異世界に転生したからハーレム騎士団をつくってみた
11月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の男性でしたが、いきなり交通事故に遭ってしまう事に(汗)
明らかに無事では済まないであろうと覚悟した彼でしたが、気づけばそこには見知らぬ美少女が?
何と、彼女は自分を神様であると言い、事故の原因は自分にあると言ってきたのでした(汗)

そこでお詫びとして、主人公は彼女の世界である異世界に転生される事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • レイア
  • マルグリット
  • シルキィ
  • トモエ
がいます。

レイアは、神様です(汗)
見た目こそ、主人公よりも若い外見ながら、その力は確かです。
とてもノリが軽く、娯楽に飢えており、事態を悪化させようとする困った一面も。

マルグリットは、女騎士です。
基本的には凛々しい真面目な騎士なのですが、自身が気づかぬMっ気があります(汗)

シルキィは、エルフの少女です。
弓や魔法の腕前に長けており、エルフとしてトップクラスの才能の持ち主でもあります。
妹的な可愛らしさがあります。

トモエは、代々王国に仕えてきた騎士の家系の娘です。
マルグリットとは昔からの友人で、少し若い彼女の事は妹の様に思っています。
武芸にも長ける一方で、料理や家事などの腕前も達者であり、母性的な所があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が異世界に転生するって流れですね。
…異世界多いですね、本当に(汗)

まぁ、お約束となりつつある事故からの異世界転生ですが、そこには自らを神様と名乗るレイアの存在がありました。

結果的に主人公は、彼女のミスによって亡くなってしまった訳ですね(汗)
んで、そのお詫びとして童貞な主人公とH、そして彼女の管理下にあるとされる異世界への転生がもたれされたのでした。
自分の世界に転生できないのは、彼女の管轄ではなかった事が原因らしいですね、お役所的な感じでしょうかね(汗)
そのため、主人公はレイアの管理下にある異世界に転生した訳ですね。

この世界は、いわゆるファンタジー的な剣と魔法な世界観でした。
いきなり一般人であった主人公が転生しても、このままではやられるのがオチ。
そこでレイアは、主人公に装備やら何やら能力を与えたりと、高待遇。

…その装備が、妙に禍々しい見た目な剣とかでなければ(汗)

この装備による強さと、何故か一緒に同行する事になったレイアの誤解を招く発言により、周りからの主人公の評価は極悪人同然な事に(汗)
そんな所から、主人公を倒そうと集まってくる女性陣を返り討ちにしてHな事をし、仲間に加えていくと、結果としていつしかハーレム騎士団となっていくと言う流れですね。


ちなみに主人公はチート性能を無理やり付与されたりするんで、ジャンルとしては苦手な主人公なんですが、思ったより拒否反応は薄かったですね。
まぁ、主人公自体は割と普通ってか、平穏に暮らしたいみたいな考えで、そこをレイアらによって望まない流れになっているみたいなノリなんですね(汗)
それにあまり強さを鼻にかけなかったんですよね、傲慢さが薄いというか。

個人的には、そこが重要だったので、良かったです。
まぁ、基本的にあまり戦う描写がなかったってのも大きかったかな? ボロが出る前に終わってて(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリなどがありましたね。

やはりハーレム化していく主人公の陣営が見所ではありますが、何かふんわりとハーレム化して行った感が(汗)
当初は、力で打ち負かして女性陣をHの快感で堕としてのハーレム化?みたいな事も思ってたんですが、そうでもなかったですね。
確かに最初のマルグリットは、主人公も暴走してしまって激しめの行為になっていましたが、その後は普通でしたしね。
なので、甘さのある行為が殆どなので、凌辱が苦手でも問題なく楽しめるので大丈夫かと。

…まぁ、マルグリットはMっ気がかなりあるヒロインですんで、あのやり方はある意味正解だったのでしょうけどね(汗)
もっとも、全体的にマルグリットのMっ気は、ある意味会話の中での変態っぷりを表現するためであり、行為ではそこまで変態度は感じなかったんですけどね。
なので、過度の期待はしない方が良いと思います、あくまでもキャラ付け程度に思うべきかと(汗)

他のヒロインたち(トモエ、シルキィ)は、マルグリットとは違い、最初から甘さの感じる行為が展開されます。
ようやくハーレム的な雰囲気ですかね?(汗)
トモエは、母性が強い所があるのでより甘さを感じさせる雰囲気が描かれていましたね。
家庭的で惚れた相手に尽くす感じが、良いですねぇ。

シルキィは、~なのですみたいな口調のせいもあってか、妹系な感じですかね?
まぁ、実年齢は主人公よりも上でしょうけども(汗)
彼女は、妙に感度が高い体質らしいので、行為では普段と違う乱れた姿が印象的ですね。

また彼女に限らず、行為中などにはヒロイン側の心情描写が描かれているので、より感情移入しやすいもののになっていますね。
まぁ、それを含めてもヒロインが主人公に惚れるのが早いなとは思いましたが(汗)

レイアとは、恋愛っていう感じとはまた違う繋がりがありましたね。
まぁ、あれでも神様な訳ですし、恋愛ってくくりでは考えにくいのかなとは思いますけどね。
それでも何だかんだ彼女は主人公を気に入っているのは確かでもありますね。

最初は彼女の意のままに事が運んでいくので、そのうち主人公が力を付けて彼女もHで屈服させて従わせるみたいなノリになるのかと思ってたんですけどね(汗)
この手のチート能力主人公作品だったら、十分ありうると思いますが、この作品ではそんな事はなかったですな。

終盤では、全員を交えての行為となり、ハーレムらしい展開になりますね。
その前にも2人一緒にとかの行為はありましたが、全員が揃うのは初めてですね。

まぁ、細かい所で言えば、実はこの4人の他にも名前があるサブキャラみたいのが何人も出ていて、仲間になっているんですね。
その娘らとも関係を持っているらしいですが、描写があるのは紹介している4人だけです。
それまで全部含めたら、ひとり数行とかになりかねないですし、4人で十分ですね(汗)

挿絵


挿絵は「YUKIRIN」さんが手がけています。
美少女文庫では、お馴染みですね。

毎度、安定したクオリティーですね♪

最初、表紙絵を見た際に皆ヒロイン(レイア)以外が何とも嫌そうな表情を浮かべてて、凌辱的な行為でモノにした関係とかで好かれて無いのかな?とか思ってたのですが、全然そんな作品じゃなかったですね(汗)
多分最近定番?になった「くっ、殺せ」の表情なんですかね?(汗)

作中では、表紙絵のような表情を浮かべる事もなく、可愛らしい表情ですね。
行為で惚けた表情も見せており、余計に行為での女性陣の受ける快感の強さを感じさせますね♪
いつの間にか、こういう惚け顔でお馴染みな印象になってしまっている様な(汗)

個人的には、サブキャラたちも1枚くらい絵を見てみたかったかな(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、上記で無理やりHで女性陣をハーレム化していく様な作品なのかと思ってたんですが、普通に甘いハーレム物でしたね。
まぁ、更に言えば甘さよりもコミカル寄りなのが強く出ている感じはありましたが(汗)
なので、普通にハーレム物が好みであれば問題なく楽しめる作品だと思いますよ。


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ