芸能人かと思う様な可愛い娘を眺めて楽しんでいたのですが、何見てんだと彼氏にボコボコにされる羽目に…。

ある意味、自業自得な状況ですが、そんな主人公の前に男が…。
何と、その男から復讐に協力しようと持ちかけられる事となり、主人公は男の助力を得て、あの娘に復讐をする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • サリナ
がいます。

サリナは、芸能人と思ってしまう程の美貌を持つギャル娘です。
しかし、容姿とは裏腹に性格はワガママで自己中心的な所があり、主人公の様なキモい親父などを毛嫌いしています。
頭の悪そうな男と付き合っています。
触り放題! ハメ放題! 公然恥辱のライセンス

ストーリー展開


展開的には、キモい親父主人公を馬鹿にしたギャル娘に復讐をする流れですね。
…若干、自業自得な気もしないではないですけどねぇ(汗)
とは言え、見てただけで彼女の連れの男にボコボコにされ、有り金を奪われるのはさすがに可哀想なものがありますがね。

そして、主人公の心に宿った感情は激しい怒りでした。
理不尽極まりない仕打ちに怒り心頭だった彼に声をかける存在が現われたのです。

それは、一見穏やかな老紳士に見える男性。
そんな彼から主人公は、携帯電話を手渡される事になるも、勿論自分の物ではありません。
その携帯は、老紳士の物でした。

そして、彼が口にしたのは「復讐」という、主人公の心情を読んだかのような言葉でした。

老紳士曰く、自分が主人公の復讐の手助けをしたいなどと言い出したのです。
最初は、悪い冗談と笑い飛ばそうとした主人公ですが、老紳士の言葉はさらに続き、それを使えば自分が財力と人を使い、復讐のために主人公がやりたい事を実現させてみせると…。

どうも、この老紳士も今もさっきの様な娘みたいな高慢で傲慢な女性に対して、相当な憎しみを抱いているんですね。
その復讐心で成功者となり、何でも叶う状況になった時には皮肉な事に既に男としての力はなくなっていたと。
そこで、自分と同じ様な主人公に目を付け、それを晴らしてもらいたいという願望もそこには含まれていたという事ですねぇ。

こうして、主人公は老紳士からの協力を得る事ができる様になり、これを利用して、自分をコケにしたサリナに復讐をする流れですね。

Hシーン


Hシーンは、サリナとの行為が描かれています。

行為的には、素股やアナルセックス、パイズリ、手コキなどがあります。

やはり見所は、謎の老紳士による協力ですね。
この協力によって、主人公は法も手出しできない様な状況下を手に入れる事に…。
例えば、電車内の車両丸ごと自分の行為に干渉しない状況を作り出したりなど、普通ではありえない状況を老紳士によって提供してもらえる訳ですね。
触り放題! ハメ放題! 公然恥辱のライセンス 触り放題! ハメ放題! 公然恥辱のライセンス

…どんな権力、財力を得れば可能なんですかねぇ、これ(汗)

ともあれ、これによって主人公は誰の邪魔もなく、サリナに復讐が出来る訳ですな。

キモい親父って事で、モテてきた事の無い主人公なので、風俗嬢以外との行為の経験はありません。
しかし、主人公はHな行為に関しては中々テクニシャンな様で、ねちっこい愛撫などでサリナを絶頂に追い込んでいく事になりますね。
また、この主人公も巨根なんですよ、これが(汗)

このメーカーさんの作品は、皆、こんな主人公像ですねぇ(汗)

まぁ、そんな訳で彼氏の肉棒など問題にならない、主人公の巨根っぷりでサリナをメロメロにさせていく事に。
でも、他の巨根シリーズみたいにいきなり堕ちませんので、ご安心を。
あっちのシリーズは、初回で巨根突っ込んだら、行為後はもう完堕ちなので物足りないですからね(汗)

あっちは、複数ヒロインなんでまだ大丈夫ですが、この作品はサリナひとりですから、あのペースで堕ちたら残り8割とかどうなるんだって話ですからね(汗)
なので、サリナも次々ねちっこい行為で絶頂させられても、何とか勝ち気に罵って来る事になりますが、そんな姿で凄まれても怖くも何ともないですから、主人公にはどこ吹く風ですけどね(汗)

それに例の老紳士の協力もあるだけに、限定的とはいえ実質何でも出来るようなものなので、ひるむ訳もなく♪

公然恥辱ってタイトルでも分かるでしょうが、行為の場が外な訳ですよね、電車内や店内とか。
まぁ、どっかのホテルの一室とかだと、老紳士の凄さはあまり伝わりにくくなるでしょうし、これくらいの舞台じゃないとね。
なので、周りに人がいる状況下での行為展開が苦手だとちょっとアレかもしれませんね(汗)


嫌々、キモい主人公に好き勝手されてしまうサリナですが、次第に行為を重ねていく内に変化が…。
まぁ、誰も助けてくれない状況下でひたすら絶頂させられてしまう様な事を繰り返していれば、嫌でも反応が変わるのは当然でしょう。
そして、主人公にも心情の変化が起こる様になる訳ですね。

それは、復讐心ではなく、執着心。
この始めは復讐心から始まった訳ですが、元々魅力的な彼女を自分のモノにしたいという考えに変わるのはある意味自然な事でしょうね。
実際、最初にボコられる前はサリナの美貌に魅入られてた訳ですしね。

終盤は、すっかり主人公の肉棒、Hにハマったサリナとの展開がありますね。
相変わらず主人公自身への感情はキモい所から変わっていませんが、行為となれば何だかんだと言いながらも乗り気な姿が見えますね。

ちょっと面白かったのは、いつも老紳士の差し金な周囲の傍観する人らが、主人公たちの行為にドン引きになっていたりするのが(汗)
さすがにお仕事で、そこにいるだけの人らには、このふたりの痴態はきついのか(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当「石井彰」さんが手がけています。

やはりというか、所々でこの人の絵だなぁと思う様な場面がチラホラ(汗)
勝ち気で強い表情から、アへ顔的な表情までとギャップに富んだ絵柄は見所のひとつですね。
触り放題! ハメ放題! 公然恥辱のライセンス 触り放題! ハメ放題! 公然恥辱のライセンス

勝ち気なギャルとかがハマるんですよね、この人の絵は。
…別作品のせいで、そう感じるのかな?(汗)

主人公の顔も結構映り込んでいましたが、たしかにスケベ親父顔だなぁ、これは(汗)
巨根シリーズだとキモメン主人公みたいな事書いてても、思ったよりかはマシなのもいましたが、これはキモイってよりかはドスケベ顔かな(汗)
まぁ、確かにそんな好感は持てないかな(汗)

個人的には、サリナのバイト先のウェイトレスの制服姿は結構好みでしたね。
…彼女も普通にバイトするんですねぇ(汗)

そういや原作版の画像、彼女の肌色が違うの分かります?
どうやら原作版では、ガングロ、美白と肌色を選択可能らしいですね。
多分、ノベル版では美白なのかな? 白黒で良く分からないんけども(汗)

原作版のパッケージ絵は、ガングロけども、文庫の表紙絵は美白なんですね。

挿絵数:36枚

総評


全体的には、後ろ盾を得た主人公が好き勝手復讐するって話でしたねぇ。
最後まで老紳士の正体などには触れず終いなど設定投げっぱなしでしたが、こういう使い方する作品が多いから、別にこの作品に限った事ではないですけどもね(汗)

個人的には、サリナとの進展した関係をもっと見たかったので、そこら辺がアッサリしているのは残念でしたね。
変わったふたりによるHシーンこそ少しありましたが、普段のやり取りとか見たかったですね。
まぁ、Hで繋がっている様な関係性だからなぁ、それメインになるのは仕方ないかな(汗)

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
【割引】 触り放題!ハメ放題!公然恥辱のライセンス〜携帯一つで無法モード!生意気ギャルをキモオヤジのテクでアッヘアヘにしてやるよ!〜

Amazon版 電子書籍
触り放題!ハメ放題!公然恥辱のライセンス (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
触り放題!ハメ放題!公然恥辱のライセンス

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ