12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、名門の一族に生まれながらも、出来が悪く恥さらしと言われている存在です。
現在は、親族の経営するマンションでお飾りの管理人として、ただそこにいる存在と化しています(汗)
見た目もキモく、無能なのだから、当然住民の好感も決して高くなく…。

そんな彼でしたが、唯一の自慢がありました。
それはこの時代には存在しないとされた巨根の持ち主であり、主人公はマンションの人妻たちをモノにしようとする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 高山 静」(たかやま しずか)
  • 坂上 琴乃」(さかがみ ことの)
  • 伊藤 仁美」(いとう ひとみ)
  • 篠原 麻美子」(しのはら まみこ)
  • 藤村 円」(ふじむら まどか)
がいます。

静は、マンションの住人です。
イケメンの旦那と結婚しており、ご近所でも評判の夫婦でもあります。
しかし、若い頃は結構遊んでいた様で、若い年下のイケメン好き。
キモメンでも巨根なら人の妻を自分のモノにできる!
*金髪の娘です

琴乃も、マンションの住人です。
主人公とは幼なじみであり、主人公にとっては憧れのお姉さん的存在です。
明るい性格で、弟の様に可愛がっていたものの、異性としては見ていません。
旦那は単身赴任中。
キモメンでも巨根なら人の妻を自分のモノにできる!
*青い髪の娘です

仁美も、マンションの住人です。
主人公の遠縁にあたる伯父の妻でもあります。
知的なエリートビジネスウーマンです。
キモメンでも巨根なら人の妻を自分のモノにできる!
*眼鏡の娘です

麻美子も、マンションの住人です。
主人公を学生時代にいじめていた同級生の母親です。
いじめてた息子とは真逆のおっとり優しい母性的な性格の持ち主です。
キモメンでも巨根なら人の妻を自分のモノにできる!

円も、マンションの住人です。
夫婦で弁当屋を経営しています。
また夫婦共に、元ヤンキーという経歴の持ち主でもあります。
キモメンでも巨根なら人の妻を自分のモノにできる!

ストーリー展開


展開的には、キモい無能な主人公が巨根で人妻らをモノにしていく流れですね。
安定の巨根シリーズっぷり(汗)

まぁ、シリーズお約束で、この時代では男性の性器が縮小し、まともに勃起しても2センチ程度のサイズどまりらしいんですね。
そのため、性行為で直接妊娠させる事は難しくなっており、主に体外受精での子作りになっているという現状があります。

そんな時代にあって、主人公の肉棒は巨根サイズだったのです。
ですが、生来のキモさなどもあり、恋愛どころではなかった訳ですね。
肉棒が巨根だと、それ以外を捨てて生きなきゃならんのですかね?(汗)

そんな主人公は、親族のマンションにお飾りの管理人としている事に。
周りの住民の女性陣は皆美人揃いですが、皆人妻ばかり…。

そんな環境下でも、主人公は何だかんだ女性陣と接する機会を嬉しく思っているんですね。
一応、彼女たちも個人差はありますが、割とまともに接してくれる方ではありますけどね、過去のシリーズに比べると。
その点は、やはり人妻の余裕か、若い娘とは違いますねぇ。

とは言え、男性として見ているかってなると、それはさすがに無理なんですけどね(汗)
まぁ、彼女たちはそれぞれ旦那がいる訳ですし、そもそもが難しい訳ですが。

いくら巨根でも、それを使う機会がなければ、結局無意味…。

しかし、ある日、住民のひとりである静香とあるきっかけで股間を見せる流れに。
ここから主人公の巨根を知る事となった静香は、主人公の巨根に既にメロメロ(汗)

こうして、主人公は静香以外の女性陣にも巨根を活用し、自分のモノにしようとする流れですね。
…まぁ、いつもの巨根シリーズの流れですな(汗)

Hシーン


Hシーンは、全員との行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリなどがあります。
やはり何といっても巨根要素が全てですよね、いつもの事ですが(汗)

ヒロイン全員が人妻なので、男性経験はある訳ですが、そんな彼女たちが今までに経験した事がない衝撃を受ける様は見所のひとつですね。
キモメンでも巨根なら人の妻を自分のモノにできる!

シリーズ同様に初回の行為でもうメロメロに落ちるので、アッサリ感が凄いです(汗)
ヒロイン数も5人と多いですし、これくらいで丁度いいのかもしれませんけどもね。

彼女たちは全員男性経験こそありますが、皆男性器のサイズは小さい訳です。
行為経験こそあっても、巨根での行為、本来感じているはずであろう快感に対しては未経験とも言えます。
そのため、経験者ながらも巨根への反応、奥に大量の精液を注がれる感覚など未知の物でもあるんですね。

なので、面白い感覚がありますね、経験豊富なのに絶頂の経験がないとか相反する要素ってのは。

今作では、人妻たちなので寝取りの要素も含まれているのも特徴ですね。
…なんですが、正直あまり感じるものがなかったんですよねぇ、私には(汗)

全員分ではないですが、旦那たちに直接主人公の行為を見せつけて、向こうに精神的ダメージを与える展開もあるんですが、弱く感じますね。
あんまり普段のシリーズと変わらない印象があって、特に印象に残るものがなかったですね。
過去のシリーズ作でも、ヒロインによっては彼氏持ちな娘もいましたし、それらと大差がなかったんですよね。

彼氏と旦那では、その重みも大分違うはずなんですが、大して差も感じず…。

寝取る感慨も元々希薄なのも影響しているのもあるんでしょうね、何せ初回で落ちますし(汗)
なので、寝取り要素を期待すると肩透かしを受けると思いますので、過度の期待はせずに、いつも通りと思いましょう(汗)
キモメンでも巨根なら人の妻を自分のモノにできる!

でも、あとがきを見ると寝取るシーンをメインに~…ってあるんですよね。
…私の感覚が馬鹿になっているだけなのかもしれません(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「石井彰」さんが手がけています。

もはや安定のクオリティーなので、どうこう言う事もないんですが(汗)
妻らのデザインも、ギャル系だったり、おっとり系、ヤンキー系などしっかり定番な面子を描いていますね。
…まぁ、大体シリーズ毎のヒロインタイプが似たり寄ったりなのですけども(汗)
キモメンでも巨根なら人の妻を自分のモノにできる! キモメンでも巨根なら人の妻を自分のモノにできる!

それだけに、特にこれといった今作ならではの要素はないとも言えますが(汗)
表情の差分程度も含めても、かなりの挿絵の枚数になっているので、中々見応えがあるとは思いますよ。

個人的には、主人公が自分のモノにした際に乳首にピアスを付けるのは、どーかなって思いましたけども(汗)
場面変わったらもうピアスつけている状態なので、痛々しいものは全くないですけどもね。
後は、あまり分かりにくいけども股間の毛をハート型にカットしているとかどうでもいいこだわりを見せていますね(汗)

挿絵数:42枚

総評


全体的には、タイトル通り人妻らを巨根でモノにしていった訳ですが、正直人妻である感覚が希薄なのでもっと強調してても良かったかなとは感じましたね。
まぁ、普通の年上お姉さんの延長上で見ちゃってた感じかな?
基本的にいつも通りなテイストなので、大体感覚は分かるかと思います(汗)

今作の主人公は、これまでの作品に比べると比較的マイルドなキャラだったかなと思いましたね。
なので、傲慢な感じに思える態度や不快に感じる言動などはあまりなかったと思いますので、読みやすい方だと思います。
まぁ、終盤に近付くにつれて、傲慢さなどは出てきますけども、他のシリーズを思えばまだマシかと(汗)

原作PC版


Amazon版 電子書籍
キモメンでも巨根なら人の妻を自分のモノにできる! (ぷちぱら文庫)

DMM 原作PC版ダウンロード
【20%還元】 キモメンでも巨根なら人の妻を自分のモノにできる!〜美人妻達を受精アクメさせまくれ!目指せ!ハーレムマンション♪〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ