清楚ビッチによる爆乳ミルクはいかがですか?(ぷちぱら文庫Creative122)
10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、これといった特徴がない普通の男子学生です。
そんな彼は、学校でも人気の「優子」(ゆうこ)を密かに想っていましたが、接点がなく、遠目で見るだけ…。
しかし、一緒になる機会があり、その際に主人公はハプニングで彼女の胸を触ってしまったのです。

いきなり嫌われてしまったと落ち込む主人公でしたが、優子の反応はちょっと違うもので…と言う展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 水谷 優子」(みずたに ゆうこ)
がいます。

優子は、主人公のクラスメートです。
穏やかで清楚な物腰で、クラスだけではなく、他のクラスからの男子からも憧れの存在となっています。
立派な胸の持ち主でもありますが、ある秘密が…。

ストーリー展開


展開的には、主人公が憧れの優子の胸を触ってしまう流れですね。
…これだけ書くと、もう先がない様な気がしますが(汗)

元々、主人公は優子に想いを抱いていた訳ですが、中々接点がなかったんですね。
まぁ、主人公の方が意識しすぎてまともに話しかけられないってのもあるんでしょうけども(汗)

それだけにまともに話す機会にも恵まれず、このままこの1年を過ごすのかと思いきや…。
ある日の授業後に、優子と一緒にふたりっきりで作業する事になったんですね。

またとない好機!
しかし、結果として主人公は優子の胸を触ってしまったんですね。
もうおしまいだ…と落ち込む主人公だったのですが、実は彼女の意識は別の所にあったのです。

実は、彼女にはある秘密があり、それを気にしてたんですね。
それは、母乳。
妊娠している訳ではないのに、優子は母乳が出る体質だったのです。

彼女自身は、普通の人にはないと、この体質にコンプレックスを抱いていた訳ですが、主人公がそれを馬鹿にしたり、気持ち悪がったりしなかった事で一気にふたりの関係は大きく進展する事となったのです。
って、そこからいきなりHにまで発展するってのが凄い早いんですよ、これが(汗)

そう、タイトルでも分かるかもしれませんが、実は彼女は凄いHな娘でもあり、興味津々だったのです。
しかし、例の体質があって積極的になれなかった所があった訳ですね。
そこに主人公に知られてしまったけども、いつも通りな態度に安心して、Hを頼んできたって格好ですかね(汗)

こうして、彼女とHする関係になったものの、恋人ではない複雑な関係性のままで付き合い出す事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、優子との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがあります。

行為としては、特別なものはないんですが、単純に優子がHなんですよねぇ♪
なので、普通の行為でも十分迫力、濃さを感じさせるものになっていますね。

あ、母乳がありましたね、特殊な要素としては(汗)
でも、作中では正直そこまで行為に影響を与える様な感じではなかった印象がありましたね。
どちらかというと、Hな展開までに持って行くための要素だったりって感じかな(汗)
逆にタイトルで母乳を駆使した母乳プレイみたいなノリを期待すると、肩すかしだと思います。

まぁ、母乳要素を過度に気にしないなら十分かなとは思いますけどね。
母乳以外にも、優子との行為は彼女の積極性だったりなどがあったりで、中々濃いですしね♪

とにかく優子はかなりHに対してノリノリなんですよね。
それは主人公が戸惑ってしまう程に、積極性があります。
序盤からかなり積極性を見せる彼女ですが、行為を繰り返していくと、さらに大胆になっていきますね。
最初はお互いの部屋だけだったのが、学校内の教室だったり、トイレ、校舎裏の屋外などにまで発展していきます(汗)

優子の言葉使いは、最初から最後まで丁寧なだけに、そこから繰り出される隠語のギャップがたまりませんね♪

終盤では、ふたりの関係もいわゆる身体だけの関係から進展している事もあり、普段通りな行為でもどこか甘く感じますね。
やはり、ちゃんとした恋人同士って関係での行為は、今までのとはどこか違う様に感じますし、良いですねぇ。
もう少し早くこうなっても良かったかなとは思ったんですけども、これは好みですかね(汗)

挿絵


挿絵は「ぽるのいぶき」さんが手がけています。
同人活動や、イラスト、成年漫画などの活動をされているそうですね。

今作では、清楚で可愛らしいんだけども、実はとてもHな優子を描いていますね♪
特に行為時に見せる上気した表情は、かなり色っぽいですねぇ。
瞳を潤ませているのが、悩ましげでたまりません♪

母乳もしっかりと乳首からあふれ出している様も描かれていますね。
もっとドバドバってイメージだったんですけども、可愛らしい感じですね♪

挿絵数:11枚

総評


全体的には、タイトル通りな清楚なんだけども、Hな娘との物語が楽しめる作品でしたね。
でも、一方でこの手のH好きな娘ってだけキャラだと物足りないのも確かかな。

最終的にはHだけではなく、恋人関係にもなる訳ですけども、そこに至る何かがこれと言ってなかったのが残念でしたね。
フワッとした感じだっただけに、もう少し優子視点でもあってからの恋愛に至る過程が描かれているとより感情移入できたかなと。
H好きだけって特徴のヒロインだと、そこまで感情移入しにくいですからねぇ(汗)

まぁ、その分行為に至るペースも早いですし、ボリュームも十分なだけに気にならなければ問題なく楽しめるとは思いますけどね。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事