6月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

この世界では、外宇宙から人類に対して敵対する存在がおり、多くの命が失われています。
そんな現状を打破すべく、人類はこれらの存在に対して人型の機動兵器を造り出したのです。
その名は「防人」(さきもり)。

主人公は、そんな防人のパイロットを育成する学校へ通っている男子学生です。
頭脳は優秀であるものの、肝心の実技が全くダメな成績である主人公は、何と学校で才媛として名高い「凛音」(りんね)のパートナーに選ばれる事に…。

防人との同調を高めるために、主人公は彼女との訓練を行うのですが、何故かHな事に…という展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

黒棺 凛音」(くろひつぎ りんね)がいます。

凛音は、主人公の通う学校の生徒会長です。
常に沈着冷静で感情を乱す事がないクールな立ち振る舞いをしています。
パイロットしても優秀で、本来2人乗りである防人の操縦も単体でこなせるほどの才能の持ち主でもあります。

ストーリー展開


展開的には、防人のパイロットを目指す主人公が、凛音のパートナーに選ばれる事になる流れですね。

防人ってのは、上記でもある様に人型の機動兵器の名前なんですね。
これに2人で乗り込み、片方が脳、もう片方が心臓という役割を担当する事になり、戦う訳ですね。
脳がアクション担当で、心臓がエネルギー担当って言えば、イメージしやすいでしょうか。

主人公は、そんな防人のパイロットを目指して、士官学校に入ったのです。
戦いで亡くなった父親の様になりたいという目的のために。
しかし、悲しいかな、現実問題として主人公のパイロットしての力量は最低とされるレベルであり、ここでは落ちこぼれ扱いされる事も珍しくはないんですね(汗)


そんな中、主人公たち学生はパートナーとなる存在が発表される事になり、ドキドキ。
パートナーは、こちらから選べるものではなく、学校だけでなく、卒業後も軍に配属されても一緒にいなければならない存在なのですから、主人公たちのドキドキも当然ですよね。

そして何と主人公のパートナーは、凛音だったという事になる訳ですね。
更に、一緒に寝食を共にする事に様になり、とんでもない展開に…。
これには主人公自身も驚きですが、何とか相応しいパートナーになろうと意気込むものの、足を引っ張りまくる事に(汗)

まぁ、これには実力以前に美しい彼女と一緒にいる事で、思いっきり意識してしまって、操縦以前な状態だった訳ですね(汗)
凛音も普段からクールで主人公の動揺など気にも留めない有様なので、余計にねぇ。


とうとう、我慢の限界に達した主人公は、こっそり自慰を…。
しかし、そこを凛音に見られてしまい、絶体絶命のピンチのはずが、何と彼女に射精させてもらえる事に(汗)
何とこういう事をする事で、シンクロ率が高まるのではないかと凛音の考えがあったんですね。

こうして、主人公は彼女とシンクロ率を上げるためにHな訓練をする事になる流れですね。


二次元ドリーム文庫としては、結構珍しい切り口な作品ではないでしょうか?
メカでSF色があるってのは、ファンタジー系が多いドリーム文庫としてはちょっと新鮮ですね。

しかし、はっきりと世界観の説明で人死の事を明記してたってのも意外でした。
そこら辺は、ぼかして襲い掛かってくる敵に対抗するみたいなノリで描かれるのかと思ってたので(汗)

Hシーン


Hシーンは、凛音との行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

中盤辺りまでは、上記のストーリー展開である様に、あくまでもシンクロ率を高めるという事で、凛音の方から射精させてくれるって流れが大半となっているのも特徴ですね。
その間は、残念ながら本番行為こそありませんが、手コキやフェラなどで射精させてくれるのだから、十分過ぎますね♪

中盤を過ぎた頃辺りから、ふたりの関係にも少しづつ変化が見られていく事になりますね。
ここら辺から、彼女のクールだけではない表情や態度なども見え隠れする様になって、余計に愛らしさが増している印象ですね。

本番行為をする様になってから分かる事ですが、結構凛音って感じやすい所があるんですよね。
これまでは彼女が一方的に射精させてくれてたので、分かりませんでしたけども、Hに慣れてくるとかなりの感じっぷりを見せる様に♪
台詞にもハートマークが入り出す事になりますね(汗)

普段クールな言動からの姿なだけに、Hなギャップもまた魅力です♪


一応、今から100年以上未来の設定ですので、たまに登場するアイテムなんかも、珍しい物がありましたね。
浣腸に使った細菌や汚物を除去してくれるスライムだったりなど、微妙な所がハイテク仕様に(汗)

そんなスライム浣腸とかの気になる描写ですが、そこまで過剰じゃなく、あくまでも二次元ドリーム文庫なので、期待はしない様に(汗)
お漏らしとか多少ありますが、それを恥ずかしがる彼女の可愛らしさが感じられるレベルですね。
そうです、クールな彼女ですけども、別に恥ずかしがらない訳ではないんですよ(汗)

途中くらいから、たまに垣間見える照れの表情や描写などはニヤニヤものです♪
終盤近くまで来ると、クールなだけではない情熱的な姿も垣間見えたりなど、より女性らしさが感じられる様になりますね。

挿絵


挿絵は「あめとゆき」さんが手がけています。
カバーコメントによると、挿絵は初との事でしたが、そんな事を思わせない出来栄えでしたね♪

PCゲームの原画などもされているみたいですね。
って、大分前にレビューしてた「ラブラブル」にも原画家のひとりとして参加されていたんですね。

可愛らしい絵柄が印象的ですね。
クールな凛音なんですけども、挿絵での彼女はクールって印象よりも可愛らしさが目立っていたかな?
名前の様に凛とした雰囲気、眼差しがある中に、それで隠せない程の可愛らしさが含まれていますね♪

パイロットスーツなんかも、近未来の定番なアイテムではありますが、何故にこんなにHなデザインなんですかね?(汗)
これは余程ハートが強くないと、着れないでしょうね…。
作中では、女性が凛音しか出てこないですが、他に女性候補生はいるのだろうか(汗)

スーツの件もあるせいか、意外と全裸になっているシーンってなかったのもコスチューム好きには嬉しいのではないでしょうか。
スーツだけではなく、通常時の軍服姿も魅力的でしたね♪
この格好での行為も描かれています。

そういや全く防人のデザインは出てこなかったですね、さすがにメカデザインはきついか(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、防人とか外宇宙からの侵略者みたいなノリでSF色が凄く強いかと思えば、結果としては普通だったかな(汗)

今作では士官学校内でのお話だった事もあり、ぶっちゃけその謎の外宇宙から攻撃してくる存在との戦いは一切ありませんでしたね(汗)
うーん、もっとドンパチするのかと思ってただけに、ちょっと肩透かしだったかな、模擬戦とかはありましたが。
あくまでも候補生の話ですから、仕方ないんですけどねぇ。

普通に学園物として見ればいいのかなと思いますね。

まぁ、そんな細かいこと気にならないのであれば、普通に楽しめる作品に仕上がっているとは思います。
こういうSF系のシチュエーション要素を含んだ作品ってのは、やはり文庫では貴重なだけに好きな人ならより堪能できますしね♪

楽天は、こちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】クールな生徒会長はパイロット候補生 [ 上田ながの ]

Amazon 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
クールな生徒会長はパイロット候補生 エッチで乱れるほどシンクロ率アップ! (二次元ドリーム文庫)



ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事