ときめきアパート性活 愛しの管理人さんと魅惑の隣人たち (リアルドリーム文庫)
空蝉
キルタイムコミュニケーション (2015-05-02)
売り上げランキング: 15,533

5月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ぼろアパートである「ひなた荘」に住んでいる浪人生です。
そんな彼は、現在勉強よりも気になってしまっている事が…。

それは、ひなた荘の管理人でもある「美幸」(みゆき)の事でした。
淡い想いを抱き続ける主人公でしたが、周りの後押しもあり、何とか彼女に想いを伝えようと奮闘する展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

三波 美幸」(みなみ みゆき)
千葉 朱里」(ちば あかり)
三波 結」(みなみ ゆい)がいます。

美幸は、主人公の住むひなた荘の管理人です。
ポニーテールな髪型に笑顔が良く似合う、朗らかな女性です。
肉感的な身体つきをしています。

朱里も、ひなた荘の住人です。
ホステスをしており、アパート内ではいつもだらしない格好でおり、主人公をからかってきます。
性の欲求に素直な性格でもあります。
主人公とは昔馴染みな関係でもあり、主人公にとって頭が上がらない存在でもあります。

結は、美幸の妹です。
成績優秀で浪人生の主人公よりも余程いい程です。
反面、言葉数が少な目で、冷たく思われそうな所がありますが、姉思いな優しい娘です。

ストーリー展開


展開的には、主人公が憧れの管理人である美幸に想いを伝えようとする流れですね。
古いアパート、管理人、いやぁ青春ですねぇ♪

とは言え、実際の所、主人公は中々一歩が踏み出せない訳なんですね。
それは単純にお互いの立場の違いなども影響しています。

主人公は、浪人生であり、彼女はこのアパートの管理人。
学生(浪人生)が、既に働いている年上の女性との恋愛と言うのは、男性からしたら中々難しい所がありますよねぇ(汗)
まして浪人生としては、勉強第一なのに色恋沙汰にうつつを抜かしている場合ではないってのもありますな。

美幸の態度も、決して主人公を嫌っている訳ではないでしょうが、それがあくまでも管理人としての態度であるのかと確信がないだけに、主人公としては毎日の様にため息を漏らす日々を過ごしている訳ですね。


そんな主人公を焚き付けてくるのが、昔馴染みでもある朱里でした。
彼女は、そんな主人公をからかって楽しんでおり、主人公の想いなどバレバレですからね。
さっさと告ってしまえと言う訳ですな(汗)
しかし、そう簡単にできれば苦労はしないんですけどねぇ(汗)

主人公は、朱里や美幸の妹である結らの協力などを得つつ、美幸との距離を縮めていく事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全員との行為があります。

行為的には、手コキ、足コキ、パイズリ、フェラなどがあります。

やはり今作でのメインヒロインは美幸であるのは、これまでの説明で分かるでしょうけども、彼女との行為までは中々前途多難なものになっていますね(汗)
実は、美幸はある悩みを抱いており、それも影響して、主人公への恋心を意識しない様にしている所があるんですね。
それゆえに序盤は、中々彼女との関係は進まずに、焦れる事に(汗)

その間に、他の女性陣と関係を持っていくってのはお約束ですな♪
朱里なんて、典型的なHを経験させてくれる、頼りになるお姉さん的キャラクターでしたしね(汗)

彼女のキャラは姉の様な不思議な関係性でもあり、彼女自身も奔放さと見え隠れする女性らしさが魅力的ではありましたね。
まぁ、大半雑なんですけども、それも彼女らしさかなって(汗)
他の女性陣が大人しめなので、彼女の明るさは目立ちますね。

結は、感情を出すのが控え目な感じがある娘ですけども、よく見ればそれなりに感情は出しているんですよね。
周りの女性陣がより表に出やすいゆえに、目立ちにくいのかもしれませんが(汗)
それだけに、好意を見せてくれると、より愛らしさが引き立ちますね。

肝心の美幸ですが、最初の行為では残念ながら本番行為がないんですよね、焦らせてくれますねぇ(汗)
まぁ、その後からはもうふたりの関係は確固たるものとなっているので、イチャイチャ甘々な展開になりますので、ご安心を♪

美幸のキャラクターも、聖母の様な穏やかな感じかに思うんですが、意外と他の女性陣に嫉妬したりする感情が出やすい所があったのは面白かったですね。
主人公よりも年上なだけに、こういう所が可愛らしさなどが出ていると、より距離が縮まっている感じがありますねぇ。
彼女も悩みが主人公によって解消された事で、一気に想いが爆発した感じがありましたね。

それだけ彼女を縛っていた悩みが大きかったんでしょうね、心理的なブレーキで。
それが無くなったら、もう想いを止められませんって事ですね♪
主人公のお願いを恥ずかしがりながらも聞き入れたりと、かなり尽くしてくれる姿は愛らしいですね。

終盤では、全員を交えた行為になりますね。
ここでもあくまでメインは美幸なんですが、やはりふたりっきりとは状況が違うだけに反応なども大分違いますね。
特に妹の結がいるって状況は、姉である彼女にはかなり効いていたなと感じましたね。

勿論、その影響は妹である結にも同じ事が言えますけどね♪

挿絵


挿絵は「ロッコ」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、お馴染みですね。

しっとりした絵柄がアパートという舞台に合っていますね。
何となく良い意味で、少し古めな時代な雰囲気が良い感じですね。
別にデザインが古臭いとかではないですよ、念のため(汗)

いかにも美幸のデザインって、古びたアパートの管理人さんって感じで、好きな人にはたまらないデザインですよね♪
ポニーテール姿なのも、清潔感があって魅力的ですね。
でも、行為の挿絵では髪を下した彼女の姿を見る事ができますので、また雰囲気が違っていますね。

結構な巨乳の持ち主なので、巨乳を見せつけてくれる様な挿絵も見所ですね♪

美幸の挿絵が多めですが、他の女性陣の挿絵もあります。
妹の結は、意外と思ってたよりも色っぽかったかな? まぁ、H中の挿絵なので色っぽく見えるのは当然ですかね(汗)
対して、朱里は、ホステスってあったので、正直もっとケバケバしいのかと思ってました(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、アパートの美人管理人さんとの恋愛を楽しめる作品でしたね。
アパートが舞台なせいか、どこか穏やかでまったりとした雰囲気を感じた様な気がしましたね。

実際、話の世界はほぼアパート内だけなので、かなり狭い舞台です。
それゆえか、住人も彼女たちだけですし、独特の雰囲気を作り出しているのかなって感じましたね。

まぁ、穏やかゆえに話としてはかなりインパクトに欠ける印象もあるんですけどね(汗)
個人的には、もう少し何かあっても良かったのかなとも思いましたが、ここら辺は好みですかね?

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ときめきアパート性活 愛しの管理人さんと魅惑の隣人たち

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ