異世界で美少女に種付けをする女の子牧場の管理人になりました (二次元ドリーム文庫)
12月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、自分が小柄で童顔なために男性として見られない事にコンプレックスを抱いている男子学生です。
そんな彼でしたが、ある日、気づけば見知らぬ異世界に(汗)

何と主人公は、異世界からとある牧場の管理人として召喚されてしまったという展開です(汗)

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • マリーベル=アスナフカ」(以下マリー)
  • リン=アハト=レフト
  • ファイナ
がいます。

マリーは、長寿なエルフ族の長の娘です。
誇り高い性格で人間を相手に子作りする必要性はないと考えています。

リンは、王国の騎士隊長です。
生真面目で凛とした性格の持ち主でもあります。
そのため、子作りに対しても真面目な考え方であり、羞恥を感じにくい所があります。

ファイナは、半獣の娘です。
無邪気で子供っぽい性格の持ち主でもあります。
子作りに興味を持って参加しています。

この他にも主人公を召喚した存在の「ハル」もいます。

ストーリー展開


展開的には、主人公が異世界に召喚されて、そこでとある牧場の管理人をする事になる流れですね。

何故主人公が、この世界に呼ばれたのかと言うと、この世界にはある深刻な事態に陥っている事が関係していたんですね。

かつてこの世界に存在していた魔王の存在がありました。
その魔王は既に500年程前には倒されていたのでしたが、困ったのはその際にある呪いをかけていったのでした。

その呪いは「性欲の減退」。
当初は、あくまで減退だった事もあり、普通に性欲があった世の中でしたが、それが顕著に表れ始めたのは以後の子供、孫世代の頃だったのです。

既にその頃には、人々の性欲の減退は大きく、かなりの影響が出ていたんですね。
それでも何とか子作り…、子孫を残す事は出来ていたのですが、今の世代になる頃にはもはや自然に子作りなどできない所まで追い詰められていたのです。

そこで行った方法が、種付け牧場システムというとんでもないものだったのです(汗)
その名の通り、女性たちを動物の様に牧場で管理し、種付けを行うという女性の尊厳無視な内容だった訳ですねぇ。
まぁ、牧場の動物同様に女性たちが裸でいるのも、色々子作りの一環の要素らしい説明はありますけども、如何にも取ってつけたくさいですな(汗)

ここまでしなければ子作りをする事もままならないという状況とも言える訳ですね。
しかし、それすらも今後の世代では通用しなくなる未来が待っているという状況なだけに、色々試行錯誤していたのです。

そんな中、主人公を異世界に召喚したという事に繋がっていく訳ですね。
とは言え、これまで全く女性に縁がなかった状態からいきなりの種付け役となれば、戸惑って当然ではありますけどね(汗)

Hシーン


Hシーンは、全員との行為が描かれています。

行為的には、フェラやアナルセックスなどがあります。
その他の要素では、母乳搾り、スライム浣腸、触手、バイブなどもありますね。

今作の特徴としては、異世界なだけあってか主人公の世界とは倫理観が違うって所でしょうか。
種付け牧場とかぶっ飛んでいる訳ですしね、違っているのはすぐ分かるでしょうが(汗)

そもそも主人公とは、子作りの重みが違う訳ですからね、それこそ子孫を残さないといけないという使命がありますし。
なので、戸惑う主人公は裏腹に彼女たちは基本的に子作り大歓迎な姿勢を見せています。

唯一エルフであるマリーに関しては長寿な事やプライドなどもあり、あまり乗り気ではないんですが(汗)
でも、逆に彼女の存在が大きかったんですね。

何故かと言うと、彼女だけは乗り気ではなかったりする感じが普通の反応な訳です、主人公からしたら。
他のヒロインらは積極的ではあるものの、序盤の間ではありますがあくまでも子作りなんですよね、本当に。
だから、恥じらいという感覚が弱い所があるんですね、臆面もないというか。

対して、マリーはあの感じですから、恥じらいの色が他の娘よりもかなり最初から見えるだけに、彼女の存在がただHなだけではないアクセントとして機能していますね。
勿論、他の娘らも行為をするにつれて、行為に対する意識が変わっていき、恥じらいなどの色も出てくる様になりますので、ご安心を。


意外だったのは、こんな状況下なのに種付け(本番行為)は、中盤終わり近くまでありません。
それまでは、それ以外の行為で女性陣を慣らしていくって流れになりますね。
まぁ、フェラとかの行為はこの時点でしていますし、そこまで物足りなさは感じないと思います。

上記にある触手ですが、母乳と一部繋がっている要素ですね。
これを乳首に当てる事で、母乳を吸いださせるみたいな使い方をしています。
挿絵を見ると、普通に器具みたいに見えるので、そんなに生々しさはなかったので、苦手な私にも安心でしたが(汗)


個人的に残念だったのは、終盤に魔術によって主人公が8人になっている行為がある事ですね(汗)
毎度、この手の展開がある度に書いていますが、私こういう展開苦手なんですよねぇ…。
複数いる時点で、個々の主人公に感情移入できないんですよね、同じでも別人格として見ちゃうんで。

それに8人もいるとか、ただのギャグに感じて、何も興奮しないです(汗)

挿絵


挿絵は「綾瀬はづき」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫やPCゲームの原画などでもお馴染みですね。

柔らかく繊細な絵柄でHなヒロインの姿が楽しめますね♪
この人の描くデザインは、ボディも魅力的なんですよね、艶めかしいラインで。
胸だけではなく、お尻のかけてのラインも中々見所があって、女性陣のスタイルの良さを感じられますね。
…リンは、胸が周りに比べると慎ましいのを気にしている様ですが(汗)

牧場のスタイルで、女性陣が基本ビキニ姿なのも、好きな人には嬉しい要素ですね。
まぁ、着用ってかはだけている様なものですけどね、挿絵だと(汗)

終盤では、女性陣の腹ボテ状態な姿の行為も見る事ができます。
…主人公の分身の絵がなくて良かったです(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、タイトル通りな女性陣に種付ける展開でしたねぇ。
でも、上記にもある様に割とそこまで時間があるので、正直な所、そこまで種付けしてた感はなかったかな(汗)

惜しいのは、ヒロイン数が多いので個々で魅力的なだけにもっと個別でじっくり見たかった所ですね。
まぁ、牧場にたったひとりとかって様になりませんし、仕方ないってのも分かるんですけどね(汗)
ハーレム的なイチャイチャ感も出ていますし、そういうのが好みな人にも楽しめる作品だと思います、皆可愛いし♪


後、気になった所に、以前のレビューでも書いた事あるんですが、全く一字一句同じな描写が連続している場所があるんですよね(汗)

Aの描写⇒Bの描写⇒Aの描写⇒Cの描写みたいな感じで、全く同じ文字でAが繰り返しているんですよね。
ミスなのか、単に演出か何かだけども私が理解できてないのか…、でも同じ文章を繰り返す必要性を感じないんですが(汗)

Amazon版 電子書籍
異世界で美少女に種付けをする女の子牧場の管理人になりました (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
異世界で美少女に種付けをする女の子牧場の管理人になりました

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事