僕の彼女は処女ビッチ生徒会長!? (二次元ドリーム文庫)
上田ながの
キルタイムコミュニケーション (2015-03-13)

3月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ある目的のために超名門進学校に編入した男子学生です。
その目的は、そこにいる幼なじみの「」(ひめ)に再会するため。
しかし、そこで再会できた彼女の姿は、主人公の思い出とは全く別人のようなものではないギャル風なものだったと言う展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

鶴橋 姫」(つるはし ひめ)がいます。

姫は、主人公の幼なじみです。
しかし、何年も前に引っ越した後、超名門進学校に通っており、主人公とは離れ離れとなっていました。
明るく活発な性格のため、男女問わず人気があります。
成績優秀で生徒会長もしています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が幼なじみの姫と再会するために、彼女の学校に編入するものの、彼女はギャル風になってたという流れですね。

難関とされる超名門進学校であるここに入るために主人公は、ずっと努力をし続けてきたんですね。
普段から一心不乱に勉強に励み、苦労の甲斐あって、ようやくたどり着いた訳ですね。
それ程、ここに入るのは普通の学力である主人公には難しい事だったのです。

そして、遂にこの学校に入る事ができた訳ですから、主人公の気持ちも高まる一方。
それもそのはず、主人公が無理してた理由は、ここに通っている幼なじみの姫と再会したい一心だったから。
彼女には、内緒で通う事にし、ビックリさせようと考えたのですが、主人公の方が驚いたってオチに(汗)

それは、姫の特徴であった彼女の黒髪に清楚な姿とは別な、茶髪に胸元が見えそうな格好という、主人公の記憶の彼女とは全く違う格好だったからなんですね。
更に主人公を困惑されたのは、彼女に対する周りの反応でした。

男子とも気軽に話しているのは別にいいとしても、その会話は下ネタも平気で口にするなど、主人公の知っている姫とは全く違うものだったため。
しかし、変わらない所も。
彼女の態度は久しぶりな主人公に対しても、余所余所しさや陰鬱さのあるものではなく、幼なじみの姫と感じさせるものでしたし、成績優秀や生徒会長を務めるなど真面目な所は同じだった訳ですね。

その後、彼女に近づくために彼女が生徒会長を務める生徒会の手伝いをする事になります。
そこには噂の真偽を確かめたいって感情がある訳ですね。
まぁ、彼女仕事ぶりに感心しつつも、彼女の男性経験豊富そうな態度に不安になる主人公でもありました(汗)

そんな中、主人公にアクシデントが発生。
主人公の股間にお茶がかかってしまうんですね(汗)
お約束で、姫に拭き取ってもらう中で股間が反応してしまい…、彼女とHな流れになっていくという王道な展開となっていますね。

Hシーン


Hシーンは、姫との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、素股、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

やはり見所は、姫のビッチ加減でしょうかね。
まぁ、彼女が本当に男性経験豊富か否かの真偽に関しては、タイトル見て察してくださいな(汗)

序盤は、彼女の積極的な行動による行為展開が魅力ですね。
ギャルっぽくなった彼女からの積極的な言動は、同い年なはずなのにどこかお姉さん的な雰囲気がありますね。
そこには主人公がかなり受け身になっているってのも影響しているんでしょうけどね。

しかし、この時点での行為は本番行為はないんですね、手コキやフェラなどはあっても。
まぁ、それだけでも好きな相手からそんな行為を受ければ、主人公としては我慢できないですぐさま大量発射な訳ですけどね♪
彼女に再会するために、ここまで来た程なんですし、そりゃ辛抱できんでしょう(汗)


ですが、中盤程度に差し掛かり、姫と遂に本番となると、この状況にも変化が生じる事になります。
ここからが主人公と姫、両方に変化が見えて来る様になりますね。

主人公に関しては、これまでの彼女に振り回され気味だった受け身から、主人公が少しづつ積極的になっていく様になりますね。
反対に、姫の方は主人公の行為に対して、受け身になっていく様になる所がありますね。
これは彼女の内面に大きな変化が起こった事で、そうなってしまっていく事になるので、積極的な感じの彼女が好みだった人には少し勿体ないかもしれませんね(汗)

むしろ積極的になった主人公のHな頼みを断れないみたいなノリになるので、序盤の彼女とは結構違ってきますしね。
個人的には、これはこれで悪くはなかったですけどもね。

良かったのは、姫の視点での描写があった点ですね。
ほんの一部だけではなくて、ちゃんと1章分のボリュームで描かれているパートもあり、彼女の内面描写がしっかりとなされていた所は読みごたえもあり、彼女の魅力を改めて感じさせるものに仕上がっていましたね♪

挿絵


挿絵は「ぎうにう」さんが手がけています。

この人の絵柄って、柔らかさの中に意志の強い目線というか、眼力を感じさせるデザインが特徴的かと思います。
やはり私は、キャラの瞳の描写に目が行きますねぇ。
特に黒目の割合が多めなのも影響しているのかもしれませんね。

後は、アップにした髪型ですね。
意外とこういう髪型のヒロインって少ない気がして、新鮮さがありましたね。
思えば、この髪型なども相まって、少し年上のお姉さんぽさがあったのかもしれませんね。

一部の挿絵では、良く見ると瞳の中にハートマークができてますね(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、可愛らしい幼なじみとのイチャイチャが楽しめる内容になっていましたね。
タイトルでビッチみたいな表現がされていますけども、明るくHなからかいを含んだ様な可愛らしいキャラクターですので、ビッチって感じではない気はしますけどね。
そういうキャラが苦手な人も安心して読めると思いますよ。

私も最初何かがさつな言動な感じなのかと危惧してたのですが、そんな事はなく、嫌悪感を感じさせないキャラクターだったので、安心しました♪
少し小悪魔系って感じな程度ですね、可愛らしさが強いですし問題ないでしょう。

中盤以降からは、そこからキャラが変わっていく感じになるので、むしろそれらの色が薄まった感があったのは、人によって評価が分かれそうですね。

そこら辺が気にならないのであれば、可愛らしい彼女とのイチャラブな展開を楽しめるかと思います♪


楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】僕の彼女は処女ビッチ生徒会長!? [ 上田ながの ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事