没落お嬢様は言いなりメイド!? (美少女文庫)
8月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、お金持ちの家に生まれながらも残念な顔や卑屈な性格で人気のない男子生徒です。
そんな彼とは違い、学園の人気者である名家のお嬢様である「璃々果」(りりか)には、馬鹿にされる始末。
…しかし、そんな力関係は仮だったのです。

実は、主人公は彼女を手に入れるために裏から手を回して、璃々果を自分のメイドとしていたという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

  • 勘解由小路 璃々果」(かでのこうじ りりか)
がいます。

璃々果は、主人公のクラスメートです。
代々続く名家のお嬢様で、学校でも人気のある存在です。
勝ち気で素直になれない所がありますが、子供の頃に出会った名も知らない男子を理想の男性として想っている、乙女な面もあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公がお嬢様である璃々果を強引な手段で自分のメイドにして、好き勝手する事になる流れですね。

そもそも名家のお嬢様である璃々果が、何故に主人公のメイドなどする事となったのか?
それは、彼女の父親の会社がいきなり倒産の危機に瀕した事がきっかけでした。
何となく察したでしょうが、その原因が主人公の妨害工作によるものだった訳ですねぇ(汗)

主人公の家も璃々果に負けず劣らずな大金持ちなだけに、そんな荒業も可能だった訳ですな。
でも、主人公の意志でそんな事できるってのは、どーなんですかね(汗)

結果、彼女は会社や両親などを人質に取られた様なものですからね、実際そんな感じだし(汗)
こうして、璃々果は嫌々ながらも両親のために、主人公の家で住み込みのメイドとして働く事になったのです。

まぁ、ここまでやってまで璃々果を手に入れた主人公が、これで終わらせる訳はありませんよね(汗)
その後も、色々と財力に任せて璃々果にぶっ飛んだ事をするんですが、意外にも主人公は一線は守る事に。

ここがポイントなんですよね、主人公は自分の物にしつつも、直接手を出さない訳です。
もっとも璃々果の部屋の様子を盗撮とか普通ではない事はしているんですが、直接的な行動は取らない事には主人公なりの考えがあったのです。

まぁ、それも随分とひん曲がった思考なんですけれども、彼は彼なりに璃々果を大事に想っているってのは何となく伝わるかと思います。
でも、変態ですがね(汗)

Hシーン


Hシーンは、璃々果との行為が描かれています。

行為的には、自慰やフェラ、パイズリ、アナル挿入などがあります。
他の要素では、ローターなど小道具をを使った行為や露出行為や触手プレイみたいなものまで(汗)

先ほど、上記で書いた様に意外と序盤は主人公が直接的な行為を璃々果に強いる事はありません。
そのため、直接的な絡みがないんですね。
彼女の身体を見て自慰したりとか、変態的な行為はしてましたが(汗)

前半部は、そのせいであまりエロく感じない展開が多かった様な印象ですね。
お金に物を言わせて作った金属性の触手(表面はシリコン加工)で触手プレイだったりとか、ぶっ飛び過ぎてエロさがないかなぁ(汗)

そんなこんなで中盤辺りまでは、直接的な絡みがなく、そこら辺を過ぎるとようやく行為が展開される事になります。

ここら辺になると、璃々果側の心境の変化が大きく変わっているのが大きいですね。
この結果として、主人公との間に何とも言えない甘さが漂い出す事になり、甘さが感じられる事に。
如何にも璃々果のキャラクターがツンデレ娘なので、素直ではない感じのやり取りはニヤニヤ物ですね♪

しかし、気になったのは主人公のキャラですねぇ。
金持ちなので、前述の触手を作らせたりとか色々な物を作って、使ってくるんですね。
とんでもない事になっちゃう薬をこっそり飲ませたりとか(汗)

更には、ネタバレになるのであまり書けませんが、無駄な事に大量の資金を使って璃々果のプレイのために舞台を用意するなど、無駄にスケールの大きい展開が繰り広げられる事に…。
正直、こういうノリでは馬鹿馬鹿しさが目立ってしまって、エロさが薄れてしまうんですよね(汗)
そういうのがちょっとこの作品では目立ってしまってたのは、個人的には勿体なかったかなと感じましたね。

後、あんまりメイドらしい展開はなかったので、メイド要素はそこまでないですね。
単にメイドの格好をしているヒロインとのHを楽しむって感じですかね。

挿絵


挿絵は「ピエ~ル☆よしお」さんが手がけています。
個人的には、二次元系のイメージが強いんですが、好きな絵柄の人なので美少女文庫でも見れるのは嬉しいですね♪

可愛らしくて、はっきりとして絵柄のデザインはいやらしさも十分で満足感がありますね。
璃々果のデザインも、勝ち気な所と可愛らしい素直な面の入り混じった絶妙な塩梅で可愛らしいですね♪

璃々果とHなメイド服との相性も抜群ですね。
あのパツパツとした胸が強調されて、いやらしさも増すばかりです。
そういや、あんな魅力的な胸しているのにパイズリの絵はなかった?
できれば見たかったですねぇ(汗)

後は、主人公がキモイらしいので、顔があるのか不安でしたが、顔の描写はなかったので一安心(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、コミカルな要素の強い作品だったかなという印象ですね。
設定や展開などにぶっ飛んだノリがあったりしているせいで、生々しさや重さは全く無いものの、しっとりとした雰囲気も台無しになっているのは好みが分かれるところでしょうか(汗)

勿論、全くない訳ではないんですが、どうしても少な目かな?
主人公が暴走⇒璃々果が何だかんだ受け入れH⇒行為後、璃々果にぶっ飛ばされるみたいなノリとでも言えば分かりますかね?(汗)
まぁ、根底に甘さがあるからこそ成り立つ作品になっているので、クセはありますが、凄く読みにくいって訳ではないですね。

主人公のノリが合えば、楽しめるかとは思います。
個人的には、楽しめた所と今ひとつな所があったりで、総合的にはちょっと勿体ない作品って感想ですね(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事