5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、典型的なオタク男子学生です。
オタサークルに所属したのですが、そのサークルに紅一点の「美憂」(みゆ)が入った事で、サークル内の雰囲気が一変する事に…。
愛想のよい彼女は、男子たちからチヤホヤされる様になり、主人公は不快に感じていたのでした。

しかし、主人公は美憂から告白されてしまう事になり…という展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

本田 美憂」(ほんだ みゆ)がいます。

美憂は、主人公の所属するサークルの新人です。
可愛らしい容姿に、誰とでも合わせられる人当たりの良さがあります。
しかし、その反面臆病な面もあり、特に大声で怒鳴られる事や言い争いなどが苦手な所があります。
オタサーの姫に告られた結果wwwww

ストーリー展開


展開的には、主人公の所属するサークルに入ってきた美憂に告白された事から、とんでもない事態になってしまう流れですね。
…何でしょう、とんでもない事態って(汗)

まぁ、それは後で紹介するとして…。
主人公は、当初サークルに入って来た美憂の存在を疎ましく思っていたんですね。
それは何故かと言うと、彼女の存在によってサークル内の雰囲気が変わってしまったからなんですね。

まぁ、典型的なオタクたちが所属しているサークルですから、これまで男子ばかりだった訳ですね。
しかし、そこに美少女と呼んでもおかしくない存在である美憂が入った事で、周りの男子たちの目の色が変わったと…。
女性に免疫のない(少ない)男子たちに、姫の様に扱われ、チヤホヤされる存在…。

主人公は、そんな彼女を面白くなく、サークルの中で遠巻きに見てた訳ですね。
まぁ、主人公は美憂だけではなくて、そんな彼女に媚びている男子たちにも軽蔑の目を向けているんですけどもね。


しかし、そんな状況に大きな転機が…。
ある日、たまたま美憂とふたりっきりとなった主人公は、美憂から告白されてしまう事に。
この時のやり取りの中で、どうも主人公にとって他の誰も理解してくれなかった事を彼女が理解してくれた所があるんですが、これが決定的だったみたいですね。
一気に主人公の認識が180度変わったのでした。

つまり、美憂に惚れた訳ですな、これまでの感情はどこへやらで(汗)

こうして、主人公の中では美憂と恋人同士となり、幸せな毎日が始まる事となるはずだったのですが…。
実は、美憂はサークルメンバーの複数の男子たちと性的関係を持っていると分かったのです。
しかし、主人公は本気で彼女に惚れていたゆえに、様々な感情を抱きつつ、美憂への愛を貫こうとする事となる流れですね。


この紹介文だけでは、分からないかもしれませんけども、ある程度読んでいくとこの作品の歪さが分かって来ると思います(汗)

ヒロインである美憂もかなり問題のあるキャラなんですけども、主人公のキャラがそれを凌ぐキャラで…。
妙な自信があったり、理屈っぽいクセに実際の所は、破綻している思考の持ち主なんですね(汗)
ストーカー的思考とでも言うのか、異常な独占欲に思い込みの激しさが加わって、美憂に対して凄まじい執着心を見せる訳ですね。

初めての恋愛でタガが外れたかの様な振る舞いは、何とも読んでて苦い感情を抱く人も多そうですねぇ(汗)

Hシーン


Hシーンは、美憂との行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、アナルセックスなどがあります。
その他の要素では、電マや浣腸などの要素もありましたね。

今作では、上記の様に実は美憂が主人公だけではなくて、他の男子とも関係を持っているという、寝取られ要素がありますね。
でも、他の寝取られ作品とは全く違う感覚があって、そんな事は全く気にならないのが不思議な位な作品なんですよ、これ(汗)
やはり主人公のキャラクターが一番歪んでいるゆえに、寝取られても悔しくないんですよ(汗)

上手く表現できないんですが、主人公に同情心とか浮かんでこないからなんでしょうね、きっと。
普通の寝取られ物って、主人公が可哀想な感じに描かれているじゃないですか?
でも、この主人公、可哀想じゃないんですよ(汗)

なので、ある意味では寝取られが成立していない気すらします(汗)


寝取られてても、そんな風に感じるゆえか、主人公と美憂の行為すらも、個人的にはあまり感慨深いものは…(汗)
まだ序盤の頃は、まだマシですけども、その内主人公の勘違いっぷりも滲み出てくる事もあり、「あぁ、また勘違いしちゃって」みたいな気分になってしまった所はありましたね(汗)

行為自体は、結構濃いめな行為も多めなんですよね。
複数人数での行為に始まり、外での露出だったり、公共の場での行為だったりと、色々盛りだくさん。
個人的には、アナルにペットボトルを突っ込んだりする展開は、彼女の表情も相まって、かなり濃かったですね(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像が使われています。
原画担当は「みさくらなんこつ」さんです。
もう、この方と言えばエグい作品というイメージがありますが、今作もしっかり可愛らしくもクセのあるヒロインを描いていますねぇ。

基本的には画像は、原作版なんですが、一部の挿絵に限り、手描きのものも含まれています。
カバーの帯に描き下ろしカットも収録とあるので、それなんでしょうね。
ゲーム画面とは色味が違っているので、すぐ分かると思います。

みさくらなんこつさんと言えば、アへ顔と思っていますが、今作では思ったよりはそういった表情は少なかったですね。
なので、苦手な人でも見やすくなっていると思います。
まぁ、今作は挿絵よりもストーリーのが問題でしょうしね(汗)

オタサーの姫に告られた結果wwwww オタサーの姫に告られた結果wwwww

挿絵数:28枚

総評


全体的には、決して万人向きではない、歪んだキャラクターたちによる物語だったなぁ、と(汗)
読んでいて凄くインパクトがある訳ではないんですが、地味に重くのしかかってくる様な後味を感じさせる作品だと思いますね。
誰もまともなキャラが出てこないって作品も凄いですねぇ(汗)

ちなみに、今作のエンディングは、ノベルオリジナルの展開だそうですね。
そのため、原作版をプレイしてても新鮮な感覚を味わえるのかな?
まぁ、楽しめるかは別問題って事で(汗)

奥付の後にもページがあり、これを見ると何とも言えない気持ちになります(汗)
断片的なのに、大体何があったのか分かるってのが、またねぇ…。
最後まで徹底している作りでしたね(汗)

DMM 原作PC版ダウンロード
オタサーの姫に告られた結果wwwww

Amazon版 電子書籍
オタサーの姫に告られた結果wwwww (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
オタサーの姫に告られた結果wwwww

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事