3LDK(2)千寿編 (ソフガレノベルズ)
御子石 大郁 DEEPBLUE TeamSilverMitts
ソフトガレージ
売り上げランキング: 1,502,178

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

今作は、原作版の後日談の完全オリジナルストーリーとなっています。
ちなみに私は原作未プレイです(汗)

原作版のあらすじでは…
主人公は、両親が海外転勤になり、3LDのマンションに残る事に。
両親はいなくても、幼なじみが居候中の身であるので一人暮らしではありませんでした。
しかし、その後様々な出来事をきっかけにして、この部屋に最終的に4人の女性が新たに加わり、主人公は男ひとりで女性陣5人との同居生活が始まる事になる展開です。

1作目のレビューは、こちらからどうぞ
ソフガレノベルズ 3LDK 日菜&のえる編 レビュー

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 「妹尾 千寿」(せのお ちほぎ)
  • 「妹尾 蓬」(せのお よもぎ)
  • 「宮下 綾瀬」(みやした あやせ)
  • 「雪村 のえる」(ゆきむら)
  • 「日菜」(ひな)
がいます。

千寿は、主人公の幼なじみで主人公の家に居候になっています。
おっとりした天然な性格の持ち主でもあり、主人公の家に女性たちを増やす要因を作る事になった張本人でもあります(汗)
3LDK

蓬は、千寿の姉です。
主人公と二人っきりにする事を心配した両親が監視役として送り込まれた女性です。
女子校でずっと育ち、男性とあまり接していない大和撫子でもあります。
巫女をしていたので、何故か主人公の家でも巫女装束を着用しています(汗)
3LDK

綾瀬は、現役のアイドルです。
絡まれている所を主人公が助けた事をきっかけに知り合う事になります。
一時的に匿った事から、そのまま家に居座る事に。
気が強く手も出る勝ち気な性格の持ち主です。
3LDK

のえるは、見た目が金髪の美少女ですが、かなりの不幸体質の持ち主です(汗)
不動産に騙されてしまい、無一文の所で知り合い、一緒に住む事になります。
男性恐怖症でもあり、主人公にも怯える程です。
3LDK

日菜は、謎の正体不明の家出娘です。
本人曰く、トリケラトプスの子供と自称する不思議少女です。
人懐こく、能天気で気まぐれな性格をしているものの、学習した事はすぐ習得できる天才な面も持ち合わせています。
3LDK

ストーリー展開


展開的には、タイトル通り千寿編なので、彼女とのストーリーが展開されるんですが、このノベル版には大まかに2つのストーリーがあります。

まず、千寿パートとも言える「過去編」、そして、主人公パートと言える「雅人編」(主人公の名前です)のふたつですね。


過去編


過去編では、当然ですが、今よりも過去の話が描かれています。
それこそ主人公と千寿が幼いころからの付き合いでいる所から、じっくりと描かれています。

あとがきによりますと、どうやら原作版ではこの過去に関してはそこまで描かれていなかった様ですので、今作のノベル版でじっくり読めるみたいなのは嬉しい所ですね。
じっくり幼い頃からの過去を描いている分、千寿と主人公に対してより一層感情移入が出来るようになっているのは大きいですね。

幼なじみの特権ですもんね、こういう主人公との長い付き合いの歴史があるってのは。
それだけに、千寿が主人公に初めて好きという感情を抱いたきっかけだったりなどが分かる様になっていて、読み応えがありました。
勿論、それは単純に良い事ばかりではなくて、苦い感情などもあったりで、そこもまた人間味がありましたね。

また主人公視点ではなくて、千寿側の視点で描かれているだけに、様々な感情を抱いている千寿の心を感じ取れるのは、彼女と言うキャラクターを知る事ができる大きな要素でしたね。
彼女って天然ボケな所があって、不思議系みたいなキャラ説明されていますけども、過去編を見ると、そんな感じはしないんですけどね。
普通な女の娘なんですよね、しっかり内面は恋に友情に一生懸命で傷ついて…。

そういう面を彼女を通して感じられたってのが、過去編の大きな魅力ですね。
外からはあまり伝わりにくいキャラクター性をより身近に感じられますからね。

雅人編


対して、主人公となる雅人編ですが、時系列としては本編開始後?なのかな。
千寿の姉の蓬を始めとして、他のヒロインたちが一緒に同居する事になる辺りなので。

過去編を経過してのふたりですから、ここまでに至る様々な感情がふたりの間にはあるんですよね。
なので、主人公もまた彼女に対しての感情に変化が生じ始めている感じですね。
…主人公特有の鈍感さ発揮って奴ですねぇ、過去編であそこまで行動に出ててまだ妹みたいなものだからとか勘違いしているし(汗)

そこから、ひとりの異性として千寿を認識していく過程はニヤニヤものですよねぇ♪
まぁ、ニヤニヤってか、「おいおい、ようやくか」みたいな感じでもありますけども(汗)


ちなみに主人公はサッカーをやっていて、将来はプロになりたいと思っているんですが、夢がプロになってセリエAに、みたいな事言っているのを見て、時代を感じてしまいました(汗)
このノベル版は、2004年だから11年くらい前ですね。

Hシーン


Hシーンは、当然千寿との行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキなどがありますね。
正直な所、行為としてのバリエーション、描写は少な目でしたね。

はっきり言いますが、今作品にHシーンを期待するのは止めた方がよろしいかと思う内容でしたね(汗)
初体験未遂を含めても、2回分しか行為シーンがありませんし、終盤も終盤までないため、殆どHシーンはあってない様なレベルですね。

まぁ、純愛系作品ですし、ストーリーが主なのは分かっていましたので、覚悟はしていましたが…。

幼いころからの幼なじみで近くにいつつも、中々うまくいかなかったふたりがようやく結ばれたという感慨はあるだけに、もう少し多く行為を見たかったかなってのは正直思いましたね。
十分甘い雰囲気は感じられるんですけどね、エロくはないかなぁ…(汗)

挿絵


挿絵は「きみづか葵」さんが手がけています。
表紙絵、挿絵共にきみづか葵さんの描き下ろしだそうですので、ファンには嬉しいですね♪

繊細で柔らかな描線で描かれたヒロインたちは、魅力的な存在ですね。
まぁ、主人公含めた男性キャラの顔も可愛らしくて、瞳キラキラしているのは若干苦手なんですけども、それは好みですな(汗)

千寿がメインなので、彼女の枚数は多めでしたね。
行為シーンが少ないながらも、挿絵も複数枚あったのは良かったですね。
局部の描写は構図で上手く隠れている状態なので、描かれていませんが、この作品の雰囲気としてはこれで正解かもしれませんね。
変に生々しくなってもマズイかなって(汗)

何気に綾瀬のメイド服姿もありましたね。
彼女の挿絵は、まともにはここだけなので、貴重ですね(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、ページをたっぷり使って、じっくりと幼なじみの千寿との関係を描いた作品で読み応えがありましたね。
反面、H度に関してはかなり薄い内容で物足りなさがありましたが、あくまでも行為はオマケ程度と考えれば問題ないかな。

タイトル通り、完全に千寿特化な作品ですので、他のキャラ達に期待しない様に(汗)
千寿好きも当然楽しめますけども、これまでそこまで気持ちがなかった場合も彼女の一面を知って、考えも変わるかもしれませんね。
王道な純愛物が好みであれば、より楽しめると思います。


ちなみに、この作品のシリーズは、どうやらここで完結で終わりみたいですね。
続きが未だに出ていないのだから当然ですけども、結局、蓬と綾瀬の分だけ出なかったのか(汗)

そういや、今作には教師として、別作品である「ロストパッセージ」のヒロインのひとりの「夏越理乃」がちょっとだけ出ていましたね。
同じ世界だったのかと今更ながらに知って、驚きました(汗)


楽天はこちらからどうぞ
メール便送料無料!【中古】 3LDK 2(千寿編) / 御子石 大郁 / ソフトガレージ [新書]【メール...

原作PC版
3LDK 通常版
3LDK 通常版
posted with amazlet at 15.08.22
DEEP BLUE (2003-11-28)


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
3LDK

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事