わたしのおっぱい育ててよ! 幼馴染みとお嬢様の育乳バトル
10月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公には、幼なじみの「千恵」(ちえ)がいますが、彼女の振る舞いに複雑な想いを抱いています。
それは、彼女の立派な巨乳の胸を揉まされる事になるという、意味不明な理由からでした(汗)
胸を揉ませる関係ですが、恋人ではない何とも言えない関係。

そんな関係が続いてた中、主人公たちのクラスに千恵以上の爆乳の持ち主「彩莉華」(あやりか)が転校してきたのです。
その結果、何故か主人公は、彼女の胸までも揉む羽目になってしまうという展開です(汗)

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 真美谷 千恵」(まみや ちえ)
  • 龍堂 彩莉華」(りゅうどう あやりか)
がいます。

千恵は、主人公の幼なじみです。
自他ともに認める巨乳の持ち主であり、とにかく胸に関して無償の愛を注いています(汗)
思っている事をすぐ行動に出してしまう所があります。

彩莉華は、主人公たちのクラスに転校してきたお嬢様です。
千恵以上の胸を持っていますが、それゆえに胸に悩みを抱えてもいます。
お淑やかな性格かと思いきや、意外と大胆な行動をする面も。

ストーリー展開


展開的には、主人公が女性陣の胸を揉みまくるって話です、はい。
…間違ってはないよね(汗)

そもそも何故に主人公が女性陣の胸を揉む必要があるのかって所ですが、それには幼なじみの千恵が大きく関わっています。
千恵は、巨乳の持ち主であり、その胸に対して異常な程に愛情を注いでいるんですね(汗)
全ての生活がおっぱいの為にってくらいに(汗)

彼女は、そんな胸を立派に育てる事に拘り、そこで主人公に胸を揉ませるという行動に出たのです。

主人公は、千恵に好意を抱いていただけに、この申し出は複雑な物でした。
何せ、千恵は主人公を異性と思っていないからこそ、こんな突拍子もない様な事を頼んできた訳で、それは主人公にとって相手にされていないという事でもあったのですからねぇ。
しかし、その申し出を断る事も出来ずに主人公は千恵の胸を揉む事になったのです。

そんな関係が続いており、今に至る訳ですが、千恵はこの事を普通にクラスメートにもあっけらかんと語っちゃってもいます(汗)
猶更、主人公は表面上、幼なじみに無理やりやらされているってポーズをしてしまい、余計にそんな恋人の様な雰囲気とは遠くなる一方だったのです。
まぁ、そもそも告白もしていないから、そんな雰囲気になる訳もないですけどねぇ。

そんな中、主人公たちのクラスに彩莉華が転校して来る事に…。
美人かつ、千恵を上回る乳の持ち主である彼女にクラスは騒然。
しかし、千恵の眼には彼女の胸には爆乳ゆえに形が垂れているなどと言い放ったんですね(汗)

いきなりそんな事を言われては、彩莉華だって面白くはありませんよね。
でも、それは彼女のプライドを刺激する一言でもありました。
彼女自身も、自分の胸の形を気にしていたんですね(汗)

そんな中、千恵は主人公に乳を揉ませて、千恵曰く「育乳」をしていると知った訳です。
そこで彩莉華は、主人公に自分の乳を揉んでもらい、千恵を上回る胸になろうと考えたのです!
…超展開!(汗)


こうして、主人公はふたりの巨乳を揉む事になるという流れですね。
そこから主人公たちの関係性が色々と変化していく様が描かれているのが魅力ですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりのヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、パイズリ、フェラなどがあります。
そりゃ当然なんですが、やはり胸周りの描写、行為が多い印象ですねぇ。

特に序盤から中盤辺りでは、本番行為はなく、主に胸揉み展開が目立っています。
元々、揉んでもらおうって所から話が進んでいるので当然ではありますが。

これまでずっと強制的な日課として主人公は、千恵の胸を揉んでいた訳です。
嬉しいものの、それを表面に出さずに揉み続けていた主人公でしたので、正直千恵の言う様な揉まれて胸が育つなんて現象を半信半疑な所があったんですよね。
しかし、彩莉華の胸を触った時の彼女の反応が凄かったんですね。

ここら辺は彼女の感度が良かったのか、主人公の手(テクニック)によるものなのか、はっきりしませんけども(汗)
まぁ、安易な主人公の特殊能力って事にしちゃわなかった事は良かったかなとは思いますけどね。

ともかく、この主人公に揉まれて、彩莉華はメロメロで腰砕け♪
すっかりこの気持ち良さの虜になりつつあったのでした。
こういう所から、少しづつ主人公を意識していく事となり、好意を抱いていった訳ですね。
まぁ、スタートから胸揉みってのは凄い状況ですが(汗)

そんな関係が進展していく中で、幼なじみの千恵もまた変化が…。
ザックリ言うと、単なる幼なじみであるはずの主人公を急速に異性として意識していく事になる訳ですな。
ここら辺の描写は、中々ニヤニヤできましたねぇ。

彼女のキャラってちょっと好き嫌いはあると思うんですよね(汗)
感情のままに動いちゃったり、空気読めなかったりと中々子供っぽい性格でもありますし。
それだけに素直になった際には、その感情のままにって所を前面に出してくるので、好き好きオーラが凄い事にもなる訳ですが。

彩莉華も、そんな千恵に対して、結構張り合ってくる感じがコミカルで面白かったですね。
何だかんだ相性は、割と良いのかも。

中盤を過ぎてくると、ようやく本番行為なども出て来る様になります。
パイズリなどだけではなく、本番行為でも中々彼女たちふたりは良い反応を見せてくれるんですよねぇ♪
勿論、本番行為の中でも胸を弄ったりや吸ったりなどの行為は行っていますので、余計に昂っちゃう訳ですな。

終盤では、ヒロインふたり同時での行為があります。
まぁ、これに至った経緯は、お約束のアレですので、書きませんけども(汗)

挿絵


挿絵は「鈴木玖」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫では「とある王子の大国喰い W美少女姫とHな女王様で母娘丼」以来ですね。

やはり独特のキャラクターデザインが印象的ですね。
今作では、特に巨乳揃いな面々なんですけども、個人的には胸もなんですけども、顔立ちなどのぷにっとした感じが印象的でした。
可愛らしさがより強調されていて、愛らしいんですよねぇ♪
人によっては、この絵柄の可愛らしさが強くて、苦手って人もいるかもしれませんけども(汗)

この絵柄だから、千恵は憎めない感じに映るってのもありますねぇ。
…奴は、それを分かってやっている様な気がします(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、胸尽くしな展開が盛りだくさんでしたねぇ。
正直、もっとぶっ飛んだ感じのノリになるのかと思いきや、思ったよりかは正統派?なラブコメ物だった様な気がしますね。
…いきなり胸揉んでいる時点で、正統派ではないか(汗)

大きな胸が好きな人は、当然楽しめるでしょうけども、こういうコミカルなノリが好きな人にも良いのではないでしょうか。
あっけらかんとした雰囲気も、今作ならではですねぇ。
勿論、胸をメインとした描写の行為も見所ですよ♪

Amazon版 電子書籍
わたしのおっぱい育ててよ! 幼馴染みとお嬢様の育乳バトル (二次元ドリーム文庫)

DMM版 電子書籍
わたしのおっぱい育ててよ! 幼馴染みとお嬢様の育乳バトル

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事