3月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、毎日オッパイの事ばかり考えている様なおっぱいバカです(汗)
そんな彼は、ある日学園でも有数の巨乳である「優恵」(ゆえ)を痴漢から救う事に…。

これがきっかけで、何と彼女から好意を持たれる事になり、幸せを感じる主人公。
しかし、事態はこれで終わりではなく、クラスメートで学園一の巨乳と名高い「陽香」(ようか)からも、Hなちょっかいを出されてしまう事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

北折 陽香」(きたおり ようか)
清水 優恵」(しみず ゆえ)がいます。

陽香は、主人公のクラスメートです。
主人公曰く、学園一のオッパイの持ち主らしいです(汗)
裏表のないサバサバした性格で男女問わず人気者でもあります。

優恵は、主人公の隣のクラスの女子です。
主人公曰く、陽香にも負けず劣らずな胸をしています。
穏やかで大人しい性格の持ち主でもあります。

ストーリー展開


展開的には、巨乳の優恵に好意を持たれただけでなく、陽香からもアプローチを受ける事になる流れですね。
…何故こんなおっぱいバカに(汗)

まぁ、優恵の場合は分からなくもないですけどね、痴漢に遭っていた所を助けた訳ですから。
そこから一気に主人公へ好意を持ってしまったってのは、納得できるものではありますよね。

対して、陽香の行動は大胆であり、いきなりHの誘いをして来ましたからねぇ(汗)
相当な積極性を見せつけてくれるなど、ふたりの行動がかなり違うのが分かりますね。
実際、その勢いに乗せられて、パイズリで射精してしまってたし(汗)

その後に主人公は、陽香からも告白を受ける事に…。
まぁ、彼女らしい告白だなって感じでしたけども、それでも彼女の言葉は真剣さを含んでおり、決して冗談の類ではない事は伝わります。

ふたりの巨乳美少女たちに好意を寄せられる…、悩む主人公でしたが、ある要素でこの時点では陽香に傾いていたんですね。
その要素とは、母乳です(汗)

何と、主人公は巨乳だけではなくて、母乳という存在に強い憧れなどがあるという性癖の持ち主だったんですね。
そして、何と何故だか陽香もまた妊娠していなくても母乳が出る体質であり、そこが決め手となっていたのです。
しかし、これまた何と優恵もまた母乳が出ると言う体質の持ち主だったのです(汗)

これで両者との差は、ほぼ無くなり互角と言える状況に…。
主人公にとっては、両方とも理想な母乳が出る巨乳女性な訳ですから、大いに悩む事になる訳ですね。

こうして主人公は、未だどちらかの女性を選ぶのか、決めかねたまま女性陣と関係を深めてしまう流れですね。
勿論、女性陣も主人公を相手に奪われたくはないだけに、張り合っていく事になる訳ですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、パイズリやフェラなどがありましたね。
その他では、母乳要素もありましたね。

タイトルでも分かる様に、それこそオッパイ、それも巨乳な女性陣との行為をじっくりと描いていますね。
巨乳好きにはたまらないですね♪

てっきり主人公を巡って、壮絶なオッパイ戦争?が始まるのではないかと思いきや、結構あっさり和解というか、お互いを受け入れてくれますね。
あくまでも主人公が選ぶ、その時までって感じですけども、既に何だかんだ3人一緒の関係性は出来つつある訳ですから、ハーレム的な雰囲気になっていますね。

実際、話が進んでいく内に最初から別にギスギスした関係でもなかったふたりが、より仲良くなっていくだけに、板挟み的な感じはあまりなかったですね。
なので、もう一方の存在を意識して過激なアプローチって展開ではなくて、一緒な感じがありましたね。
勿論、ふたりとも主人公の事を好きであるのは確かですし、こんな美少女達から愛されているなんて幸せ者ですね♪

オッパイ好きらしい要素としては、オッパイで身体を洗う、オッパイスポンジマッサージなるプレイも(汗)
ボディソープでぬめった肌をオッパイで擦られる刺激に何も股間にされてないのに射精する有様で、それほど彼には興奮を催すものだったみたいですね(汗)
…ただの風俗プレイなだけの様な気もしますが、主人公も学生ですし、夢のようなシチュエーションではあるかな?(汗)

そのまま本番行為に至るのかと思えば、残念な事に「堪能し続けた」みたいな文章だけでしたな(汗)
そっちのが肝なんじゃないのかなと思うんですけどねぇ、ぬるぬる状態での本番とかって(汗)
見せ場が読み手と噛み合ってない感がするのが、勿体ない気がしますねぇ。

挿絵


挿絵は「もねてぃ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、お馴染みですね。

今作でも安定したクオリティーを見せてくれております♪

この人の描く、クール系な眼差しが好きなんですよね。
まぁ、今作品のヒロインたちって、そういう感じのキャラクターではなかったんですけども、陽香は少し切れ長な眼差しが似合っているのは確かですね。
もう一方の優恵は、丸っこくて可愛らしさが強調されていて、双方ともに魅力的ですね。

やはり異なるタイプの組み合わせになっているからこそ、お互いが引き立つ訳ですもんね。
それにどちらも甲乙つけがたい、巨乳の持ち主であり、迫力十分です♪

しかし、GとかHとかのサイズって良く考えると相当なサイズですよねぇ(汗)
私は、現実で直接そこまでのサイズの人を見た覚えがないなぁ…。
それだけに如何に、ここの学園が選りすぐった女性陣を集めているかが凄い事か分かりますな♪

まぁ、現実と作品を一緒にしちゃいかんですな(汗)

個人的に良かったのは、優恵が体育の時間だったので、格好が普段と違ってたシーンですね。
髪型を体育の時間だからか、まとめており、いつもの彼女と雰囲気が違って見えて結構新鮮さがあったんですよね。
いつもよりも積極的というか…、実際に自分からフェラをねだったりとより活動的に見える節はありましたね。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、巨乳な女性陣をこれでもかと見せつけてくれた作品でしたねぇ(汗)

正直な所なんで主人公はそんなに巨乳、母乳に対してそんなに思い入れているのかが今ひとつ分からなかったかな(汗)
まぁ、性癖は人それぞれなので、別に母乳好きでも良いんですが、この手の作品で何かしらの要素をひたすら愛する主人公のどれもが、正直納得できるものを持っていない主人公ばっかりなのが、読んでて違和感があるんですよね。

ただのおっぱい好きという、あくまでキャラ付け止まりに見えてしまってね(汗)
ただ熱く語れば良い訳ではなくて、心底愛している何かが見えてないと語られてもお寒く薄っぺらいモノに感じてしまう訳ですよ。

残念ながら、今作の主人公もそれを払しょくさせる程の何かを持っているとは…。
そういう意味では、そこまで評価はできないかなって言うと、さすがに少し厳しいかもしれませんけどね(汗)

変にオッパイ物だと思わなければ、普通に楽しめる作品とは思いますね。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ