百合色コーディネート ふたりのキス模様 (二次元ドリーム文庫)
あらおし悠
キルタイムコミュニケーション (2015-04-24)

4月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

タイトルで分かるでしょうけども、女性同士の恋愛ものなので、男性主人公の類は登場しませんので、ご注意を。

夏希」(なつき)は、志望校を受験する際に、「茉友」(まゆ)と知り合う事に。
その後、志望校に無事入学を果たしたふたりは、紆余曲折を経て、親友へとなっていく事となります。
しかし、いつしかふたりはお互いに好意を抱き…、親友以上の関係になっていく展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
千羽 夏希」(せんば なつき)
彩守 茉友」(あやもり まゆ)がいます。

夏希は、ファッションデザイナーを夢見ている少女です。
制服が可愛いという理由で志望校を受験する事に(汗)
明るく活発な性格の持ち主ですが、空回りする面も度々…。

茉友は、夏希と同じ学校を受験する少女です。
雑誌のモデルとしても活躍していますが…。
大人しめな性格ですが、思いがけない様な行動をする事も。

ストーリー展開


展開的には、夏希と茉友が親友以上の関係になって行く流れですね。

元々、夏希と茉友が知り合ったのが同じ志望校を受験をした事がきっかけだったんですね。
まぁ、この時点ではお互いの名前を知ったくらいな程度でしたが。

その後、無事に志望校に合格した夏希たちでしたが、残念ながらクラスは別でした。
夏希は、受験時に出会った茉友を見て、綺麗な彼女に見惚れてたんですよねぇ。
それだけに何となくあれ以来会っていない彼女を気にしてた所がある訳ですね。

まぁ、その後、夏希は茉友と再会を果たすものの…。
ここら辺に関しては、全部書くとアレなんで、省きますけども、色々と夏希がやらかし、とかあるんですよね(汗)
彼女って、テンパっちゃうといらん事言ってしまったりとか、墓穴を掘るのが上手いんですよ(汗)

そんな事もあって、序盤は友人以前な関係だったりする両者ですが、そこから誤解を解いたりしつつ、少しづつ仲を深めていく事になる訳ですね。
こういう状態から描かれているために、ふたりの仲が良くなっていくのが良く分かって、微笑ましさを感じますね。
それだけふたりのヒロインに感情移入も出来てくる様になっているのも見所ですね。

そんな親友として仲を深めてきた彼女たちが、どう次の関係に踏み出していったのか?
こういう作品での肝とも言える所ですよね、恋人同士になるというこれまでの関係から大きく変化するのって。
これは男女間でも、女性同士でも同様ですね。


基本的に、夏希よりの視点で描かれているので、彼女が主人公的な存在になっているかな。
それだけに彼女の茉友への感情の変化なども分かる様になっていますね。
その展開、夏希の心情描写などでしっかり描かれており、彼女の不安などの入り混じった感情は見応えがありますね。

反対に茉友視点での描写はないものの、夏希の目を通して見える彼女にも色々な葛藤、悩みなどは見えてきますので、茉友の理解を深めるには十分なものになっていると思います。


Hシーン


Hシーンは、ふたりの行為が描かれています。

やはり、百合作品って事で男性が絡まないだけに、独特な雰囲気の行為が楽しめますね。
私は、そこまで百合大好きでたまりません!みたいな訳ではないんですが、やはり独特の美しさなどは感じますもんね。
男女間だとまたちょっと違うんですよね、何が違うのかが分からないんですが(汗)

サブタイトルにある様に、キスシーンは中々力が入っていると感じさせる描写が見られますね。
初めてキスした場面や、その後のディープなキスなど様々なキスシーンでは、ふたりのキスにのめり込んでしまう姿を見る事ができます。
下手な行為よりも美しくもいやらしく、またある意味微笑ましい様な、色んな魅力、要素を併せ持ったシーンだと思いますね。

彼女たちもすっかりキスの味をお気に入りになってしまい、互いの家でも学校でもキスしっぱなしな程ですね(汗)
それだけ彼女たちには、強烈な刺激であり、大事な存在との接触でもありますからね、盛り上がって当然ですな。

中でも、サクランボを口に入れてのねっとりとしたキスシーンは、見所ですね。
口内で潰れ、果肉と果汁が溢れる中、ふたりはそれと互いの唾液が合わさった液体をやり取りする様は、興奮を煽ってきますねぇ♪


反面、行為としては、最後までそんなに激しくはなかったかな?
あくまでも愛撫的な描写がメインで、がっつり膣内挿入とかな展開はないです(汗)
まぁ、これくらいの描写の方が変に生々しくなくていいのかもしれませんね、彼女たちの様な初々しいふたりには。

挿絵


挿絵は「瀬奈茅冬*」さんが手がけています。

過去の「百合グラドル・優衣 禁断ガールズラブ」と「百合グラドル優衣&詩歩 密着ラブショット」に引き続いて、3作目ですね。
この組み合わせが、お馴染みになってきましたねぇ。
百合専門になりつつある?(汗)

やはり瀬奈茅冬*さんの描くヒロインが柔らかく、魅力的ですよねぇ。
この柔らかさが、こういう女性同士な可愛らしくもHな雰囲気に合っているんですよね♪

キスシーンが印象的な作品なだけに、キスシーンは印象深いですね。
キスシーンの数こそ、思った程少ないんですけども、それだけにふたりの想いを感じ取れますね。
作中では、結構キス自体はしているんですが、挿絵は少な目なんですよね、もっとあっても良いのに(汗)

行為としては、ソフトなものが中心でしたので、挿絵も大人しめですね。
生々しさよりも可愛らしさ、エロよりHな感じでふたりの魅力を描いています。
色使いも淡い仕上がりなので、より穏やかな印象ですね。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、少女たちの純粋な恋愛模様を楽しむって感じですかね。
特筆すべきは、単なる行為だけではなくて、彼女たちの心情描写などがちゃんと描かれていた事ですね。

特に彼女たちは、年頃で夢などを持っていたりする訳ですが、そっち方面でも悩みなどがあるんですね。
そっち方面で悩み、受け止めようとする彼女たちの姿も描かれていて、それが彼女たちの感情移入をより深める事になっていますね。
個人的には、そっちでも読み応えがあって楽しめましたね。

百合云々関係なく、見所もあって、ヒロインたちが魅力的だったのが良かったですね。
あまり女性同士ってのに興味がなくても、楽しめるのではないでしょうか。

しかし…、著者さん最近百合物ばっかりですが、専門になるんでしょうかね?(汗)

楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】百合色コーディネート [ あらおし悠 ]

Amazon 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
百合色コーディネート ふたりのキス模様 (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍版ダウンロードは、こちらからどうぞ
百合色コーディネート ふたりのキス模様

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事