交配惑星 エイリアンに娶られし少女戦士達 (二次元ドリームノベルズ)
冬野ひつじ
キルタイムコミュニケーション (2015-12-16)

交配惑星 エイリアンに娶られし少女戦士達 (二次元ドリームノベルズ)
12月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

この地球には、一般人が知る由もない脅威が迫りつつある状態…。
地球外生命体であるエイリアンが侵攻してきたのです。
しかし、地球もただ手をこまねいている訳ではありませんでした。

侵攻してきたエイリアンと戦うために、組織された部隊に3人の少女たちが選ばれる事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 小松原 真希」(こまつばら まき)
  • 柊 亜香里」(ひいらぎ あかり)
  • 笹森 明日花」(ささもり あすか)
  • 久里浜 芙蓉」(くりはまふよう)
がいます。

真希は、地球外生命体との戦いに備えているチーム「アイギス」に所属する隊員です。
優秀なエリートであり、軍人的な気質を持っています。
しかし、冷静な印象とは裏腹にかなり激情的な面もあり、脆さもあります。

亜香里は、宇宙に対して強い興味を抱いている学生です。
あまり気は強くなく、大人しい性格の持ち主でもあります。
当然、自分の意志とは無関係にエイリアンとの交戦を強いられる事になります。

明日花は、亜香里の双子の姉で、両親の離婚後に離れ離れになっていました。
美しい黒髪の持ち主で大人しそうな外見ながら、かなり勝ち気な性格の持ち主です。

芙蓉は、3人をアイギスに選抜した存在です。
自身は、地球外生命体の研究をしている科学者でもあります。

ストーリー展開


展開的には、女性陣が望む、望まないに関わらずエイリアンとの戦いを強いられてしまう事になる流れですね。
まぁ、良くあるっちゃ、良くある話ですわな、当事者たちには酷な話ですが(汗)

元々、当然の事ながら地球にエイリアンが侵攻してきているなんて事は、世の中には報じられていないんですね。
そもそもそんな存在自体が知られていないのですから、侵攻なんて知らせても信じないか、パニックになるだけでしょうね(汗)

しかし、現実にエイリアンは侵攻しており、各地で被害が出ていたのです。
勿論、それは他の要因による事故などで処理されており、本当の事が公になる事はなかった訳ですが。

そんな中、亜香里の通う学園で謎の事故が起こったのです。
それはエイリアンによるものだったのですが、当然それが明らかにはならず…。
しかし、その件をきっかけにして、亜香里の身柄はいきなり学生とは全く無縁だった世界に身を投じなければならない状況に追い込まれたのでした。
まぁ、良くある流れですかね、本人に自覚のない才能を大人達に見出されてしまうみたいなやつ(汗)

彼女が強制的に配属となった先、それは地球外生命体と戦うために組織された特殊戦闘チーム「アイギス」でした。
とは言え、このアイギス、現状はチームとは名ばかりな状態だったのですが…。

アイギスには、元々隊長であり、唯一の隊員である真希だけが所属しているというチームとは名ばかりな状態だったんですね。
真希自身の能力は疑いようもない優れたものではあったものの、その存在に懐疑的な目はあったという事ですねぇ。
そこで適応者を見つけ、アイギスに加えるという流れになった訳で、そのひとりが亜香里だったと。

こうして亜香里に加え、亜香里の双子の姉である明日花も加わり、アイギスとしての活動が始まるという流れですね。


そして、ここからが本題。
こうして色々と波乱含みなスタートを切ったアイギスですが、専用の強化スーツなどの装備もあって、エイリアンとも戦える様になっていく事に。

エイリアンとの掃討作戦で、人類は合計で3体のエイリアンを捕獲する事に成功。
…この処遇を巡って、様々な議論が行われ、人類との意思疎通ができる事が分かった上層部は、エイリアンとの取引を。
向こうの技術などを得る見返りとして、組織内での自由とそれぞれ専属のスタッフ提供という条件を。

そう、真希たち3人の女性陣は、それぞれエイリアンとの共同生活を命じられる事となる流れとなっています。

いやぁ、えげつない話ですねぇ。
昨日まで殺し合ってた関係から、いきなり一緒に生活とか(汗)

せめてものの救いは、エイリアンが人間の格好に擬態している状態だった事ですね。
女性陣に近しい男性陣の格好に擬態しているので、やり取りなんかは普通の人間のそれと変わりませんが、生理的に嫌なモノは嫌ですよね(汗)

Hシーン


Hシーンは、アイギスの3人の行為が描かれています。

行為的には、フェラやアナルセックスなどがあります。
その他の要素では、アナルビーズなどの小道具や、やはり触手要素がありますね(汗)

やはり見所というか肝は、人類ではないエイリアン相手の行為となるんですが、先ほど上記にもある様に擬態化できる事で、人間の格好での行為であるのが大きな特徴でもあります。
てっきり目玉がギョロっとした触手の化け物との行為だと思ってたので、良かったです(汗)

まぁ、終盤近くになると、触手率も増してきますが(汗)
ともあれ、半分程度は人間形態なので、苦手な人でも読みやすいのではないでしょうか。

そして、個々のヒロインに対して、エイリアンも3体。
共同生活する事になる訳ですが、お互いの事は秘密というか分かっていないんですね。
なので、同じシチュエーションなんですけども、別個の展開が描かれているのも特徴ですね。

具体的に…
真希は、アナル好きな変態じみた親父エイリアン
亜香里は、淡い恋心を抱いていた片思いの教師エイリアン
明日花は、怪我が癒えていないので、化け物のままの触手エイリアン。

明日花だけ、酷い扱い過ぎるっ(汗)
双子の妹である、亜香里はイチャイチャしちゃっているのに、姉は触手エイリアンとか…。
まぁ、勿論そんな甘いイチャラブだけで済む話ではないのは、お約束ですけども。

でも、個人的には一番亜香里が印象的でしたね。
序盤から、頭ではエイリアンの擬態だと分かっているのだけども、心配してくれたりなどの意志疎通ができる事に少しづつ情を抱いて行くようになる訳ですね。
まぁ、途中からもはやエイリアンではなく、教師本人として見ちゃってた所がありますけども(汗)

そんな彼女は、甘くイチャイチャする訳ですが、徐々に相手側のSっ気などが垣間見える様になってくると、また雰囲気も変わってきますね。
エイリアン云々は置いておいて、男性に依存とまではいかなくても、かなり傾倒しちゃっている亜香里に対して、向こうもHな辱めをしてきたりと追い込んできたりしますね。
普通に男性との肉欲に溺れだしてきている危ういバランスの中での描写が楽しめるかなと思いますね。

一般男性にある意味、寝取らせさせたりみたいなシチュエーションがあるのも、彼女の見所のひとつですね。

真希に関しては、徹底的にアナル責めでしたね(汗)
ほぼ、アナル関係の行為に終始し、彼女の肉体精神を揺さぶってきます。
戦闘用としての存在意義を自身に見出している様な彼女には、かなり衝撃的な行為の数々ですよね。

やはり、そっち関係には弱いってのはお約束ですしね♪
生来の気の強さ、精神力で何とか耐えているって感じですね。

明日花に関しては、最初から化け物相手っていうシチュエーションが全てかと(汗)
一番、相手のエイリアンのキャラも片言だったりで、他の2体とはまた違う印象があったりで気味の悪さはありましたね。
最初から触手三昧なので、個人的には一番しんどかったです(汗)

終盤では、触手などが本格的に登場する様になったりで、いよいよ人外じみた存在との行為になってきますね。
個人的には、せっかく擬態化できるってなら、ヒロインの誰かになったりとかの絡みがあってのも良かったかなとは思いましたね。
…触手ヒロイン?(汗)

しかし、どこか物足りなさも…。
多分ですが、3人分のパートがそれぞれ描かれている分、個々の文量は当然減る訳で…。
個人的には、ヒロインはふたりくらいがベストだったかな(汗)

挿絵


挿絵は「NandZ」さんが手がけています。

作品がエイリアンなどSF色の強い内容なので、特殊なスーツなどのコスチューム姿は、この手のお約束ですよね。
ヒロインたちがグラマーである必要はないですし、この手のスーツを考えればこれくらいの体型がベストなのかな。

挿絵の方は、まだ良いんですが、キャラ紹介ページのヒロインたち、もう少し良い絵なかったのかしら(汗)
ヒロインの表情に関しては…、ちょっと安定してなかったかもしれませんね(汗)
もう少し凄みというか激しさがあっても良かったかもしれませんね。

エイリアンの描写は、基本触手か擬態姿なので、嫌悪感を感じる事はあまりないと思います。
触手が苦手だとアレですけども、まぁ、大丈夫でしょうか。

個人的に印象的だったシーンは、真希がアナルビーズをアナルに入れられているシーンは、私がイメージしてたよりもビーズがデカかったですね(汗)
ビーズって感じじゃないサイズ感(汗)

挿絵数:12枚

総評


全体的には、エイリアンが出るって事でイメージ出来るような展開、内容だったかな?
そういう意味では、分かりやすいベタな王道展開なので、読みやすいのではないでしょうかね。

後は、ストーリー性を重視した展開で、意外とHシーンが物足りなかったかもしれませんね。
まぁ、SF要素があると、どうしても設定の説明などが必要ですし、ページを食うってのは分かりますけどねぇ。
それに加えて、ヒロインが3人なので余計にそっちに描写を使った感があったかなと。

上記にもありますが、ヒロインはふたりくらいが丁度良かったかもしれませんね。
個人的には、明日花が印象弱かったかなぁ…(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事